Article page

by
  • Comment:6

今日はメルとマチュがお迎えに来てくれました。
先日のクパっちに対抗して(笑)、
今日はメルとパン屋さんの前にてマチュを待つ。

5メルとパン屋
メルはおとなしく待てるいい子である。家では囓り虫の悪戯っ子だけど、外ではいい子(笑)。イヌの後頭部は可愛い

まだ松葉杖子の私は、スーパーにお買い物には行ってないけど、
近所の輸入食材屋やコンビニには、じょじょに棚に商品が戻ってきました。買えなくて困るなぁと思うのは、お水と無洗米くらいかな。ガソリンも買えた。パンも買える。仕事先の高層ビルのエレベーター4機のうちの1機がつねに節電のために止まっているとか、マクドナルドの外照明がいつもより暗いとかはあるけど、東京はほぼ平常運転に戻りつつあります。お店たちの照明や無駄なエレベーターを止めるのは、むしろいいことではないかと感じる。

ただ昨日、知人のブログに紹介されていた現地入りした看護士さんのブログを読んで、あまりの惨状に改めて心が震えた。テレビの報道ではわからない凄まじい現実があった。報道規制をかけないといけないくらい、現場は地獄なんだと思った。
そして焼け野原のようになってなにもなくなった更地から一から復興しないといけない現実、大事な人を失っても生きていかないといけない現在進行形の絶望が待っているかと思うと……。軽々しく「がんばって」も言えなくなる。

だけど、やっぱり絶望ではなく、光に向かって進んでほしいと願わずにはいられない。

だから、東京にいると、日に日に風化しそうになるけど、被災地への思いは薄れてはいけないと改めて思う。
節電しよう、募金しよう、いま仕事があるのはありがたいことなんだからちゃんと働いて日本の経済を少しでも回してそしてまた心ばかりの募金をしよう。そしてもうひとつの私の使命、ライフワークである動物のためになる記事を書いていこう。

昨日今日は、新潟県に避難している被災動物のこと、同行避難の記事を書きました。
人命優先、はわかってる。けど、だけど犬猫たちも生きている。彼らは野生動物ではないので人間の加護なくしては生きていけない動物なのだ。それに、被災犬や猫を救うことは、被災者(飼い主)を救うことでもある。動物を嫌いな人にはわかってもらえない感情のようだけど、動物を普通に好きな人たちにとっては、被災犬猫は、自分んちの犬猫じゃなくても、心の癒しや励みとなって、人の気持ちを温かくしたり、和ませてくれる存在なんだそうだ。そう思ってくれる(ペットを飼っていない)人がいることも嬉しい。

ちなみに新潟県さんは、新潟県中越大震災の経験を活かして、動物の同行避難に実に積極的である。取材をしていて、いち飼い主として「ありがとうございます、犬猫と飼い主を見捨てない取り組みをしてくれて」とお礼が言いたくなったくらいです。東京に何かが起きて、新潟県が無事な事態のときは、私は新潟県に避難したいなとけっこう本気で思いました(笑)。

ついでにわが居住地の渋谷区の、動物の同行避難の取り組みをさっき調べてみたが、ヒットせず(涙)。数年前にほかの区を取材したときから、進展してない。けっこうほかの区や市町村では取り組み始めているところもあるんだけどなぁ。動物福祉に先進的かどうか取り組みの温度差がけっこう激しいのは、地方自治体の首長の価値観の差なのだろうか? 実務レベルの担当者の熱意の差だろうか? 今度、最新状況を取材してみたい。

みなさんも、自分の地元の動物同行避難の取り組みや避難所の確認を、これを機にしてみてはいかがでしょう。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 6

MK  

こんばんは、ばど吉さん。
そうなんですよ。新潟はすばらしいでしょう!
新潟県動物救済本部のHPには、
「ペットは飼育環境が変わること自体がストレスになり、
そのストレスを軽減できるのは、飼い主の声とあたたかい手だけである」とあります。
その子の性格にもよるのかもしれないけれど、
飼い主さんの声の聞こえるところにいれるだけで、
動物は安心するのかもしれませんね。
新潟に非難というときは、我が家でもOKですよ。

2011/04/05 (Tue) 20:21 | EDIT | REPLY |   
nicoちゃんち  

こんばんは。
最近も小さい地震がつづきますね。
家にいてグラリとしたり、緊急エリアメールがはいるたびにワンコたちを移動用のケージに入れて避難できるようにしてしまったりしています。
節電も、計画停電も反対ではないけれど、心配なのがこの夏です。
仕事のため家を空けるときいつも冷房を28とか29℃でつけっぱなしにしていたのですが、計画停電の時は、どうしようかと・・・。
被災地の人に比べると小さな悩みですが・・・。
昨年の猛暑と同じであれば、冷房なしは、厳しいです。停電でも復旧したらすぐにつけてあげられればよいのですが、タイマーとかもダウンしてしまうし…。

2011/04/05 (Tue) 22:25 | EDIT | REPLY |   
マキ(コーギー・ルナ)  
被災地のペット達

こんな時にペットは二の次なんてことはわかっているけど。
やっぱり家族同然、人間の子供と一緒なんですよね。
この気持ちってこの感情って、やっぱり飼っている人にしかわからないと思います。
被災地のペット達を保護して下さる方々や団体の活動をブログやTwitterで目にする度に心が震えます。有難うございますって。
一匹でも多く、一人でも多くの飼い主さんが安心して過ごせる日を願わずにはいられません。

看護師さんのブログはTwitterでも紹介されていて涙ながらに読みましたよ。

歴史に残るこれだけの大災害が私達が生きる今のこの時代の出来事になるなんて。
これから世の中の動きも私達の意識も価値観も確実に変わっていきますね。
先走りし過ぎず且つ遅れずにしっかりと見据えていきたいと思います。

ちなみに世田谷区防災対策のホームページにペットと避難する場合という項目がありました。
迷子札を下げておく。預け先を日頃から相談しておく。とありました。


2011/04/05 (Tue) 22:27 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
今日も東京はいい天気

♪MKさま
はい、素晴らしいと思います!
そのHPの担当者さんを取材させていただきました。
うん、とても犬たちに対して愛のある方でした。
と、思ったら、故ラブラドールさんの飼い主さんだった。
飼い主の気持ちがよくわかるから
情熱を持って仕事をしてくださるのかもなぁと思いました。

まぁ! 新潟に避難するときは(笑)
どうぞよろしくね! うちのいまの連中はでかくて人相が悪いやつらばっかだけどね(爆)。


♪にこちゃんち
そうなんです、私も自分のためや健康な人間家族ならガマンさせて節電するのも全然平気なんですが、
心配なのは、じーちゃんと短鼻種のメル坊です。
ノーエアコンはあまりに厳しい。
周囲の家や会社もエアコンを使わなければ、
窓を開ければまだ過ごせるかと思いますが(なにしろ窓を開けるとわが家付近はエアコン室外機の熱気がすごいんです)、私が留守中に窓全開というわけにもいかないし。
爺さま犬、循環器などに持病のある犬、鼻ペチャ犬飼い主、そして共働きなどで留守が長時間に及ぶ飼い主にとっては、非常に心配な事態ですよね。
また、危機意識を持たぬ飼い主さんの場合、
帰宅したら犬が熱中症で死亡していた、という件数が増えるかも……
それも心配です。
うーん、これも記事にして、注意喚起をしなくちゃ。


♪マキさま
看護婦さんのブログ、読まれましたか。
ほんとすごすぎる現実ですよね。
東京にいると、テレビCMも始まってきたし、余震はまだ少しあれど日常生活が戻ってきているから、もう気持ちの上で対岸の火事のように感じてしまいそうになる自分がいて、これじゃーいかんなと思ってます。
でも、自粛、自粛というつもりもない。元気がある地域の人は、しっかり働き、しっかり経済活動をし、いっぱい笑ってポジティブに日本を進ませていくことも大事ではないかとも思ってます。
とりあえず岩手の酒蔵の日本酒を買おうと思う(笑)。

世田谷区は同行避難頑張ってますか。
今度、見てみま~す。

2011/04/06 (Wed) 15:43 | EDIT | REPLY |   
こぼずはうす  
少し安心

今日のニュースで、夏場の計画停電は行わない
「見込み」と
発表されてましたね!
とりあえず、そちら方面の犬達の熱中症の心配は
置いといてよさそうですね。

2011/04/07 (Thu) 10:26 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
♪こぼずはうす様

そんな「見込み」報道ありましたか~。
それはちょっと安心。
ほんとは犬のために24時間エアコンつけたいなんて、
いけないんだと思うけど、
だけど、犬だって死んでいいわけはなく、いたわらないとね。
それは、避暑でそちらに行きたいです(笑)。

2011/04/08 (Fri) 20:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply