片手松葉杖になりました

12日(火)、1か月ぶりに私の病院へ。
でもその前に、ランチどきの人のいない時間を狙って、またもや深大寺ドッグランにお邪魔しました。

15ダッシュ!

クパ、ダーーーーーーーーーッシュ!!!!
ノーリードになるのは何ヶ月ぶりでしょう。めちゃくちゃ嬉しそうです。

15ダッシュ2

生後10か月になり、最近めきめきと体力と気力が満ちあふれているメルも大喜びです。
やっぱり、いいねぇ、自由運動は。きれいな筋肉がつきそうだ。

15メル1

サッカーボール(バスケットボール?)が置いてあったので、お借りしました。
ボクサーのメルは、でかいボールが好きです。フレンチブルもでかいボール好きだよね。短頭種って、でかいボール好きな子、多いよね。挑みたくなるらしい。

15横取り

だけど、クパ、横取り。
普段はクパは、こういう大きいボールに関心がなく、くわえられるサイズのボールやカモちゃんに夢中なくせに。相変わらず独占欲が強い、協調性のないクパおさんです。犬のくせに、ヘディングができるのでしょうか? ヘディングしてでも、ボールを自分のモノにしたい。まぁ、根性は人一倍ありますな(トールさんもクパを見習ってみてはいかがでしょう。いやしかし、あのアホの落ち着きのない強欲さは、私に似ているのか!?)

15メルピョン

だけど、でかボールへの執着と、ジャンプ力は、ボクサーの勝ち(笑)。

15バド爺

バド爺も一緒ですよー。
お洋服を脱がせて、日向ぼっこ、日向ぼっこ。
痩せちゃったし、関節痛がひどいらしく、へんな体勢になるけど、それでも私はバドをぎりぎりまでお外に連れ出すつもり。自分の筋肉が使えなくなったら、動物は終わりだと思っているから。ぎりぎりまで自分の筋肉と関節を動かすために、毎日少しでも動かすことが大事(と私はそう思っている)。

15出もやる気

やる気だけはまだあるぜ。

15いざる

だけど、4足歩行というより、いざってる……。
わかるかな、後肢をずるずる引きずって歩く跡(悲しみ)。これもまた老犬の真実。

でも、自分の足でそれでも歩こう、動こう、とするバドは偉大だ。

153匹で水

若造どもに負けじとお水を取り合いしながら飲むしね。
大事ですよ、そういう生命力は。

15ああ楽しかったわ
“ああ、楽しかったわ" 短頭種はやっぱりすでに暑さに弱い。7ちゃんずとはペースが違う軟弱さ。でも可愛いから許す

そのあと、東八道路を通って、いつもの私の病院へ。
途中、野川公園の桜並木が満開~~~~♪ ひゅ~~~~♪

15野川公園満開

そんで、ズボンも靴も砂埃で真っ白なまま(迷惑なアクティブすぎる骨折患者)、レントゲンと診察。
粉砕していた骨たちがくっつきあい、新しい骨の赤ちゃんが橋桁をつくるように盛り上がってる。よっしゃーーー! 骨、できてきたぞ! そしてついに、片手松葉杖に昇進しました~~~! 苦節6か月(涙涙)。

さらに、帰り道、クルマ(ミッション車のプジョーちゃん)を半年ぶりに運転してみた。できた、できた、ひとりでできたよぉぉおお!!(涙)
左足の骨、だいぶしっかりしてる。クラッチ踏んでも安定してる。
それに、運転技術は、体に染みこんでいるから、半年ぶりでも全然違和感がない、怖くもない。よかった。なんだかだいぶ独り立ちできるような気がしてくる。今までさんざんトールに迷惑かけっぱなしだったけど、これでようやく少しは自分の力で行動ができそうです。ううう、嬉しい。涙でそうに嬉しかった。
トール、マチュ、今までさんざん苦労かけたけど、すまなかった、ありがとう、もうじき私はいっぱしの人間に戻れそうです。

