クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
骨髄バンクドナー登録
2010年10月06日 (水) | 編集 |
金~土曜にキャンプに行って、翌日日曜、マチュは朝からボーイスカウトの活動日(タフだね~)。
新宿駅前で社会奉仕活動をするという。じゃ、散歩がてら応援に行こう。

6ちゃり
メル、パパチャリカゴに乗り、代々木駅前通過

初めてチャリカゴに乗せてみた。どうせすぐサイズ的にできなくなるんだから無理して教えるつもりはなかったが、なぜか乗るのをすぐに習得。全然飛び降りようともしない(よい子は真似しないように)。メル、環境適応能力ありすぎというか、チビのくせに自分にメリットのあることをすぐに理解しすぎ。

6骨髄バンク

マチュたちの社会奉仕活動、本日は骨髄バンク。よっ、頑張ってるね。

6募金活動1
クパのうしろ、緑のベレー帽がボーイスカウトの制服姿のマチュ

メルクパが応援に来て、マチュ嬉しそう。メルもマチュとこんなとこで再会できて大喜び(可愛い)。

6募金活動2
メル、世界1のターミナル駅(新宿駅)前に参上!

メルはすんごい人ごみを前にしても平常心。チキン野郎のクパの方が少しドキドキしてたかな(ま、犬として無理もないが)(過酷な社会化トレーニングと思いたまえ)。
それにしても前日の八ヶ岳のひとけのない林道とは正反対の環境ですな。

さて。前々から私もドナー登録しようと思っていたので、これを機に夫婦揃って登録。
ドナーになるには年齢・体重制限や既往症の制限があるが、大丈夫だった(これで断られたらかっこ悪い。笑)。それにしても骨髄液をとるときは腰骨に打つんだってね。脊髄に打つわけじゃないのね。脊椎には神経がいっぱいあるから大丈夫なのかと思ってたけど、腰骨と聞き、納得。でもそのせいか椎間板ヘルニアの手術経験者はドナーになれないそうな。それと全身麻酔をドナーもするので、麻酔に弱い人もNG。

パンフによると現在のドナー登録者数は13万人ちょい。でもその中でいままで骨髄移植できた人は1万人ちょい。年間2000人の人が骨髄移植を希望しているというのに、いかにマッチングが難しいかがわかる。血液型は4タイプだけど、骨髄は数万通りもあるんだって。大変だ。
それに今回初めて知ったのは、骨髄バンクは日赤ではなくて、骨髄移植推進財団というところが主たる組織ということ。ただ採血やデータの管理は日赤がしているそうだ。ふぅん。2つの組織が協力してやっているのか。ともすれば、情報や活動の一元化をした方が効率が良さそうな気がするけど、まだまだ発展途上のシステムなのかもしれないなぁ。
それと、もし私の骨髄がマッチングした人がいたとしても、移植には全身麻酔があるのでリスクがある。だからコーディネーターは慎重に事を進めるそうだ。日本では死亡例はないそうだけどね。また移植の際には私も4日ほど入院しないといけないんだって。そうかぁ、会社員の人にはちょっと厳しいかもしれないね。一部の公務員の中には骨髄移植のための特別休暇を認めているらしいけど、そういうのが民間企業にも広まるといいね。
ちなみに骨髄バンクのドナー登録に関心のある方はこちらをどうぞ。
私は献血とか意外とこういうのに抵抗ないけど(臓器移植のドナーはトールとマチュにまだ反対されている)、骨髄バンクのドナー登録を本気でしようと思ったのは、やはりパチやタビィの闘病の経験からだと思うんだ。たぶんトールもそうだと思うなぁ。

登録はわりと簡単でした。ドナーになれる条件を満たしているか確認され、ドナー登録の流れや実際に移植の際の流れの説明を受ける。ものの数分。そのあと登録の際に血液2mlをとる。
日赤の移動献血カーに乗る必要があるが、犬は入れないので(当然)、トールと交代で献血カーに乗ることに。

6採血町

新宿東口の広場にて待つ中・大型犬2頭。相変わらず新宿は犬の似合わない街。犬が新宿とは無縁というか。

6採血待ち2

しかし、献血カーの中から覗くと、トールさんと犬の周りに人だかりが。人が多いときにはトールと犬が外側から見えないほどになっていた。なんでそんなに犬がめずらしいのやら。最終的には若い女子に囲まれている。メルとトールは嬉しそう(笑)。クパは、私がいなくて気もそぞろ(爆)。

その頃、アルタのとなりのブロックでぼや騒ぎがあり、煙モクモクに。消防車がけたたましくやってきた。でもメルは平常心(笑)。素晴らしい。社会化ばっちりになれそうだ。

6駅前1

採血に時間がかかった(ほかに献血の人もいたので。そういう方たちは400mlとるから、その間待たされた)けど、ようやく2人とも手続き終了となりまして、マチュを待つ間、少し歩行者天国を歩く。

6アルタ前
メル、アルタ前でにーちゃんにからむのはやめなさい

6駅前2
だからメル、にーちゃんの背中に乗ろうとするのはやめなさいってば。
にーちゃんは平常心を保つのに必死なんだから(笑)


そんな感じの新宿散歩でした。でも排泄する場所がないので、早々に退散した。
そんで一応メルも、メルなりに気疲れしたらしい。

6つかれた
“さ、早くクルマをだしてちょうだい”

態度でかっ。

コメント
この記事へのコメント
ドナーカード
持ってます。
お財布に入れています。
でも、骨髄バンクには登録していません。
仕事を4日も休むことができないからです。

業務連絡:メールします!とありましたが
送りました?
私の新しいメールソフトは勝手に「迷惑メール」に入れちゃったりするから
どうかしら、と思ったもので。
2010/10/06(Wed) 21:29 | URL  | こぼずはうす #-[ 編集]
♪こぼずはうす様
臓器移植のドナーカード?
うん、私も近々。
骨髄バンクは、そうかぁ、先生は3泊4日(これが最短。もし何か体調不良があったらもっと長くなる可能性もあり)も休めないね。私のようなヤクザな仕事以外の働き者は、なかなか難しいものだと今回わかりました。
あ、先生は、仕事もそうだけど、ケリー様も許してくれないね(爆)。

業務連絡:さっきメールしました!
2010/10/07(Thu) 14:33 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
チャレンジャーですね!
アルタ前にクーパーとメルちゃんが(笑)
新宿でこんな図は「レスキューのご協力」の募金活動でしか見たことありません。さすがです。
ニューハーフのお姉さま方に騒がれませんでした?ニライカナイは「アチシ!こういう犬大好きなのっ」と喜ばれます。
いつか、歩行者天国を大きな犬を連れて気軽に歩ける時代が来るといいなぁと思います。
2010/10/08(Fri) 09:01 | URL  | ニライママ #srORX40g[ 編集]
♪ニライママ様
あはは、チャレンジャーですか? 私はけっこうどこでも平気で連れて行くタイプ。よそ様に迷惑さえかけなければ、「人間いるところ犬あり」という価値観を、日本でも当たり前にしてやろーと目論んでおります(笑)。
ただ新宿は地面がすべてコンクリートとアスファルトで固められているから、排泄ができないので、早めに退散ですけどね。
ニューハーフさんはブリタニー好きなのね!(笑!)
クパとメルは、若いお姉さんに人気者でしたよ。オットは通常若いお姉さんに話しかけられたり、群がられることはないので(爆)、役得でしょーな(アハハ)。
2010/10/08(Fri) 12:10 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可