Article page

by
  • Comment:5

足を折っていながらも、ここんとこ真面目に働いております。
最近は、犬以外の仕事で、すっかり地デジに詳しくなりました。アナログな私は、当初ちんぷんかんぷんだったけど、学ぶと楽しい。知らないことを理解するってのは楽しいもんだね。テレビは、自分も日々使うものだから、理解するとわが家のためにもなります。うちはケーブルテレビだけどね。みなさま、地デジの準備はお済みですか?(笑)

また昨年春くらいからず~っと持っていた案件(足なんざ折ってますますお待たせしてしまった)、新しい犬の著作の編集作業もようやく進行中。ただいま自分の書いた原稿を再度チェック中です。昨日は近所のフォルクスで版元とデザイナーさんと打合せしてきました。

11原稿

4月上旬には本屋さんに並ぶ予定!
どんな内容か、もう少し経ったらお知らせするね。乞うご期待♪
「ブログ口調で、好きに書いていい」というオファーだったので、楽しく書いた原稿です。楽しく書きすぎて、文章量が大幅にぶっちぎってしまい(苦笑)、ただいま短く整理する作業に追われております。あはは

明日は、銀座おとな塾。柴犬さんちのママなどに会えるのが楽しみです。
だけど、唯一の心配は、首都圏の雪。
今日はけっこう降ってますね~。
両手松葉杖だと傘が差せないのがつらいところ(涙)。さっき雪の中をノー傘で歩いて西新宿から帰ってきました。大人としていささか恥ずかしい。まぁ、仕事前に濡れ濡れになるのは社会人としてNGですが、あとはもうおうちに帰るだけなら、私は平気。雪の降る中をテケテケ歩くのもけっこう楽しかったよ(子どもか!?)。
だけど、転倒は御法度。アスファルトの路面は、松葉杖でもグリップ力があるんですけど、タイル調の歩道は濡れるとやたらツルッと滑るから危険。ここで転んだら、10月から苦労かけているトールに会わす顔がありません。
明日、銀座に無事にたどり着けますように。



追伸:昨夜のアホクパ案件のリポート。

仕事で外出時間が長くなると、心の繊細なクパおちゃんの挙動がおかしくなってる。
おとといは、マチュが私よりも先に帰宅すると、クパ入りバリケンがポルターガイストのように箱ごと1.5メートルほど移動し、ご丁寧にバドのウンチをバリケンの底面で踏んづけていたという(ガーン!)。かなりの修羅場だ。マチュはよく掃除を頑張った。小6の子どもにしては素晴らしい対応だった。

けれども、悲劇はそれだけで終わらなかった。クパバリケンの上に置いてあった、マチュがお年玉で買ったお気に入りのポンチョが、なぜかバリケンの中に引き込まれており、ビリビリにされていた(マチュは私に説明するなり「心が折れた」と泣き出した。片付けていなかったマチュのせいだが、なぜポンチョがプリンセステンコーのようにバリケンの中に見事に吸い込まれたのかはクパの魔法である。見るも無惨なポンチョさんになってて、マチュに同情。私とパパとでポンチョ募金を設立してあげないと)。

そんでバリケンを洗って風呂場で干していた昨日。クパが夜、オシッコじゃー太郎になった。ぎゃー。
何がそんなにイヤなんだ!? こういうときは怒っても無駄。怒るとよけいにジャージャー止まらなくなる。たぶん何かがすごくイヤか不安で、本人もどうしたらいいかわからなくなってる。その不安を取り除いてあげないと。

だけど、リビングじゅうをオシッコしながら逃げまどうクパには、内心、怒り心頭になるし、愕然とする。しかも松葉杖が滑る。足の裏も滑る。骨折女には、夜中の雑巾がけは本当に修行のようでした(涙)。マチュはもう就寝後だし、トールはまだ会社から移動中だし。私がやるしかない。くそー、クパのやつ!

そのうえ、なんとか雑巾がけを終えたと思ったら、今度は目の前でメルまでオシッコじゃー。なぜっ!? なぜ、トイレでしないっ!?? たぶん私のフツフツ怒りオーラを感じ、メルまで不安になったか、あるいは、リビング全体がトイレ場でOKなのかなとアホな認識をしてしまったのか。まったく泣きっ面に蜂、とはこのこと。ついでに言うと、私が心の中でいろいろ怒りと葛藤しながらメルシッコの拭き掃除をしていたら、さらに今度はバド爺が犬ベッドでウンコを寝たまましてしまった。くわーーーっ(涙!)。まぁ下半身麻痺が進むバド爺が排泄コントロールが難しくなるのはしかたないんだけど、でもなにもこのバタバタしているタイミングでださなくても(涙涙)。泣きっ面に蜂、弱り目に祟り目、トリプルパンチでした。

そんで、掃除がようやく終わった頃に終電で帰宅したトールがクパを洗った。
クパは何がイヤだったのか?
結局、自分のバリケンが丸1日リビングになかったことが、どうやらクパの心を不安定にした原因のようだった。
クパシャンプー後、バリケンをいつもどおりリビングにセットしたら、クパはサッサと中に入っていったそうだ。別にいつもはそんなに自ら望んで入らないくせに。でも、ないと不安なんだね。まったく、へんなところが繊細で、デリケートで、チキン野郎だから、クパは厄介だ。

