クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
バド、不調
2011年05月26日 (木) | 編集 |
昨日からバドの具合がまた悪い。
夕方の散歩には行ったけど、ほとんど自分でオシッコをしない。
このままでは膀胱炎がひどくなる。そう思って、散歩から帰るなり、久しぶりに尿道カテーテルをした。
タビィが死ぬ前後にはさんざん尿カテを行なったものだが、クーパーが来てからはよい刺激となって生命力がアップして免疫力が高まったのか、尿カテは全然しないですんでいたので、久しぶりでやり方を忘れ気味で焦る。消毒薬も切らしてた。ニンゲンの看護婦やってる犬友達に泣きそうな気持ちですぐ電話。消毒薬の種類などを教えてもらう。ただしプロは医局からでる薬品ばかり使用しているから、一般のドラッグストアでの市販品の知識が薄いんだけど(笑)、バドのために親身になって知恵を絞ってくれた。ありがとー、Mちん。

26尿カテ

久しぶりでもなんとかミッション、クリア。
会社にいるトールに消毒薬をすぐ買ってきてもらうことも依頼。

26食欲はあるけど

だけど、バドは夜ごはんにも立ち上がってこなかった。
だいぶ後肢の具合が悪い。足が思うように動かないのか、はたまた心臓がカウントダウンでなにをするのもだるくて動けないのか。
↑ でも、口元に運ぶとしっかり食べてくれた。大丈夫、まだ食欲はある。

26バド不調

↑ 寝る前の散歩に行こうよ、といっても、やる気なし。
カテーテルでオシッコは空にしているから、深夜の散歩は休んでもいいかな。その方がバドが楽なら、そうしよう。
夜は、大人の寝室にバドベッド(床ずれにならないようタフィーちゃん2枚重ね)を持ってきて、バドを監視して寝る。やはり寝返りが打てないようだ。2~3時間おきに、床ずれにならないように寝返りをさせる。

夜中に、勝手に死んでないか、心配になり、何度も「バド、生きてる?」と、そっと体をつついてみる。
するとお耳やしっぽがバタバタと動く。よし、死んでない。生きてる。安心して、私も寝る。の繰り返し。

26頭をおこす

気になったのは、いつものように完全横倒しではなく、頭を持ち上げて寝ていること。↑ (これは今日の午後の写真)
横倒しに寝ると、心臓が苦しいのかな? と、いろいろ心配になる。
でも頭を持ち上げて寝るのは、なんだか難しそうに見える。疲れないかしら。

今日の朝は、トールと散歩に行き、オシッコとウンチも自分でしたそうだ。
だけど、朝ごはんも、トールが手で与えたらしい(私はすでに出稼ぎに出発後)。

私が昼すぎに帰宅すると、バドが、小さく鳴いているのが聞こえた。
どうしたのかと思ったら、分離不安ではなく、寝返りができず、立ち上がれず、体が痛かったのか「立たせて」と懇願する鳴きだった。バドはベッドからずり落ちて、硬い床の部分にじかに寝ていた。可哀想に。
……こういうのを見ると、長時間の出稼ぎはもうできないなと感じる。バドの医療と栄養のために、もっと稼ぎたいけど……留守時間が長くなるのももうダメな気がしてきた。

でも昼は「ロールパンください」(笑)と、ちゃんと自分で歩いてきた。
そのあと、もう寝かせようと思ったのに、ふたたび自ら立ち上がり、よろよろとキッチンに移動する。「どうしたの? 無理しないで寝ていなよ」と言ったが、ちゃんと「お水ください」と意思表示した。ああ、ちゃんとまだ意識がある。ロールパン食べて喉が渇いたのかな、それとも留守番中にどれくらい鳴いていたかわからないけど「立たせて。体が痛いです」鳴きのせいで、喉が渇いたのかもしれない。けっこう飲んでた。
まだ歩く気力があるのと、食べる気力、そして喉が渇く自覚があるのは、嬉しい。

夕方の散歩は、まったく行く気なし。私は松葉杖がはずれて以来、もうバドを抱っこして階段を下りているのだが(私の整形外科医やリハビリの先生がこの私の姿を見たら絶句するだろうが、意外とできるもんなのですよ。笑)、立ち上がる意志のない25キロ級の生きものを抱きかかえることは私にはできなかった。

なのでまた導尿をして、膀胱洗浄もした。
尿カテ中にウンチもした。
排泄はすべて完了。じゃあ、無理して散歩に連れ出すことはないか、と思った。

でもそのあと、いつもバドのごはんやボマジール(足のサプリメント)を購入している獣医さんとお電話でお話しすると、やっぱり、歩かせないと、このままあっという間に足の筋肉も、体の中の筋肉(腹筋とか)も落ちて、寝たきりになって、排泄コントロールも不可能になってしまうらしいことがわかった。獣医のI先生も高齢で癌と闘病している猫ちゃんを飼っているので、バドのことも我がことのように親身に相談にのってくださるのがありがたい。マッサージや関節のリハビリ、栄養のことなどをいろいろアドバイスしてくださった。

やっぱり関節を少しでも動かし、少しでも自分の筋肉で歩かせることが大事だ。
バドはしんどいかもしれないが、ぎりぎりまで自分の筋肉で動くように促してやる。
寝たきりになったら、そのままさまざまな機能が低下するに違いないから。
赤外線治療器で温めるのも再開しよう。


バドがもうすぐ死んじゃうのかもしれない、と思うと、泣けてくる。
でも、もう16歳7か月に手が届く長命だ。覚悟はしなくちゃ。
だけど、バドがいなくなるのは、やっぱり私にはつらすぎる。当たり前だけど。
こんだけ長く生きているのだから、寿命がくるのはわかっているんだけど、だけどやっぱりバドがいなくなるのは、いやだ。私が世界でいちばん大好きな相棒がいなくなるのは、いやだ。

でも関節痛がひどくなる湿気の多い梅雨がもうすぐやってくる。
そのあとは暑くて心臓に負担のかかる夏だ。
もう、夏を超えるのは厳しいように思える。認めたくないけど。  泣く。

26もう少し

大好きなバド。私の人生を変えてくれた犬。私を支えてくれた犬。
私をいつでも100%大好きでいてくれて、絶対的に私を慕ってくれた最高の伴侶。

もう少し、そばにいて。

もうじき、バドが表紙の、私の本がでるから。
あんたがいなくちゃ、だめなんだよ。

コメント
この記事へのコメント
バド~、梅雨が明けたらもう一回千葉に遊びにおいで!
あの庭は山からの風が吹いてくるから日陰は驚くほど涼しいんだよ。
だから夏でも大丈夫だからね。
待ってるから、絶対来るんだよ!!
2011/05/27(Fri) 00:35 | URL  | ABCママ #NCjg1OII[ 編集]
ミッション 
導尿~上手くこなせてるみたいで良かった。バドが頭上げて寝てるのは…その方が呼吸がしやすいからかなぁ。人間の心疾患の患者もベットアップしてあげると楽だし。。こんな時ぐらい話せれば良いのに…ってリアルに思う。電話貰った後、花絵ちんに会った頃をなんとなく思いだして胸が一杯になっちゃった。あの頃のメンバー~家はカオスだけだし、白石家はバドだけだね。花絵ちんの前の車で伊豆に撮影に行った時…エアコン切るとカオスが文句言ってたのも懐かしい。。バド~カオス覚えてる?年寄り話が出来る様に…カオス連れて会いに行くから頑張るんだよ。あなたが居ないと…花絵ちんは駄目駄目モードになっちゃうからね。
2011/05/27(Fri) 09:02 | URL  | Mayumi #-[ 編集]
ご心配おかけしてます。ありがとう!
♪ABCママ様
ありがとね~。心配かけちゃったね~。
とりあえずは持ち直したよ! ありがとう。
千葉、涼しいお山の風に吹かれに行きたいです!
(そっかぁ、涼しいんだね。ああ、素敵。1時間くらいで行ける避暑地だね。今年はエアコン節電もあるので戦々恐々としてます)
千葉にはまたお水取りにも行きたいし。
バドにもう一度、あの広大なお庭でポレポレさせてあげたいです!
(業務連絡:この調子ならランチくらいの外出はできるぞ♪)


