クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
獣医学会とメルこぶ事件
2010年09月21日 (火) | 編集 |
3連休のうち土日は、赤坂見附のホテルでの大きな獣医学会にプレスで参加してきました。

21学会

興味深い講演もいっぱいあるうえに、知っている先生にご挨拶などで全然時間が足りないよ~。
土曜日は、午前中は呼び戻しのトレーニングの講演をしっかり聴いて、ランチは市民講座を聴きに来ていたザイオンママとランチして、午後はパチがお世話になった名古屋の先生と、公私にわたるお話し(クーパーのトレーニングのことも含む。涙)(それとバド爺のQOLについて、などなど)をいっぱいできた。喫茶店で3時間半は喋ってた。とっても多忙な方なのに私のためにお時間を割いていただいて(涙)。こういう雑談的な会話の中から、原稿になるヒントがいっぱいあるんです。ほら、獣医さんにとっては当たり前の知識でも、一般飼い主にとっては未知な領域がいっぱいあるわけで。ネタの宝庫です。また獣医さんから見れば、私と喋ると「飼い主さんはそういう感覚なのかぁ」と気がついてくれることもあるようで。私の原稿が、獣医さんと一般飼い主をつなぐ橋になれたら嬉しいなと思って頑張る所存。

日曜は、ドイツの獣医さんのK子さんの「ドイツの動物保護事情」の講演を応援がてら(笑)いちばん前の席で聴く。お仕事でお世話になっているニフティさんの方ともご挨拶できた。そうそう、K子さんの動物保護に関する講演は来たる23日(祝)にもニフティさん主催のイベントで聴くことができます。お台場のおとなり、青梅駅、ビーナスフォートの横です。もう応募は締め切っているけど、もしも「いきた~い!」という方がいれば今日明日中(明日は午後の早い時間までにお願いね)に私にご一報ください。まだ多少の空きはあるみたいなので直接頼んでみるよ。動物愛護の問題に関心のある方はぜひ。もちろん私も参加します。

午後は、たまたまお会いできた半分犬友達兼ボーイスカウト仲間のS先生とM先生とくっついていたら、たくさんの獣医さんを紹介していただいた。今後の取材対象になりそうな獣医さんといっぱい名刺交換できて、嬉しい。ありがとーございました♪
それから夕方から2時間、S先生たちと一緒に獣医さん向けの神経学の講演をがっちり拝聴。反射や反応の見方をビデオで見て、非常に興味深かった。勉強になる。
でもかたや、私のような一般市民がこういう臨床例をいっぱい見るとね、犬や猫にもさまざまな重篤な病気があるんだなーと必要以上に実感し、ちょっと怖くなる。こんなのをいっぱい知れば知るほど、犬猫と暮らすのをためらいたくなるなる気持ちが少しわかってくる気がします。
でも反対に、家に帰って、バドは本当に長生きで、病気も少なくて、15歳10か月だというのにちゃんと普通に生活してて、えらいなぁ、ありがたいなぁ、と思い、よけいにバドが愛しくなったりもした。


さて。昨日の祝日はやっと私もお休みで、前々から予定していたメルちゃん代々木公園デビュー!

21問題の柱

なんだけど、その様子はまたあとでするとします。
というのも、公園内ではたと気がつくと、メルちゃんの頭にでっかいコブができてたっ!!

歩いていく前(玄関で首輪をつけたとき)には、なかったのに!
人間がハンバーガーを食べるときに、クパと同じ柱につないだんだけど、その頃、クパが小型犬を見るたびに吠えまくっていたので、その反動でメルちゃんが頭をぶつけたか!?
でも頭のてっぺんすぎ。そんなとこぶつけるかな。じゃ、ハチか!?

幸か不幸か、去年クパ坊主も同じような首の腫瘤事件を起こしたので、今回は冷静な私。
でも心配。あああ、可愛いメルちゃんにもしものことがあったらどうしよう。
なんで、うちの子犬は、すぐコブをつくってしまうのでしょう。飼い主(管理者)が大雑把だからでしょうか。

21めるこ1

わかる? 耳と耳の間。ピンポン玉くらいのコブ。
中はぷにょぷにょ。血液か? しこりっぽくはない。触っても痛がらない。
短時間でふくらんで、一定の大きさになってからはそれ以上は大きくはなってない。
でも今朝になってもまだ小さくもなってない(涙)。

21めるこ

うえーん。大丈夫か。
でも、食欲も元気もいつもどおり。脳髄液とかが漏れていたら大変だけど、そんな大変なことだったら、全身症状が出ているはずだから、いまは様子を見ている。病院で、注射で液体を抜かれることがいいことかどうかわからない(前回クパの一件ではお医者さんにより意見が分かれていた)ので、いまは様子見。もし、メルの具合や行動がおかしくなったらすぐ病院に行く。日曜に聴いた神経学の話がすでに役に立つ私(泣)。

メルの実家ともいまお電話でお話しできた。ボクサーの子犬はよくたんこぶをつくるらしい(笑)。
ただのたんこぶでありますよう。

ちょっとメルが七福神さんのように見える。
頭のなが~い仙人みたいな方、いるじゃないですか。ちょい似てます。ちょい笑えます。
笑い事じゃないんだけど……ううう。早くこぶがひきますように。

コメント
この記事へのコメント
おっきな瘤ですね、、
子犬ってなんでよく瘤作ったりするんでしょう。モニカも5ヶ月くらいの時、首の後ろにぶよぶよしたピンポン球大のコブをこさえて、ちょうど首輪やハーネスとかがあたるので、困ったことがありました。獣医師と相談の上、何もしないで様子見になりました。
いつの間にやら、消えましたけれど、あれは何だったのだろうか?未だに謎のままです。
メルちゃんのも、そんな風に消えてなくなるといいですね。

、、ああ、私もK子様を一目見たかった、、、
2010/09/21(Tue) 16:27 | URL  | Andy mama #4nlmMOLw[ 編集]
♪あんもにまま様
モニカもこぶ、つくりましたか!
そうそうぷよぷよしたピンポン球。
クパもいつのまにか数日で消えました。
おそらく血管が切れて、内出血して、たまったもの。とのこと。
数日間かけて血を体内が吸収してくれるらしい。
犬は、人間より噛まれたときに対応できるように皮膚に余裕があるから、たんこぶよりも大きなピンポン球になるのかしら……モニカもおきゃんな娘だからなぁ。でもモニカもやったと聞き、少し勇気がでた。
とにかくメルもただのそういう簡単なヤツでありますよう。祈ってやってください。

ああ、ここにもK様ファンが(笑)。伝えておくね。
私もいよいよやばいです。が、このようにこの季節はイベントが多く、書く日も足りないっ!
でも浅草橋には行くよー!!(DMありがとねー)。 会期中はすっと画廊にいる?
2010/09/21(Tue) 16:48 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
もしかして
S先生とM先生は私の友人かな?
そこにもうひとりK先生(女子)がいなかった?
ケリーがねー、お留守番できれば・・・。(遠い目)
彼女が元気なうちは、当分お出かけはできないと
覚悟の私です。

たんこぶねー。
ケリーも激しく動き回る犬だったけど、瘤はできなかったなー。
2010/09/21(Tue) 18:32 | URL  | こぼずはうす #-[ 編集]
祝公園デビュー!と思いきや、ありゃま!大きいですね。愚娘はコブは今のところ経験ない(小さくて気づかなかっただけかも)けれど、脂肪種(1cmぐらい)は背中にあります。クパの首の瘤もたしか…柔らかい感じでしたよね。同じなのかしら…それなら自然消滅ですかね。だといいな。心配…。

2010/09/21(Tue) 19:45 | URL  | mari #-[ 編集]
ご心配おかけしております
♪こぼずはうす様
正解! 
S先生はダックスさんち、M先生はスプリンガーさんちです(笑)。
ケリーのおかげで、赤坂の片隅で
いろいろ名刺交換することができました。
ケリーよ、ありがとう。
先生、遠い目なんかしないで(爆)。
またケリーと羽田に降臨してください。
たんこぶをつくらない犬なら安心してお迎えできます(笑)。


♪mari様
ビーちゃんはたんこぶはつくらなかったですか。
ああ、やっぱりシライシ家の子になると
激しく遊びすぎるのかしら、うっうっ。
早く自然消滅しますように。
2010/09/22(Wed) 12:43 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可