Article page

by
  • Comment:6

26東大1

昨日、東大の動物行動学の先生のところへ取材に行ってきました!
無謀~(笑)。でも「イヌのコミュニケーション」というお題だったので、自分も興味が高く、どうしても引き受けたくて。
結局、編集さんがタクシーで自宅玄関前までお迎え&お送りしてくださった。
外注のライターのくせに、なんて生意気な(笑)。
でも内心、すごく助かりました。地下鉄乗り継いで行ったら、どんな目に遭っていたことか。

大学のキャンパスは、イチョウが美しく黄金色になってました。
ああ、世の中はこんなに色づいている季節なのねぇ。
シャバに出られると、いちいち嬉しい私。

26東大2

最近、デジカメを持参してない(そもそも松葉杖で手が塞がっているので、写真を撮るのもままならない)から、いい写真が撮れないな~。いやーね、もう。

******************

昨夕7時頃、バドがふらふらと立ち上がり、階段前に行き、“おで、散歩行きたいんです”という意志を示した。あと10分くらいでマチュが塾から帰宅する時間だが……バドを見ていればわかる、オシッコかウンチがピンチみたいだ。しかも、リビングで出してしまっても仕方ないのに、ちゃんと便意が自覚できていて(えらいな。完全麻痺ではないということだ)、「散歩に連れて行って」と意思表示している16歳の爺様の気持ちを無視はできなかった。

というわけで、ついに松葉杖散歩デビューをしてしまった(苦笑)。
いま家事の応援に来ている私の母に、階段を降ろすのはサポートしてもらい、松葉杖だけどリードを持ち、散歩へ。
(ちなみに母はやはり老犬の扱いには慣れていないので、母に頼むとうっかり間違った方向にバドを引っ張ってしまい、バドの後肢が崩れてへたり込んだりするという話しをマチュから聞いていたので自分で行くしかないと思った)。

1か月ぶり以上の犬散歩。必死だったけど、すごーく嬉しかった!!!
バドはすぐにウンチした。我慢してて、えらかったね。
私はウンチを必死にしゃがんで拾った。ウンチの上に転びそうになったが(苦笑)、かけらもきれいに拾えた。やればできる、成せばなる。

そのあと、松葉杖で必死に歩いて、西参道を散歩した。久しぶりにバドの歩き方やオシッコの出し方をチェックできて嬉しかったし、安心した。このひと月で体調の変化が著しく悪くなっている様子はない。
「バド、えらいねー。ちゃんと歩けてるねー」と声をかけながら夜道を歩いた。嬉しかった。心なしかバドも嬉しそうに見えた。バドは後肢麻痺が進み、ほとんど前輪駆動(前肢だけ)で動いているはずだが、それでもね、松葉杖の私よりもスピードが速いんだよ(笑)。16歳のくせに、すごいね。松葉杖の私はバドの歩くスピードに負けないように一生懸命付いていきました。バド爺、頼もしいぞ。

もう暗い道を両手松葉杖で、大型犬を連れている姿は、一般的に見てかなり奇妙な光景だったとは思います。道行く何人かの通行人に振り向かれたりしました。塾から帰宅し、バドと私がいないと気がついたマチュがダッシュでメルを連れて玄関を飛び出してくるのが遠くから見えた。きっと無茶なママを心配してくれたのでしょう。マチュ、ありがとね。ママ、ひとりで散歩できたよ。
あとでトールに「バドの散歩行けた! 嬉しかった!」とメールすると、「おいおい、無理するな!」と返ってきました(そりゃそーだ)。


でも、バドと散歩できたのは、嬉しかったです。
我ながら、バカがつく犬馬鹿だとニヤニヤしてしまうほど、
そして、バドのためならこんなことまでできちゃうんだと満足感に浸れるほど、嬉しかったです。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 6

mari  
No title

えええっ!!!やっちゃったんですか!松葉杖散歩。ウンチ拾い…できるんですねぇ、スゴイっ(と関心している場合ではない。)お気持ちもお喜びも十二分すぎるほどに伝わってきますが、本当に気をつけて下さいませ!お気をつけ下さいまし~~~~!

2010/11/26 (Fri) 12:56 | EDIT | REPLY |   
こぼずはうす  
私からも

「おい、おい無理するんじゃない」ですよ!
体が不調だといかに健康が大切かわかるものですね。
元気じゃないと大型犬の散歩も気力が湧きませんしね。

来月でケリーも7歳、シニア期に突入します。
少し体力が落ちているのは否めない気がしていますが
(それでも、山の中はほぼ全力疾走~♪)
まだまだ、犬が老け込まないよう無理をさせて
体力・筋肉維持に努めます!v-91
でも、先月首の痛みが再発、しばらくネックカラー生活
してました。
この首の爆弾もだまし、だましで手術しないで
いけたらいいな。

