Article page

by
  • Comment:4

みぞれまじりの東京、寒いです。
メルクパがストーブに接近しすぎ。ヤケドするぞっ。

私は、野生動物の原稿執筆の〆切前で焦ってます。
週末に書いたフクロオオカミ。たぶんもう絶滅してる。まだ最終絶滅宣言はだされていないけど、もう40年以上目撃情報ないし、80年代に大規模な調査したけど空振りだったし。かなり絶望的。
なんで人間は、「ヒツジを襲うから」「鳴き声も不気味で凶暴そうだから」などと忌み嫌って、政府が22年間も報奨金までかけて、銃殺・毒殺・撲殺するような行為ができるのか。フクロオオカミの方がもともとそこの生態系で生きてきたのだし、どんな生物にだって生態系の一員としての役割があるのに。
もーう、そんなことを夜中の2時すぎまで書いていたら、書き終わっても、頭の中が悶々としてしまい、3時すぎても寝られなくなりました。

さて気をとりなおしまして。

メル散歩はマチュの当然の任務でありますが、帰宅が遅くなる塾の日や、宿題をやり終えた後うっかりテレビなんざ見てしまい、ふっと気がつくともう夜の8時すぎじゃん!となる日があります。そんなとき、マチュはときに夜の散歩をばっくれようとするのですが、もうメルは月齢9か月。パワー全開、外へのお散歩タイムが1日で最も重要なお楽しみ時間なので、メルの散歩をナシにするなんざ、私が許しません。
しかし、小6の女子を、そんな時間に外出させるのも、安全面で大丈夫なのか、親としていいのか、という懸念もあります。いやしかし、それを許していると、人間の子どもはすぐに楽な、自分に都合のよい方策を編み出すので(犬も同じだけどね。笑。自分に都合のいいことを学習するのは知恵が働く証拠)、ここは心を鬼にして、自己責任において、夜の散歩に行かせます。「明るい大通りを通ること」「暗い脇道には入らぬこと」「基本的に大通りをノンストップで走れ」「何かあったら大声をだしてメルと走って逃げること。コンビニに逃げ込むこと」「だけどいかなるときもメルの綱を放さぬこと。メルを交通事故に遭わせないこと」などと注意事項を言います。いまのご時世、コワイ人が間近にいるかもしれませんからね。

まぁ、どうも世の中の普通の人にとっては、じゅうぶんメルは「凶暴」「こわそう」な顔に見えるらしいし、「大きな犬」に映るそうなので、そうそう近寄られることはないかもしれません(笑)。だけど、うちの可愛い女子二人組を誘拐・拉致されたら大変ですからね、マチュには口をスッパくして、毎回注意を促します。

すると、夜の散歩のあと、はたと見ると、メルが、昔のバドの首輪をつけてました。

7おさがり首輪

バドにすると、あまりにハマリすぎて、かなりヤクザな犬に見えたので、ほとんど使わなかったやつ。首輪にトゲトゲもついてます。トゲトゲの先には、実はキラキラストーンがついているのですが、本体が黒ということもあり、かなり極悪非道犬に見えます。

「メルが強そうに見えるでしょ。これなら、悪い人も近寄ってこられないはず」と、マチュはニヤニヤしてる。

うん、そうだね、たしかにボクサーなど短頭種がすると、はまり役だよね。
私、可愛いフレンチブルとかが、超トゲトゲの首輪するの、すんごく可愛いと思うんだよね。ファニーでシャレが利いててすんごくカワイイ。

しかも、犬のことわかってない人から見たら、じゅうぶん「こわそう」に見えるでしょう(爆)。
なかなかナイスな作戦を思いつきましたね、メルママさん。工夫は大事ですね。

ちょっとメルにはまだブカブカだけど、バド爺のお下がりが役に立ちました。
メル、マチュのボディガードを頼むね。

7強そう?

“わたち、強そう?”

……いやー、本性を知っている私からすると、ほんとは1%も人間を噛めないから全然役には立たない気がするけどね。ま、見た目で牽制することだけで頑張ってくれ。

でも、小6女子が、ボクサーを連れて歩く姿は、かなり特殊で、かなりイケてると、私はいつも思ってます。メルは、最高のマチュの心の相棒になってますよ。小学生のときからこういう育ち方をしたら、犬を捨てたり、命をないがしろにする大人にはならないと母は信じてます。

ついでに言うと「子どもが中型犬・大型犬を散歩するなんて」と思われるかもしれないけど、実は中学生・高校生くらいが、大人よりも犬と一緒に駆けっこする体力や瞬発力がいちばんある世代のような気がする今日この頃です(笑)。私はマチュのように坂道3本ダッシュをする体力はもうございません(涙)。また、マチュは下手な大人よりも、はるかに犬をよくハンドリングしてます。厳しくするときは厳しく、はしゃぐときははしゃがせ、メリハリのある散歩をしてる。でもまぁ、まだウンチ拾い中とかリードを長くしてしまうなど油断するシーンもあるので、親が監視したり、教えることも欠かせないけどね。

あ、そうだ、子どもの春休み期間中に、銀座おとな塾でこんな1DAYレッスンをします!!
2011/03/29 火曜 10:30~ 12:30 です。

******************************************

親子で考える犬との暮らし
ハッピー・ドッグライフへの道  ~親子で犬育~

子犬を迎えたい全ての家族へ。犬を迎えるということは、その命の一生に責任を持つことです。子犬は子どもに、弟妹のような親密感や愛情を与え、命の大切さなどかけがえのないことをいっぱい教えてくれますがそれは正しく飼養してこそ。
犬も子どももよい子に育ち、家族がハッピーな毎日になるための心得や準備、ライフスタイルにあった犬種選び、子犬が来た日から始めるしつけなどについて学びましょう。親子対象で、食育ならぬ「犬育」の可能性を含めて紹介します。もちろん、親子だけでなく、犬飼育初心者も大歓迎。

******************************************

こういう内容を親子対象に伝えて、犬の好きな、犬を正しく犬として扱える、そして犬に本物の愛情を注げる子どもを育てる一助になる企画、ずっと心温めていたんです。
いまから犬と暮らしたい、と検討している家族にぜひ聞いてもらいたい。
あるいは、すでに犬を暮らしているけど、問題が山積している(笑)、家族さんも大歓迎!
もちろん、親子でなくても、「ハッピー・ドッグライフ」を目指す人なら大歓迎です。

正しく犬を理解する家族がニッポンに増えるお手伝いがしたい!
みなさま、リンクフリーです。お知り合いにどんどん宣伝してください(笑)。
あ、私にメールくれたら、チラシも郵送手配しますよ。ご遠慮なくね~。

それと今週土曜は、いつもの銀座おとな塾「東京犬散歩ガイド」クラスです。
そして4月からは内容も少し変えて、平日火曜日のお昼間のクラスにお引っ越しします。
「ハッピー・ドッグライフ教室 ~犬との暮らし~」クラスです。
そっちもお待ちしてま~す。リンク、よろしく~~~。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 4

こぼずはうす  
かわいいわよ。

メルちゃん、とってもかわいいです。
幼子から少女になっちゃった感じですね。
そういえば、バド家はみんな断尾族ですね。

犬育、いいですね。
人が犬とよりよい距離感を持って暮らせば
犬と人、犬と犬、犬を飼ってる人と飼ってない人との
距離もよりよくなってくると思いますね!

2011/03/07 (Mon) 23:31 | EDIT | REPLY |   
mari  
ああ、確定申告が…

足の具合はいかがですか?お仕事忙しいご様子、なによりでございます。
スタッドだけでなく豹チックな顔まで…ハード系なはずが、かえってメルの愛らしさが引き立ってしまうような…気のせい?私も小学5年でボクサー散歩してましたよ。塾から帰宅後だから夜遅かったですが、彼と一緒だと心強いもので…愚娘と違い性格穏やかだったけど、見た目の迫力はフツーにあったので。でもご時世が違うし環境が都会だし、しかもマチュちゃんカワイイから、そこそこ気合いは必要でしょうが。相思相愛ペアだから大丈夫でしょうけど。 

 

2011/03/08 (Tue) 11:51 | EDIT | REPLY |   
マーレまま  
変性性脊髄症のこと

はじめまして。マーレままと申します。
こちらを「変性性脊髄症 コーギー」で検索の上、
知りました。
実は、3月7日に14歳を迎えてから2週間足らずで、我が家のコーギー(♀)マーレが旅立ちました。
マーレの症状から、この病気に違いないと思っておりましたので、亡くなってすぐに岐阜大学のK先生へメールをし、次の日マーレを献体しました。
宅急便のトラックを見送る時には、それはもう切なかったですが、マーレが最後に、ひと仕事してくれるのだからと思い、「行ってらっしゃい!」でした。
明日あたり、遺骨が戻ってくるようです。一言こちらで
ご報告したくなり、おじゃまさせていただきました^^

2011/03/10 (Thu) 12:30 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
返信遅くなりました

♪こぼずはうす様
幼顔から、ちょっと生意気な顔になってきました(笑)。
そうなの、うちはなぜかコーギー含め、断尾族ばかり。
別に長いしっぽも好きなんですけど、たまたまね。
ドイツツルピカ犬はもれなく断尾チーム多いしね。

「犬育」、いいでしょ。
正しくしないと、意味がないばかりか、犬に大迷惑なので、表現は要注意ではありますが、いいように作用していってほしいなと思ってます。頑張ります。


♪mari様
ううう、私も確定申告、カチカチ山でお尻に火がボゥボゥです。
あれ、mariさんはだいぶ前から取りかかってなかった?
私は、今日から頑張るよー(着手が遅すぎ!!)

そうか、mariさんは5年生のときからボクサー散歩してたんだね! カッコイイねーー。私は小3から23kgくらいの実猟ビーグル、中1からジャーポです。スゲー小学生だね。
私も彼らといるといつだって心強かったです。
あまりにメルが犬としておもしろいので、私もいつかオスのボクサーと暮らしてみたいと、最近ふつふつと思ってます。うふふ。
お互い、確定申告、がんばろねー。


♪マーレまま様
実はこのコメントを昨日読み、泣けてきて、すぐに返信できなくなりました。
マーレも、マーレを介護してきたご家族様も、本当にお疲れ様でした。そしてマーレの体は、岐阜大学で、日本のコーギーのためになるんですね。すごい決断をよくなさいました。
「マーレが最後にひと仕事」。コーギーは働き者のいい犬ですから、最後にもうひと仕事をするのはコーギーの本望だと思います。

マーレ、ありがとう。

タビィやマーレの最後のひと仕事のおかげで、日本のコーギーは変わっていきます。必ず。尊いひと仕事ですとも。

14歳は、それでもご長寿さんですね。
マーレ、天国で楽しくやってください。
タビィやパチや、パチのきょうだいたちによろしく伝えてください。天国では麻痺もなく、若いときと同じように全速力でかけっこできると思います。

マーレまま様も、いまは、いっぱいいっぱいマーレのために泣いてください。泣くのを我慢してはいけません。
そしていつかお会いしましょう。コーギー談義しましょう。

マーレ、やすらかに。

2011/03/11 (Fri) 13:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply