バドバドサーカス

クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。

Entries

バドのいない生活が10日過ぎて

バドがいなくなって10日間あまり。

26花の埋もれて

私は馬車馬のように働いていました。

私の可愛い犬猫たちは、いつもそういうタイミングで、お空に上がっていく。
翌日荼毘に伏す日は仕事が最初からオフだったり、まだ休める日なんだけど、
そのあとから絶対に休めない、涙するヒマもないような修羅場がやってくるタイミング。

黒猫たねちゃんのときは『犬と住む家』の編集長で最後の色校正の前々日だった。たしかタビィも『東京犬散歩ガイド武蔵野編』の印刷入稿直前だった、そしてバドも『I'm home』編集長と数年ぶりに取材&撮影に行く前々日なうえ、アナログ放送停波1週間前。
あいつらは、わざとそういう日を選んで、死んでくれているような気がする。
「ままはヒマがあると泣き続けるから、働いてこい!」って言われているような。
親孝行なヤツらだ。
そうなの。思い出してどうせ泣いて廃人のように泣き続けるのなら、むしろがむしゃらに働いていた方が楽。
そして修羅場が終わったあとに、「さあ、時間ができたから、泣きましょう」というのも変な話し。
泣かないで、頑張れて、乗り越えようとできているんだから、
「いまさら、後ろを振り返るな。前に向かって、明日に向かって、ままは生きていけ」
と、たねやタビィやバドに言われているような気がする。
可愛くてまだ10歳に満たなかったパッちゃんはそこまで私を叱咤激励するタイミングではないときに死んじゃったけど、それはパチらしいご愛敬かな(笑)。

26新宿の空

昨日は仕事の合間に、遅いランチをこんな眺めのいいとこで食べたよ。西新宿の高層ビル29階。
空に近かった。バドに近い?
バドたちは、いつもこんな眺めのいいところから、下界の私たちを見ていてくれるのかもしれない。


さあ、今日は本業をやらなくちゃ!
コラムの原稿を2本も手つかずのまま溜めている。〆切は今日と明日だ。
泣いているヒマはまだないぞ。

************

前回ブログに書いた後も、
たくさんのお花や貢ぎ物をありがとうございます。届いてます。お礼が遅くなり、すいません。

エルミー兄さん(バドのネームチョーカーをブレスレットに改造したいです)、サーシャさん(オレンジ本で取材させてもらったペタルさんのお花だ。ペタルさんからついにバドにお悔やみのお花が届いてしまい、嬉しいけど、時の流れを感じます。バドはさんざん武蔵野編の撮影に駆り出されて、立派に務めてくれたもんです。たしかすでに13歳かそこらの老犬だったのにね。笑)、アメリカのバールんち(カードを読んで私は号泣しました。私もそう思います。バドの死に方は飼い主冥利に尽きます)、葉山のYさん(人間の本名だとピンと来なかったんですが、しっぽコギさんちですよね!?)、編集友達のM&Cさん(昔はさんざんバドを撮影に使ってもらったよね)、そして取材でたびたびお世話になってるケーナインアンリミテッドのNご夫妻(『犬と住む家』で撮影させてもらったセッターのダイちゃんも……お悔やみ申し上げます。やはり夏を前に気温や湿度がどんどん変化する季節の変わり目であるこの時期は、老犬には厳しいときなんですね)。
美しいお花たちで、シライシ家の心を慰めてくれてありがとうございます。こんなにお花でいっぱいになるのは、シライシ家初かも。それだけバドは、長きにわたり私の公私ともにパートナーだったんだと改めて思いました。バドはシライシカエの代名詞なんだよね。

ザイオンちは、私を励ますために、なぜか(笑)マチュに食べ物と、クパメル&まめちゃんにおやつの貢ぎ物。たぶん「ママが早く元気になるように、周りの者が頑張ってね」ってことだね。ムテキ、ついにバドも遅ればせながらそっちに行ったから、同じワイマラナーとして犬の国の案内をよろしく頼むね。

そしてバドがもう危篤かもと思った数時間前に「今年もブルーベリーを送るね。バドに食べてもらって」とメールくれて、贈ってくれたカイパパ。
それと同じく「夕張メロンを送るから。でも今年は雨が少なくて収穫が遅くなっているから8月になるけど、バドに食べてもらって!」と7月中旬に手配してくれたリッピママ。
メロン、今日、受け取りました。
ブルーベリーも、夕張メロンも、バドに間に合わなかったけど(いかん、また涙が溢れる)
みんなの愛はきっとバドにも届いてる。

ありがとう。ほんと、みなさん、ありがとう。
犬友達って、ほんと、いいね。

みんなの愛犬や愛猫が元気で生きているうちに、
いっぱい犬友達、猫友達、動物好きな友達をつくっておくと、いいよ。
そしたら、いつか来るであろうお別れのときに、きっとペットロスが軽減されるし、いずれ必ず立ち直れる。
「たかが犬が死んだくらいで」って言う人ばかりが周りにいたら、ダメージが増える。立ち直れない。
だけど、この悲しみを共有してくれる人間がいたら、きっと復活できるから。
大事な四つ足の家族がいなくなる切なさをわかってくれる人の存在は大事です。
いまも届くコメントやメールの数々。それらによっても私はだいぶ救われてます。
みんながバドを好きでいてくれた。みんなが私とバドの関係を認めてくれてた。嬉しいよ。

みんな、ありがとう。
ばど吉、とりあえず、今日は、青山の里親募集犬たちの譲渡会を取材した「犬との出会い方の新しい選択肢」のコラムを書きます。明日は「犬の残暑対策」です(これもバドに間に合わなかったけど。バドのために自分が知りたくて企画した内容だったのに。涙。いや、泣いてる場合じゃない。まだ生きているみんなのために書くんだ!)。


26メロン1
“なんだ、なんだ、初めて嗅ぐ高級な、かぐわしい香りだぞ"

クパメルは元気だよ。
私はやっぱり多頭飼いじゃなかったら、生きていかれない。
バドがいなくなったあとに、クパがいてくれて、助かった。
私は、7ちゃんずがいないと、生きていかれないよ。
クパの茶色い牛のような頭をぐりぐり撫でながら、毎日そう思う。

26メロン2
“メロン・フレーバーの新しいオモチャかな!?"

メルっ! メロンはボールじゃないってば! 触るな、転がすな!!
メルは相変わらず毎日笑わせてくれる。泣いている場合じゃない。それも、ありがたい日常なんだと思う。

コメント

アメリカ・コロラド州より 

こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
バドちゃん、今頃天国でママやみんなのことを見てるかな・・・。
時々ブログを覗かせていただいていましたが、
そんな私でさえもバドちゃんの旅立ち、大往生だとは思いますが、なんだかしみじみ涙がこみ上げてきています。
心より、ご冥福をお祈りしております。

私はコロラド州で、2匹のワイマ女子(5歳と2歳)を飼っています。
バドちゃんのブログを見ながら、うちの子たちもバドちゃんのように健康に長生きするんだよ、と言い聞かせておりました。
本当に、バドちゃん、よく頑張ったね。
大型犬の比較的多いと思われるこちら地方ですが、バドちゃんほどの高齢犬は聞いたことがありません。
ママや周りのみんなに、いっぱい幸せを与えてくれてありがとう。

最後になりますが、こんな時に限って初のコメントになってしまってすみません。
ママさんや、ご家族の皆さんに改めて心よりお悔やみ申し上げます。
  • 空花 
  • URL 
  • 2011年07月26日 14時44分 
  • [編集]
  • [返信]

届いたんだね~ 

早いね~バドくんがお空に行ってから、もう10日になるんだね・・・。
今、バドくんお空でなにしてるかなぁ~☆って。度々思い出しながら仕事してます。

メロン届いたんだね~バドくんのウマウマのお顔が見れないのは残念だけど。代わりにみんなで食べてね!!

メルちゃん、絶対デッカイボールだと思ってる!?フフフ・・・(笑)。手が可愛い☆クーパーくんもお行儀良い!!

我が家の犬達なら、かぶりついて皮ごと食べようとしちゃいます・・・(汗)。昨日、旦那さんからドラゴンフルーツ貰って食べてたよ・・・。
『何食べてんの!?』ってビックリした・・・。
  • リッピママ 
  • URL 
  • 2011年07月26日 22時09分 
  • [編集]
  • [返信]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

こんばんは、ポール家です。
ばど吉さん、ご家族の皆さん心よりお悔やみ申し上げます。

バドくんの最後を知った時、GW代々木でもう少し
待っていればよかったと後悔しました。
バドくん、ポールと会ってほしかった・・・。
別れは辛いですが、皆の心の中に居るバドくんは
二度と離れることは無いですよね。

私の相棒ポールにこんなに素敵に生き抜いた
GUNDOGがいるんだよと教えてあげたいです。



管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みなさん、ありがとう 

ありがとうございます。
いつまでもウジウジしていないで、そろそろ元気になろうと思ってます。
8月になったら、元気再稼働予定。
乞うご期待(笑)。

業務連絡:アメリカのバールんちへ
アドレス、@mac.comの方はそのままです。
光回線にしたので、ヤフーの方は終了。
帰国したら、ぜひ私の携帯に電話ください!!
間に合いますように(もう飛行機かな!?)
  • ばど吉 
  • URL 
  • 2011年07月30日 15時45分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

白石バドバドかえ

Author:白石バドバドかえ
犬歴31年、猫歴29年(2017年元旦現在)の雑文家。犬2頭、猫1匹がごろごろ爆睡しているとなりで、日々、犬原稿を執筆中。
《(c)kae Shiraishi/当ブログの文章や画像の無断転載は禁止です》お問い合わせは下のメールフォームからご連絡ください。

2011独3点セット450

--------------------------

1号表紙

TERRA CANINA Magazine
(テラカニーナ編集室)
http://terracanina-magazine.net

--------------------------

fs3rhr.jpg

『うちの犬♥  あるいはあなたが犬との新生活で 幸せになるか不幸になるかが分かる本』
白石花絵著
(イーステージ出版発行)

--------------------------

表紙

『東京犬散歩ガイド 武蔵野編』
白石花絵著
(オーシャンライフ発行)

--------------------------

tokyo_inu.jpg

『東京犬散歩ガイド』
白石花絵著
(オーシャンライフ発行)

--------------------------

10004065_L.jpg

『最新犬種図鑑』 
監修:ジャパンケネルクラブ
構成・文:白石花絵
(インターズー発行)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

FC2カウンター

電力使用状況&電気予報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

右サイドメニュー