2010/11/26 (Fri) 13:48 | EDIT | REPLY |   
ケイティ  

すごいバドちゃんを想う気持ちが松葉杖散歩もさせちゃったんですね~よくウンチ拾えましたね私なんて普通の腰痛でもつらいのにこのお散歩が上手くいったからと無茶はしないでくださいね転んだら大変ですから‥気をつけてくださいね

2010/11/26 (Fri) 20:48 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
松葉杖運動も大事らしい

昨日リハビリの先生に「今日は足の腫れがひいてるね」と言われた。考えられるのは、松葉杖取材と松葉杖散歩。うふふ。転ばぬように松葉杖運動をしていくつもりよ。

♪mari様
ウンチ拾いはたしかにギリギリです。それと階段降ろしと、帰宅後の足の雑巾も厳しい。でも、マチュやトールの同行でいけば(バド+メル散歩やバド+クパ散歩)、バド松葉杖散歩は案外イケルかも!
「お気をつけくださいまし~~~~~!」に笑いました。な・る・べ・く気をつけます(笑)。

♪こぼずはうす様
ほんと体の一部分が不調なだけで、健康の大切さが身に染みます。
ただし、私の場合は上半身と口はやたら元気なので、散歩行く気力は十分。それもまた問題だったりする(笑)。
ケリー7歳ですか。私は個人的にはワイマはまだ7歳はシニア期は早いのではと感じています。血統差や個体差ももちろんあると思いますが、バドに関していえばシニア期突入は11歳過ぎだったですね。12歳でチャリ散歩は自粛しました(その後もたまにゆっくり走らせてたけど)。フードメーカーなどは「シニアにごはんチェンジ!」とよく宣伝しますが、自分の犬の活動量や活力で見極めてもいいんじゃないかなと思ってます。バドは7歳でシニアのフードにしていたら筋肉量が落ちていたでしょうね。
でもケリーは首の爆弾があるのはとても心配です。しかしママが本職なんだから、ケリーはラッキーだ。
そうですよ、ワイマはそう簡単にシニア扱いなんかせずに、しっかり「無理させて」(笑)、体力・筋肉維持に努めてください!
バド爺はもうそちらに遊びに行くにはいささか体力不足ですが、
いつかクパメルはケリーにそっちのお山を案内させてもらうのを楽しみにしているからね。


♪ケイティ様
ほんとねー「このお散歩が上手くいったからといって」……オットも同じことを言ってました(爆)。
そうなの、転ぶのは困る。ビスが抜けるのは困る、というか再手術はいやです。
でもバド爺は大切で大切で。
早く骨がくっつけばいいな。

2010/11/27 (Sat) 14:57 | EDIT | REPLY |   
ひらふくおんな  
よかったね☆

無理はいけないけど、
16歳のバドのために出かけちゃったバド吉さんの気持ちはすごーーーくよく分るよ。
それくらい、バドは宝物だもんね(^u^)。

人間の足は、養生していれば治るけど、
バドは、その3倍で過ごしているもんね。
もう、何も言いません。気持ちはものすごくわかるから・・・。
でも、素敵な娘を持ってバド吉さんは幸せだよ。
無理しちゃうママを心配して飛び出してくる娘なんて
いまどき居ないぞー。

あたしも温泉行って、足を大事に養生してきました。
ずいぶん回復してきたぞ。
でも無理はしていないぞー、ゴルフ以外は、ね(笑)。

とにかく体を大事にしてね。
元気なバド吉となどに合う日を楽しみにしています。

街中でさ、松葉杖ついて散歩している人間を振り返る暇があったら、
ゴミ拾うとか、体の悪い人を気遣うとか、
何なりして人を助けなくちゃあかん、健常者はね。
そう、経験者は語る、よ。

物珍しそうな顔して見る人はね、心が枯渇してるの、絶対に。
愛ってね、体の不具合とか不調をを超えるんだぜ。
ふふん! すごいんだぜ!!
知らないだろー。そのすごさ。

って自慢してもしょうがないんだけどさ・・・・
愛は全てをこえるんだー。

2010/11/28 (Sun) 19:41 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
♪ひらふくおんな様

犬馬鹿な方なら、無茶だとわかっていても、愛犬が老犬や病犬など弱っているときあらなおさら、同じような行動をとってしまうと思います。
私の友人なら、私のこの気持ち、わかってくれると思う。
私の無茶な性格も知ってるし(ガハハ)。
そう愛は、体の不具合も不調も凌駕する無敵のパワーを生み出すのでーす。
(私の場合、犬への愛、に限るかもしらんが。笑)

やはりマチュはいい娘かな。たぶん、素直な子どもに育っていると思う。
これを機に松葉杖弱者へのいたわりも学んでほしい。ママの体が生きた教材(これまたガハハ)。

私も、足湯でもいいから行きたいよー。
でもまだ生肉が見えているんだよー。とほほ。

2010/11/29 (Mon) 13:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply