バドバドサーカス

クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。

Entries

微笑ましい仲良し群れ

おととい、ついに転びました。リビングで。
直径100円玉ほどの大きさの化繊の綿(たぶんメルかクパが引き出した、バドベッドか鴨ちゃんの中味)をうっかり左手の松葉杖で踏んでしまったら、見事に滑りました(たかがあんなもので! 化繊って滑るのね)。
床につけてはならん左足の外側半分ほどに体重をかけてしまい「いかんっ!」と思った私はとっさに体ごと転倒(これで股関節や大腿骨を折ったらどうする!?)(実際、入院中、家庭内でうっかり転んだ50代と60代のおばさまが同じような場所、大腿骨転子部とやらを折っておられました)(閉経後の女性には骨粗鬆症になりやすいから骨折しやすいって。みなさん、いまのうちからしっかり骨を強くする食生活と運動をしましょうね)。

その晩は左足くるぶしあたりがまた腫れて、痛くて、「あああ、ついにビスがはずれたか」と泣きそうになっていまして、転倒後4時間も緑の椅子から立つことが怖くなって籠城(!?)してましたが、泣く泣くトールの監視のもとベッドに移動。翌日から痛みはひいたので、おそらくビスは大丈夫でしょう。

ほんとにもう「注意1秒・ケガ一生」な毎日です。油断も隙もないわい。

だから「入院していた方が安全なんだってば」という心配症な主治医のT先生の声が聞こえてきそうだけど、
でもこんなに可愛い顔が見られるんだから、やはりおうちには帰りたいもの。

29仲良し1

仲良しだ。
起きたらドタバタとプロレスして、そのあとほぼ同時に寝る。
私が退院したら、メルのケージレスト時間も減っている。少しはプロレスで筋肉がついてきたかな?
マチュも私に叱咤激励され、朝夕、駆けだしてご町内を30分走っているようです。
メル、もうすぐ6か月。かなり運動欲求量が増えてきている感じ。
ドッグランかお山で走らせてやりたい。

クパは土曜の深夜(1時頃?)、ミッドナイト・ドッグランにパパと自転車で行ったようです。
誰もいなくて、極寒で、10分ほどで“パパ、もう帰ろ”と言ってきたそうです。
クパ、自転車散歩させてもらってよかったね。早く私も復帰したい。

29仲良し2

ああ、なんて仲良しなんでしょう。
群れで飼育すると、家庭内プロレスのおかげで運動量の足しにもなるし、犬同士の手加減(ここまではやっても遊びの範疇で許されるが、これ以上は喧嘩になるレベルだからやめとこう)などの練習になるし、何よりも心の安定に役立つ。心が安定していれば、問題行動が減ることにもつながる。

クパは未去勢1歳6か月で、もうじき性成熟する。オスの成犬に対して、今後どのような行動をとるのか、要注意時期に入るが、いまのところバド爺に逆らう様子は一切なく、自分が先に寝ていても、バドが来たらスッとベッドを譲るという控えめで優しいところがあるのは救いだ。そういう行動を観察できるのもおもしろい。
ちなみにメルは、バド爺が「おで、そこで寝たいんですけど」という顔をしてベッド脇にたたずんでも、真ん丸お目々でとぼけた顔して、我関せずで寝続けます(笑)。ボクサーのせいなのか、メスのせいなのか、メルそのものの性格のせいなのかわからないけど、これはこれで個性があっておもしろい。
犬って、いろいろ行動を観察していると、いろいろ犬の気持ちが見えてくるもんです。
(いま、そういう原稿を書いているんですけどね。笑。早く書かねば)

29仲良し3

ドイツの3点セットの仲良し群れ。
爺様、サツマイモやジャーキーつくると、うるさいんだけど、
生きる(食べる)気力があることは大事なことだ。
それにしてもメルちゃんの伸びた前足。なぜそんな難しそうな格好で寝ているのだ?(笑)


ぎゃっ。バドが、いま下に行きたいと吠えている。
今朝サツマイモを食べたから、ウンチ行きたいんだな!
まだ3時半。マチュの帰宅は今日は7時。むむむ、松葉杖散歩に行ってきます!!
(ああ、もうおととい転んだ痛みを忘れて、無茶に挑むアホなばど吉であった!!)

コメント

大きくなったー! 

こうやって見ると、春に伺った時より
ずいぶんクパっちが大きくなってるし
メルちゃんもしっかり大きくなってますね。

多頭飼育すると、後に迎えた犬ほど人との
結びつきが意外と希薄になっていることが多いものですが
メルちゃんの反応からすると(前記事から)
その心配はなさそうね。
もともと甘えたのボクサーのせいなのかな?
  • こぼずはうす 
  • URL 
  • 2010年11月29日 18時14分 
  • [編集]
  • [返信]

 

あらあらやっちゃいましたか~ちょっとしたもの例えばお水とかでも滑るんですよ気をつけてくださいねメルちゃん大きくなりましたね~ドイツ三人衆かわいい入院なんてしてられない気分わかります。私も去年5日入院した時ケイティが気になって二度と転びませんようにお大事に

頑張り中 

♪こぼずはうす様
クパっち大きくなってますか~。
また来春も遊びに来てよ♪
メルは、人間との関係が希薄そうには到底見えません。
基本ボクサーという犬種がそうなんだと思うし、メルちゃんの家系が人なつこい可愛い性格なんだと思います(そういう血統を選ぶ努力もしたしね)。
7ちゃんずのような依存心はなく、でもツボを抑えて甘えてくるので(メスのせいもあるかもしれないけど)、ボクサーは飼いやすくて実に可愛い犬種だと思います。
トールさんもなんだーかんだー言って終電帰宅後にメルを抱っこして幸せに浸ったりしてしてますよ(なんだよなんだよ、クパちゃんだって体当たりしてくるし、ガサガサバタバタしてくるけど、素直で可愛いのにねー。でも疲れて帰宅した後にはハードすぎるのか。笑)。
ともかくボクサーは私が年寄りになっても飼える犬種かもなぁとほくそ笑んでおります。
(愛しの7ちゃんずは、おばあちゃまになったらまたもや骨折の危険だもんっ!?)


♪ケイティ様
そうなんですよね、お水も滑ります。
犬のヨダレも要注意です。
ありがとうございます、転ばないように気をつけまする。

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

白石バドバドかえ

Author:白石バドバドかえ
犬歴31年、猫歴29年(2017年元旦現在)の雑文家。犬2頭、猫1匹がごろごろ爆睡しているとなりで、日々、犬原稿を執筆中。
《(c)kae Shiraishi/当ブログの文章や画像の無断転載は禁止です》お問い合わせは下のメールフォームからご連絡ください。

2011独3点セット450

--------------------------

1号表紙

TERRA CANINA Magazine
(テラカニーナ編集室)
http://terracanina-magazine.net

--------------------------

fs3rhr.jpg

『うちの犬♥  あるいはあなたが犬との新生活で 幸せになるか不幸になるかが分かる本』
白石花絵著
(イーステージ出版発行)

--------------------------

表紙

『東京犬散歩ガイド 武蔵野編』
白石花絵著
(オーシャンライフ発行)

--------------------------

tokyo_inu.jpg

『東京犬散歩ガイド』
白石花絵著
(オーシャンライフ発行)

--------------------------

10004065_L.jpg

『最新犬種図鑑』 
監修:ジャパンケネルクラブ
構成・文:白石花絵
(インターズー発行)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

FC2カウンター

電力使用状況&電気予報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

右サイドメニュー