♪まゆみちん
ありがとねー。毎度毎度お騒がせしてます。
ニンゲンの心疾患患者も頭をあげて寝る方が楽なのかぁ。まさにそんな感じです。
ああ、バドと雑誌の表紙撮影で、日本じゃないみたいな白い砂浜に撮影に行ったよね~。
懐かしいね。何年前だろう。たぶんあの雑誌のお仕事は代々木に引っ越してすぐからだから、7~8年前になると思う。
カオスもバドも、大型犬のくせに、ちゃんと長生きだよね(笑)。
意外とコギの方が短命だったのよね(涙)。
(ところでいま誰が何頭いるのか、携帯にメールしてよ♪ ずいぶんフルメンバー犬連れで会ってないからわかんなくなった。うちもカオスんちも、ひとり減り、ふたり減り……だからさ)

はい。昨夜はかなり駄目駄目モードになっていました。
なぜ、ばれるんだろう? てへへ。
2011/05/27(Fri) 22:10 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
心配だよね
と~っても良くわかる。辛いよね。心配だよね。でも!!お口からご飯を食べられるんだから『大丈夫』よ☆

私んちの上の子はまだ9歳だけど、今のバドくんと同じ感じよ。ウンチポロりんだし、後ろ足の筋肉は落ち、ナックリングもある。尿漏れもある。腰は下がってるし。
よくわかります。

やはり、動かさないと筋力低下であっという間に、寝たきりになってしまうと病院で言われました。
だから、筋肉の病気もあるから無理も出来ないんだけど、毎日10分でもいいから立たせて歩かせてます(笑)。

外でウンチしようとすると、後ろ足に力が入らないせいなのか、こないだなんてウンチしながら後ろに倒れてね、背骨でもポッキリいったらどうしようかとヒヤヒヤした(汗)
これも2回目・・・。

何か、頭では分かっていても心がついていかないよね。離れたくないって。まだ一緒にいたいよ!!って気持がどこかにあるんだよね。

お口からご飯もお水もパンも♪食べられるならまだまだ大丈夫だよ♪バドくんは凄い!そしてばど吉さんも♪
ブログ楽しみにして応援してるからね!!体調気をつけてね!!私は心配症なので、犬の事になるとドキドキしてしまう(苦笑)。体調も悪くなりがち・・・。
なのでばど吉さんの事が心配になってしまった私(笑)。気持ちがわかる分、共感しちゃう♪
2011/05/28(Sat) 04:32 | URL  | リッピママ #-[ 編集]
♪リッピママ様
最近コメントがないな……と思っていたら……
そんな大変なことがあったのですね。お悔やみ申し上げます。
だけどたぶんお悔やみを言われるためにメールくださったのではなく、
上の子と父上の心のつながりの素晴らしさを書いてくださったんだとちゃんとわかりました。

上の子は、リッピじゃなくて、なんて名前だっけ~?(今さらでごめんなさい)

バドとほとんど同じ状態ですね。9歳なのに……(哀)。ウォーブラーだっけ?筋重力なんとか症だっけ? ワイマラナーも神経系の病気が意外とでてますよね。外国もそうなのかな?日本だけなのかな?
バドは、日本在住のワイマラナーの中ではかなり古いタイプなので、
からだは丈夫だったからこんなに長生きできているんだと思います。(心はかなり弱いけど。苦笑)
(でも呆けてくると、心が弱いことも忘れるもよう。爆。分離不安にもならなくなったよ。幸か不幸かわかんないけど)

バドも、後ろ肢に力が入らず、ころりんと背中から倒れたことあります。
まだウンチ中にはないけど、もうすぐそんな感じ。

でもまだ食欲があるので、望みは捨てておりません。

はい、私も実は少々睡眠不足のせいか、あるいは心が消耗しているのか、
はたまた先日の泣き酒で肝臓が弱ったのか(←自爆)、たしかにヒマさえあれば昼寝しようとしてます。だけど、もっとシャンとしなくちゃね。ありがと~。

業務連絡:本の件もありがとうございます。月曜日に版元に確認してから御連絡しますね。
2011/05/28(Sat) 18:20 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可