そんでもって病院帰りに、革職人の友人サーシャさんちに寄って、お願いしていたメルの赤い手縫いのリード(マチュは生意気なことに本物志向。やはりバドやクパと同じ、サーシャさんのオーダーメードの手縫いのリードがいちばん手にしっくりくるし、安心感があるし、メルをハンドリングしやすいんだって。ああ、生意気なガキだ。でも逆に言えば、子どもは本当に自分が楽ちんなもの、安心できるものを素直に直感で感じ取る能力があるということのような気がする。値段は自分で払うわけじゃないし。笑。でもいいものは長くずっと使えるから、大人の私もサーシャさんの革製品は最初は高くても、長い目で見れば安いと思ってる)、それと私の新しい携帯用のネックストラップを受け取りに行きました。
それらの素敵なグッズの写真はまた今度ね(もういまは飲んだくれているので写真撮影不可。笑)。

15サーシャさん

サーシャさん、長年にわたり(パチが若いときに初めてお知り合いになったからもう14~15年くらいかな)、うちの暴れん坊たちの頑丈な犬具を提供してくれてありがとう。バドやクパがちぎらない犬具は日本で買えない(って、うちの犬が強烈すぎるのだが。涙)。
今度は、メルが完全に成犬のサイズになったら、首輪もお願いしよっと。アメリカンなボクサーだから、ハーレーみたいなフリンジな感じはどうかな♪

コメント

まあ!

おめでとうございますv-315
できるなら、ドッグラン解放のクパっチみたいに
走り回りたかったことでしょう。
もう少し自粛しなきゃいけませんが。
それでも、嬉しい知らせですね。

ノーズブリードの首輪、うちのクレアが使用してます!
1枚革でも十分頑丈な作りですね。
前回、バド吉さんが紹介なさってから早速注文したんですよ。(新し物好きなもので)

  • 2011/04/15 (Fri) 21:59
  • こぼずはうす #-
  • URL
♪こぼずはうす様

ありがとうございます(涙)。
ほんとにもう片手松葉になるだけで半年もかかるなんて、
どんだけ~(古い)な折り方ですよね。
はい、だけどすごく嬉しい進歩です。

お、ノーズブリードさん、お買い上げありがとうございます(笑!)(新しモノ好きなのね。笑)。
ノーズブリードでも他メーカーよりじゅうぶんしっかりしてるよね。だけど、アホクパやかつてのバカバドは、サーシャさん渾身の力作の手縫いじゃないとだめなんす(涙)(金のかかるヤツらだ!)
ほんと日本全国のパワフルな大型犬のオスの飼い主さんはどうしているのでしょう、と思います。
そうそう、こないだはサーシャさんの、首輪抜けの得意な脱走犯用二重犬具(ハーネスと首輪が一体式)の記事を新聞に紹介したら、全国の柴犬の飼い主さんたちの反応がよかったそうです。
柴犬さんは、脱走が得意なんだって(笑)。
迷子・脱走にさせたくない、愛情豊かな飼い主さんが日本にはいっぱいいるんだなぁと、ほっこりしました。

  • 2011/04/16 (Sat) 17:30
  • ばど吉 #-
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/04/17 (Sun) 16:16
  • #
黒ラブさんの飼い主さんへ

御連絡ありがとうございました。
その病気、詳しくはないのですが、一時、うちのコーギーのタビィ(故)もその病気を疑われたことがあります。
大変な病気ですね。長年の闘病、看護、素晴らしいです。
来月、14歳になる日が楽しみですね。
いろいろ大変なことも多いかと思いますが、
頑張ってください。
バド爺も頑張ります。
鍼治療、その先生は存じ上げませんでした。
情報、ありがとうございます。
ちょっと調べたら、なかなかクセのある先生のようですが(笑)、関心はあります。
「100%治る」と断言するのはいかがなものかと思いますが、
「それぐらいの気合いで、鍼を打たないと、治るものも治らない」ということなのかもしれませんね(私は直接会うまでは、とにかく性善説なもんで。笑)。
クルマの運転はようやくできるようになりましたが、まだ車庫入れと渋滞が怖いので、ひとり運転は自粛しておりますが、ちょっと行ってみたい病院ですね。
……ただ、どんな生き物も年齢とともに衰えていく現実は回避できません。死が確実にバドに近寄っている実感はあります。
だけど、バドも頑張ります!

深大寺、その年の初詣は行ってないけど、
その数日前、年末には行きました。
バドだったのかもしれません。
うちはゴールドのプジョーです。どうですか? 品川ナンバーは正解。

ブルースさんにも会えるチャンスがあれば嬉しいです。
また遠慮なくコメントくださいね。

  • 2011/04/18 (Mon) 17:01
  • ばど吉 #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する