クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
「おさかなポスト」取材
2010年10月15日 (金) | 編集 |
昨日は新聞の仕事で、川崎市の生田へ「おさかなポスト」の取材に行ってきました。
久しぶりの、自然保護問題の取材。気合いが入った。

「おさかなポスト」とは、多摩川の生態系を守るために、むやみに川に外来種を放すことをやめてもらうことを目的に、個人のYさんが頑張って自分の時間やお金や労力を削って行ってる活動。
たくさんの魚が持ち込まれます。去年までは年間1万匹、今年はテレビの取材などのおかげで幸か不幸か1月からこの10月までに6万匹もポストに入ってました。

ポストといっても、本物もポストじゃないよ。
多摩川べりの川崎河川漁協の管理下にある生け簀です。

15おさかなポスト

15ポスト
亀ポストもあります

きっかけは小学5年生くらいの男子が、1匹の金魚を入れたビニール袋も持って、泣いて川べりを歩いてたんだって。金魚すくいでとった金魚。お母さんに「金魚なんて飼えないから、トイレに流しなさい。それがいやなら、川に逃がしてきなさい」

意外と「トイレに流す」(生きたままでも、死体でも)って、よく言われる話みたい(驚き)。
それに日本人って、外来種(その場所にもともといた生物以外の生き物)であっても、「川に捨てる」んじゃなくて「自然に還してあげる」「放してあげる」「放流する」って感覚が蔓延してる。冗談じゃないよ。

外来種はもちろんのこと、たとえ日本古来の在来種であっても(たとえばメダカやタナゴ)でも、同じ水系、限定された生息地以外の個体だと遺伝子が異なることも多い。交雑させちゃ、もともといた生物種が絶滅しちゃうってことをわかってない。

金魚たちも

15おさかな1

熱帯魚たちも

15おさかな2

外国の病気を媒介する大型の観賞魚も古代魚も

15おさかな3

みーんな捨てられた子たち。

15かめ

カメもいっぱいいる。大半はアカミミガメ。縁日でよく見る、小さくて可愛いミドリガメは、正式名称はミシシッピアカミミガメの幼体。ミシシッピーの名の通り、アメリカ南部原産のカメで、繁殖力が強く、遊泳力も強く、飼育には向かないと書いてある。しかも寿命は30年くらいはザラにいて、60年という強者もいるんだって。サイズは30センチ以上になる。かなりでっかい水槽が必要だけど、みんな30年も飼えるんかい? いや、飼えないから、みんな捨てちゃうだな。

きれいなシルバーアロワナもいた。

15アロワナ

Yさんちで静養しているうちにとても美しい状態に復活しており、サイズも20センチ弱ほどで、ひれひれのなんともいえないピンクとブルーの配色も美しく、思わず私もちょっと欲しくなる(笑)。だけどね、アロワナの仲間は、1メートルを超えるサイズになる。幅2メートル級の水槽がないと彼らには窮屈だ。しかも寿命が30~40年だっていうんじゃない。きゃー、長生きだなぁ。30年後にそんなでかいサイズの水槽を自分が掃除したり、水替えできるとは思えないので諦めるしかない。

子猫も食べちゃう(実際にそういう目撃もある)肉食性のアリゲーターガーパイクは、飼育下で2~3メートル、天然(川のような生態系)では4メートルにもなるそうな。しかも寿命は100年は当たり前に生きるんだって! 一説によると200年くらいも生きるって話しも(きょえー)。
そんなもの、ペットショップで普通に売っている方がおかしいんじゃないか。
みんな、わかって購入しているのか?? 
アリゲーターガーパイク以外にもガーの仲間は、ポピュラーに売られているよ。私でも何度もアクアショップやホームセンターで見たことあるもん。


……なんかね、犬猫の殺処分の問題と、おんなじだと思った。
いま、私、「犬を迎える前に読んでくれ」という本をひーひー言いながらまだ執筆中だけど、
犬も猫もおさかなもカメも、知識のない状態で飼う(買う)のは、本当に危険だ。
ショップは、売れりゃーいいんだから、マイナスな説明はカットしちゃうんだよ。

「人気がある種類なんですよ」←他人がどうであろうと、自分で飼いきれるかどうかはわからん。

「美しくて、レアな種類だから、なかなか入荷しませんよ。たまたま、いまいてよかったです。早く決めないと、いなくなりますよ」←そんな情報よりも、成体時の最大のサイズやそのために必要な設備や経費、寿命、なりやすい病気とその対処、など、もっと消費者に説明すべき情報を伝えたまえ。そういう情報をくれないお店は信用しちゃならん。

一緒じゃん、犬猫も、水生生物も。そりゃ一緒だよね、命のあるものなんだから。

はー、ほんとにもう。日本。このままじゃー、いかんぜよ。



……、と嘆いてばかりいても、何も変わりません。ので、私は原稿を頑張るとして、
もし「おさかなポスト」の活動に関心のある方は、どうぞ応援してください。
Yさんは、川が大好きで、水の生き物が大好きで、だからこういう「おさかなポスト」活動しているし(おさかなポストで集まったおさかなたちは、幼稚園や小学校、中学高校大学などの教育現場や老人ホームなどの公共性のある施設に無料で里親になってもらって、子どもたちの環境教育の教材として第2の人生を過ごします)、川遊びを楽しく安全に、危険を知った上で遊ぶための教室なども開いています。多摩川でもね、水難事故が起きている。そうなると遺族や周囲の人は多摩川を嫌いに、憎むようになってしまう。そうなって欲しくないんだって。
ごもっとも。生態系や命を守るためには、多面的な活動が必要なんだなぁと改めて感じます。

そんでもって、子どもや、うっかり大人でも(私のこと。苦笑)、金魚すくいや亀すくいをしたくなっても、そのあとどうするのか、ちゃんと考えたり、子どもに説明した上で判断しましょう。子どもにそういうことを伝えていくだけでも、10年後20年後の日本は変わっていくと思います(そう信じます)。平気で金魚をトイレに流せっていうお母さんは、子どもの教育方法を間違えていると私は思います。

金魚すくいも夏の風物詩だからね、私も全面的に反対しているわけではないの。私も水槽の数に余裕があるときは、マチュとやったりもする。とにかく、その後をどうするか、ちゃんと責任が持てるのか、考えて行動してほしいです。
また私は、子ども心に何度もミドリガメが欲しかったけど、一生カメを飽きずに大事にする力量が自分にはないと思っているから、ずっと我慢してます。友達も飼っているけど、カメも一緒に暮らすと意外と可愛いらしい(笑)。プレコという大型になる熱帯魚(ナマズの仲間)も大好きで欲しくて調べたけど、50センチとか1メートルになる種類もいるから、ぐっと我慢して、コリドラス(同じくナマズの仲間。どじょうに近いらしい。大型になるものでも10センチまで)に愛情を注ぐことにしてます(バド家に遊びに来た際には、うちの水槽を今度のぞいてみてね。いろいろな種類のコリちゃんがいるのよ)。

それにしても大きくなるお魚って、けっこう寿命が長いんだってね。犬より全然長い。はー、そういう点においては犬猫以上に、飼う前に熟考が必要だね。カメもね。亀は万年ですから(うそ)。
けど、いまはネットで簡単に、基本的なサイズや寿命などは調べることができるから、それでも大型のおさかなや長生きなカメさんが欲しい人は、よーく自分で調べてからにしましょう。

それと来たる10/17に、この「おさかなポスト」のYさんたちが主催する「親子釣り大会」が多摩川であります。ルー大柴さんも来るんだって(笑)。私は残念ながらすでに別のお約束があるので行かれませんが、関心のある方はぜひ参加してみてください。許可をいただいたので告知しまーす。

詳しくは続きで!

**********************************************

親子釣り大会

日にち:10月17日(日)小雨決行
場所 :多摩区稲田堤の河原(京王線鉄橋下流)
時間 :受付午前 8:30~9:00 (無料駐車場8時開場)
釣り時間:9~12時
参加費:無料。参加自由。ただし大人は漁協の「遊漁券」500円を当日お求めください。子どもは遊漁券は必要ないですが、子どもだけの参加はお父さんかお母さんに言ってから来てね。
持ち物:釣り具、魚の入れ物、エサなど(エサは当日販売もあり)。レンタル釣り具もあり。子どもはライフジャケットを必ず着用。レンタルライフジャケットもあります(子ども300円)

大物賞や多摩川紙芝居クイズ大会で賞品あります。
釣れた魚で多摩川水族館を作ります。
多摩川天然アユの塩焼きもあるんだって~~~♪(多摩川で食べられるアユが釣れるなんて、知らなかった!)

主催:川崎河川漁協協同組合管支部
協力:おさかなポストの会 ほか
お問い合わせ:044-933-3220 担当 山崎(13~19時)

15じい

バド爺は、10/17の別のイベントに向けて、赤外線治療とフィッシュコラーゲン(あ、おさかなつながり。笑)で体調を整え中。ウンチぽろりんはたまにあるけど、それ以外は普通に元気です。

コメント
この記事へのコメント
見たことあります。
私も、2度ほどテレビでおさかなポストの存在を見たことありますよ。
この数を個人でなさってるからすごいわね。
お祭りで手に入れるから罪の意識が低いんでしょうね。
生き物全般好きなので、飼ってみたい気持ちはあるのだけど・・。
水槽の水を替えるのってけっこう面倒くさいのよ。
実家の父が20年くらいランチュウを飼ってて毎週水を替えるのを見てたの。
それに、犬や猫よりも温度に敏感。
そういう意味では、繊細な人にしか管理できない生き物だと思います、魚や爬虫類って。
なので、アバウトな私は、犬と猫にとどめておきます。
あ、でもコツメカワウソも飼ってみたいなー。
2010/10/15(Fri) 15:36 | URL  | こぼずはうす #-[ 編集]
♪こぼずはうす様
うちも父が好きで、私は子どもの頃から海水魚もタコ(!)も、グッピーも、淡水のナマズの仲間の「ぎぎゅうちゃん」(彼のために私はミミズ牧場をつくりました)、&ニホンイモリ(アホみたいに繁殖してびっくりした)など、さんざん世話をしてきました。ああ、私ってばこういう子ども時代をしていたんだなと昨日改めて思い出しましたよ。
でも金魚さんやらんちゅうさんは(金魚すくい以外が)飼ったことなかった。らんちゅうさんもけっこうでかくなりますよね。
いまは、毎週水を換えなくていい、秘密兵器もあるんだよー(笑)。
おさかな設備もずいぶん進化しているようです。
繊細じゃなくたって、飼えるって(ガハハ)。
だから私は種類をよく選んでいるというのもありますが。

コツメカワウソ、可愛いよね。私は昔、モモンガにクラクラしたことがあります……でも、ワイルドを含むエキゾチックアニマルを飼うのは、いくらその個体が国内産の繁殖個体であっても大きな目で見ると流行ると密猟や密輸を助長する恐れがあるので、自分では禁止事項にしています。
病気になったときに、まだまだ未知なことも多いしね。鳥類もね。
獣医療的には、犬猫がいちばん安全パイだと思ってます。
2010/10/15(Fri) 15:54 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
No title
私も先日【おさかなポスト】を見ました。
すごい数のカメがいてビックリです。
幼稚園や小学校等に里親になってもらうのも
いいけれど、課外授業で、現実も見せてほしいなぁ~って思いました。
可愛い&珍しいだけで飼うと、こういう事になるんだよ・・・とね^^;

某公園の排水溝にもカメが住みついているようで
TVで放映してましたぁ~
繁殖力旺盛&長寿のカメさん、どうなってしまうんでしょうね?
カメに日本が侵略されるのも近いかも!?
2010/10/16(Sat) 15:52 | URL  | みゅう #wRPL.Sus[ 編集]
♪みゅう様
お久しぶりです~。犬ちゃんずも元気ですか?
そうですね、社会科見学というか課外授業で、ぜひ子どもたちにもこの現場を見てもらいたいものです。
川崎のこの付近の小学校はよくご理解いただいているようですが、多摩川の対岸の東京都の子どもにもぜひ見てもらいたい。
ここね、近所の小学生が、魚に会いに来るんだって。
例のいちばん最初の金魚持って泣いてた子も(いい話しだ~)。

某公園の排水溝? ミシシッピアカミミガメかしら。自然繁殖してたらやばいよね。
ワニガメとかガーパイクとか肉食性のものは、子どもの指や腕くらい食いちぎれるから、ほんとね、無責任なことはやめるよう、子どもも(大人も)教育をしなおすというかそういう世論にしていきたいです。
2010/10/16(Sat) 16:54 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
おさかなポストデス
寒くなってきて水槽にヒーターが必要になる季節になると。ポストに入れられる魚が増えます。
面倒だしお金もかかるなんでしょうね。
寒くなると24時間200ワットのヒーターが30本ほど入ったままです。
水槽の置いてあるフロアのブレーカーは50アンペアですが、それも時々落ちます・・・・
電気代が来年の6月まで2ケタ万円は厳しいですね。
2010/10/31(Sun) 11:06 | URL  | やまちゃんです #-[ 編集]
♪やまちゃん様
私がお電話する前にコメントしてくださってたんですね!
すいません、最新記事のコメントしかチェックしておりませんでした。
原稿お待たせしてすいません。
いま書きます! よろしくお願いいたします。
2010/11/07(Sun) 13:46 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可