でもね、クパは、バドやメルと違い、誤飲や誤食などのイタズラは一切しないの。クパだって、いいとこあるのよ(笑)。ほんと犬って、一長一短があるといいますか、思い通りにはいかないもんよね、でもそこが工場生産品ではない生き物の楽しさなんだよね。

なぜ、こんなに苦労してまで、犬と暮らすのか。

そう自問自答したくなる夜でしたが、結局、クパが情緒不安定になる原因の根本は、「ママの不在時間が長いこと」。つまり、それだけ、クパがマリアナ海溝より深~く私を愛し、寵愛を受けたがり、ママなしの人生は耐えられない、と全身全霊で訴えているようなもの。

可愛いヤツじゃ。私はちゃんとクパを大事に思っているから、大丈夫だよ。たっぷり愛情を注いであげるから、安心しなさい。心を落ち着けなさい。


あえて、うちのバカ犬レポートをしてみました。こういう現実はなかなか記事になりませんからね(笑)。でも知っておくことは大事だと思います。ねっ。


白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 5

カイパパ  

明日の移動お気をつけて。
タイルや白線上は要注意。
凍結していそうな日陰は避けてね。

クパもメルもまだ若いから仕方ないよね。
数年後には笑い話になりますよ。(私は読んでて爆笑してしまったけど)

犬本楽しみにしています。

2011/02/11 (Fri) 22:16 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  

♪カイパパ
ありがとう。
そっか、白線上もあぶないね。
そういえば今日、横断歩道の白いとこが滑りましたわ。
あほクパメル、カイパパを笑わせたなら、
よしとしましょう。
はやくあほクパメルのストレス発散の場を設けてあげたいよ~。

新しい犬本、楽しみしててね。 

2011/02/11 (Fri) 23:02 | EDIT | REPLY |   
こぼずはうす  

無事に銀座にたどり着けましたか?
こちらも雪がちらつき始めましたよ。

トリプルパンチ、他人事なので笑いながら読みました。
痛いよね~、続けざまというのは。
カーッと頭にきちゃうこともあるけど
大人の犬がどうして失敗しちゃったのかと
理由に思い当ると切なくなることもありますね。
「そっか、我慢してたんだね。」と。

犬本、活動再開ですか。
楽しみにしておりますが、くれぐれも無理をなさらぬように、ね。

2011/02/12 (Sat) 11:21 | EDIT | REPLY |   
mari  

今日一日、ご無事に過ごされましたでしょうか?雪はやんでいるようですが…。
「アホクパリポート」、ごめんなさい、愚夫と私も大爆笑してしまいました…というか、バド吉さん、もはや笑いとりに走ってませんか?だって、かなりキツい状況だったことと…心身共に。一頭パピーがいるだけでも壮大なドラマが繰り広げられるわけですが、バド吉家では老若男女のトリオですからね。何よりバド吉さんが負傷しているし。でも、こういう出来事を文章で読めること、貴重だと思います。たしかに、なかなか本にも記事にもならないことですもの。でも、犬本は楽しみにしていますよん~(追伸:マチュちゃん、折れた心は、さらに強い心になるはず。もっと素敵なポンチョ、探しましょう♪ )

2011/02/12 (Sat) 14:24 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  

♪こぼずはうす様
トリプルパンチ、そうなの、続けざまってのはダメージがひどくKOになりかかります(涙)。
でも、おとなの犬がなぜそう失敗しちゃうのかを考えてあげることがほんと重要ですよね。
しかしわかっちゃいても、噴火しそうになるが
でも本当にクパにはクパの言い分があるんですよね。
オシッコじゃーじゃー太郎は、たぶんパニック状態になってるんだと思います。
かつてバドが雷コワイのときもジャージャー太郎になってました。
パニック中は、叱ってもどうにもならないし、むしろパニックをひどくします。
ほんとにもう、クパおったら。
でも、それでもクパが可愛くてしょーがない。許すっ。
そっちの雪はどうですか? 積もってますか?

♪mari様
いえいえ、決して笑いをとるつもりではないんですよ(笑)(まぁ、ビーパパの笑いが獲れたのならそれはそれでクパの犬徳でもあるからヨシとする!)。
現実をノンフィクションで書いておこうと思って。
このシライシ家の惨状を知れば「うちの子だけが大変なんじゃなかった。もっと面倒で厄介で馬鹿がいるんだもん」と多くの飼い主さんに安心してもらえるんじゃないかと思って。
いやー、犬と暮らすって、いいことばっかじゃないんだってば。
とくにmariさんのご指摘のとおり、子犬1頭だけでも壮大なドラマが繰り広げられるのに、うちは排泄コントロールのあやしい普通だったら生きてないはずの年齢の老犬と、筋肉は強いが心が軟弱な若犬と、トイレトレーニングが未だ発展途上の脳天気な子犬のトリオ……そう、しかも私が使いものにならん骨折女。まさに四重苦(涙)。

……でも、「なぜここまで大変な思いをしてまで、私は犬と暮らすんだろう」と、今日ランチ中にトールにぽつりと聞くと「馬鹿だから」とあっさり返事されました。
馬鹿。犬馬鹿? そんなにあっさり即答かいっ。
は~でもたしかにその一語に尽きるのかもしれません。やれやれ~。
(マチュ、ポンチョ応援コメント、マチュに伝えたら「ニヤッ」としてました。ありがと~)

お花見しよーね!

2011/02/13 (Sun) 16:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply