クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
絶体絶命キーロック事件!!
2010年09月10日 (金) | 編集 |
昨日は、11月に公開される盲導犬の映画「パートナーズ」主演の若手俳優さんを、恵比寿のスタジオでインタビュー。子どもの頃から犬と暮らしていただけあって、営業用ではなくほんとに犬が好きなんだなと思える好青年でした。

**************************************

そんなこんなでなんだか本以外のお仕事も増えて来ちゃったわけですが、そんなおととい、台風の日に、人生最大のピンチがありました(号泣~~~~~っ)。

夕方4時頃、台風なので、小学校そばの友達の家で待機させていたマチュをピックし、予定どおり、メルちゃんを初めてホームドクターに連れて行き、ワクチンをしてもらおうと、クルマで出かけることに。
でもメルだけ連れて外出したら、もしもクパが「なんでオレは留守番なんだー!不本意だー!」と鳴いたらいかんと思いまして、雨も小降りだから帰りに軽く散歩でもしてやろうと、クパも同伴することに。うちの車庫は狭いので、クルマを車庫からだしてから自宅前で、いったん止まり、クパをラゲッジのバリケンに積むのが習慣です。

だから、メルをクルマに乗せて(まだケージを積んでいないし、マチュもいない。これが最大の敗因)
→クルマを車庫から出し、いったん停止し、助手席から降りようとすると
→メルが一緒に付いて降りようとするので「だめだよ」とドアを閉めた(これも最悪の原因)(いつもは私はドアを開けっ放しで、クパを乗せる。エンジンかかってキーが付いている状態でクルマから降りるのは、基本的にやってはならんことなので、ドアは開けっ放しというのが習慣だった)
→クパをいつもどおりにラゲッジに乗せた
→お向かいさんの新築工事中のおじさんに「クルマ出しますので、トラック動かしてくださ~い」と言って、クルマに乗ろうとした瞬間の2~3秒前に

→「シャキーン」という耳慣れた音がした
  笑顔のメルが、後ろ肢で立って、ドアキーのつまみを前足で押してしまった!!!!!!
  つまり、完全ドアロック状態!!!!

→頭の中がパニックになる。ああああ、どうしよう、どうしよう

→しかも、しかも、お家のカギ(クルマのスペアキー付き)、携帯、サイフも、全部助手席に置いたバッグの中に入ってるじゃないか!!!!! なんたること! 手も足も出ない!
脳味噌破裂寸前。私は、クルマの免許とって20数年、自分でキーロック初めてです。しかも家にも入れない、携帯もないから電話もかけられない、サイフもないから公衆電話にも行けない。ガーーーーーーーーン。誰に助けを求めればいいんだっ!? どうすればいいんだっ!??!

→しかも、メルは助手席、クパはラゲッジ。暑さに弱い短頭種の子犬が車内に取り残しだなんて! まだエアコンはつけていなくて送風表示。クパも、ラゲッジの狭めのバリケンの中。犬が、犬がぁぁぁぁ。
「あはは、あは。まま、なにしてんの。早くきてよ」と可愛い笑顔で車内からこちらを見上げるメルちゃん。押すのはできるけど、つまむのは犬は無理だよね(涙)。そんな奇跡以下のことを願っても無駄だ。助手席の窓ガラスを(クパチャリ用ステンレス製の金棒ドッグランナーで)割ってやろうかと、一瞬頭をよぎる。いや、いかん、冷静になろう。

→お向かいの工事のおじちゃんたちが「昔のクルマならこのすきまに金尺入れれば開いたんだけどね~、最近のクルマはだめだね~」と心配してくれるも、「犬がやっちゃったのぉ、ああ、あはは」というリアクション。だめだ、この人たちは救ってくれるつもりはなさそうだ。「そういうわけでいまはクルマを出せないので、トラックを元の位置に戻してもいいですよ」と伝える。(なんで、そういうことだけ冷静なんだ、私っ)。

→そうだ、仲良しお隣さんに助けてもらうしかない!! 奥さん、おうちにいますように!!
ピンポーン。
幸い、お隣さんはいて、調べてJAFを呼んでくれた。しかし、JAF曰く「50分くらい待ってて」とのこと。頼みますぅ、一刻も早く来てください~、犬が中にいるし、エンジンかけたままだし、ガソリンももうじきなくなるかもー!と懇願した。お隣さんもキャバリアの飼い主さんなので、うちの犬のことを心配してくれて、台風のあとの小雨の中、一緒にクルマに付いていてくれた。またお隣さんの携帯のアドレス帳にはトールの電話番号も登録してあったから、トール経由でマチュにも連絡が取れた。持つべきものは遠くの親戚より近くの友人(涙)。ご近所付き合いの大切さ、ありがたさを痛感する。

恐らく50分もかからぬ時間で、JAFのクルマが到着。
そして特殊な形のピンセットのようなものを鍵穴に差し込み、ちょいちょいと、ほんの数秒で解錠!!!!
あああああ、ありがとうございますぅ。ドアも窓もハッチも全開にして、犬を外に出す。犬は「どーしたん?」という感じで、心身共にダメージは受けてない。ああ、よかったよかった。
JAFのお兄さんが神様に見えた。

ついいつもの取材癖でお兄さんに聞いたところ、「子ども(日本語のわからぬ乳幼児)と犬によるキーロックは多いですよ」とのこと。またキーロック&バッテリー上がりはお兄さんだけで1日15件くらい担当するそうな。30分かそこらごとに、今日も都内(港区・渋谷区周辺?)で私のようにキーロックで大ピンチになっている人がいるのねぇ(涙)。


大反省で消耗しまくりました。
今までバドやクパでは起こりえなかったのは、大型犬は二本足で窓をのぞき込まなくても(足をロックの位置にかけなくても)外が見られるので、こういう事件にならなかっただけなんですね。大型犬でももちろんたまたま前肢をかけたり、鼻で押したりすることもないとはいえません。それと小型犬飼い主さんは、ほんと十分注意してくださいませね。私のアホな失敗をもとに、みなさまはこんな事件になりませんよう。スペアキーを入れたバッグを車内に先に入れてもいけませぬ。肌身離さず持っていないと(苦笑)。

でも、台風の日で涼しい日だったのは幸いでした。それまでの34℃とかの日々だったら、30~50分(焦りのあまり時間の感覚なし)も車内に犬を閉じこめていたら熱中症間違いなし。可愛いメルやクパが死んじゃう。マジで私は窓ガラスを割ってたに違いない(つむじちゃんかカイパパへ質問。206SWの助手席の窓ガラスはいくらくらいするのかね~? あ、割るなら後部座席の窓ガラスの方がまだ安いかな。今後のために知っておきたい。笑……もう二度とキーロックはしたくないけどねっ!)

だけど、JAF代12500円は痛かった(泣)。高いワクチン代となっちまいました。

**********************************************************

そして私は心にキズを負ったまま、気を取り直し、マチュをそのまますぐお迎えに行き、動物病院の予定をこなしました。ついでに予定外で、クパも同じ8種混合ワクチンを打っちゃうことに。クパとメルはお誕生日が1日違いだから、ワクチン打つのは同タイミングにしていた方が、来年も忘れにくいでしょうからね。

10ワクチン

メルはとってもいい子。まったく動揺せず。先生にも誉められました。
体重9.1kg。お、ちゃくちゃくとでかくなってるな。簡単な問診と身体チェックで見る限りですが、心音等もまったく問題なく、健康とのこと。よかったよかった、熱中症で担ぎ込むことにならんで(涙)(いちいち心が痛い私)。

クパは、体重27kg。あれ、思ったより大きくならないなぁ。もうこれで成長はストップなのかしら。ともあれ、久しぶりのホームドクター(足の腫瘍ぶり)。クパがこの世でいちばんびびる場所は、H先生の病院です(爆)。クーパーってば、H先生はいい先生だってばぁ。そのマイナスなイメージをなんとか払拭させたいものだ。

夜は、今日はなるべく安静にだって。
台風の日でちょうどよかったとも言う。

10ワクチン後

ワクチン後の副作用もなく、いたって普通。食欲もウンチも問題なし。
さー、これでワクチンが定着したら、メルはいよいよお散歩デビューです。これまた忙しい日々になりそうです。

絶体絶命の日というのは、そうそう人生で何回もありませんが、
水曜日は本当に、稀に見る人生最大ピンチの日でありました。
無事に1日が終了して、よかったです。さあ、明日からも頑張ろう(涙)。

コメント
この記事へのコメント
なんとまぁ!バド吉さんらしからぬ、と思いきや、真犯人はメル嬢ということなら納得です。いや~、さぞ焦られたことでしょう。昨日は久々涼しかったからまだ良かったですね~。JAFのお兄さんが神様に見えたって、分かる分かる!何より、犬的被害がなく(財布には痛いけど)て良かったです。メル嬢には要注意!

メルたん、病院大丈夫でしょ?ビー(前のボクサーも)も全然平気でした。一時期はビーを診察台にのせると、ジュリアナのお立ち台状態になったので・・・焦りました。ワクチン済んだら、メルたん、拙宅にも遊びにいらっしゃいまし~。

いくらバド吉さんだって、焦ったり、凹んだりすることも日々あろうかと思いますが、立ち直って元気をお出しくださいまし!
2010/09/10(Fri) 18:01 | URL  | mari #-[ 編集]
あはは・・・・・
私の車はファンカーゴなんで、犬は運転席側に来ることができません。
だからロックしてもせいぜい後部座席側。
それでも、犬を出し入れしたりするときはキーはポケットに入れておきます。
実は、ケリーがまだ弾けてた頃、留守番を頼んだスタッフが散歩に連れ出そうとしてくれたときに
興奮したケリーが体でドアーを閉めてしまい
安全装置の万全なドイツ車はそこでドアーをロックしてしまいましたとさ。
鞄は車の中でしたが、幸いなことにケリーは車の外でしたし、お隣が車屋さんでしたから状況はちょっと違いますが・・。
今でもそのスタッフにさんざん文句言われます。
「ケリーのせいだ」と。

インナーロックは、駐車場内でもよくありますよ。
皆さん、気を付けてくださいねー。
2010/09/10(Fri) 18:27 | URL  | こぼずはうす #-[ 編集]
いやはや……
♪mari様
ほんとにもう、死ぬほど焦った、とはこのことですね。
さてメルぽんは、まったく診察台の上でも平常心で、
床に置かれても触り放題で、
ちょっと先生の心も鷲掴みにしている風でした(笑)。
ボクサーは、素晴らしい犬種ですな。環境適応能力の高さ、これが警察犬の条件のひとつなのかもしれないですね。
しかし、ニコニコ顔で、次から次へとやらかしてくれるのもなんともはや。
ま、クパの便器壊れ事件よりは経済的損失は低かったけど(ガハハ)。
子犬との暮らしって、今までの慣れとか通説が通じないんだよね。
勉強になるわ、えーいネタにしてやるっ!
ビーちゃんちにもうじき遊びに行きます。
いざというときは(またカギも携帯もサイフもないときは)
mariさんちまで歩いていきます(涙涙)。そのときは助けてね。


♪こぼずはうす様
あはは、って、ああ、まぁアハハしかないんですけど。
翌朝、クパ散歩でちょうど玄関でようとしたら、
「昨日、犬がクルマをロックちゃったんだよ~、知ってるぅ?」
「えー、犬がぁ。ワッハッハ~」という大工さんの複数の大笑い声が聞こえて、恥ずかしくて玄関を出られなくなりました。
人の不幸を笑いものにしやがって~と思いつつ、
でもお茶目に助手席に子犬がニコニコしている姿を見たら、
そりゃ物珍しくも愛らしく、笑えるシーンだろーなーと思う。
今度うちのクルマもニューヨークのイエローキャブのように透明なポリカーボネート板で、ファンカーゴのように前に来られないようにしてやりたいぐらいよっ。
でもケリーもやったんかい(爆)。ちょっと心が救われました。
ケリーは前肢のイタズラではないみたいだけどね。
犬と暮らすと、想定外のアクシデントに遭遇するもんですね。
それもまた、楽し。だいっ!(負け惜しみ?)
2010/09/10(Fri) 20:45 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
私が同じ状況になったら必ず割りますね。
一番安そうなリヤウインドーね。(爆)
前にも書いたけど206はドアのアクチュエーターが誤作動起してロックされたり逆に閉まらなくなったりのトラブルが良くあるそうなので気をつけて下さい。私も一度ロックが掛かってしまい難儀したので、それ以来遠出のときにはスペア持って行きます。
犬を車に乗せるときはキャリーやケージに入れて乗せれば、こんな事にはなりません。

クパ27kgですか、とうとうカイの体重抜かれてしまった。
2010/09/10(Fri) 22:03 | URL  | カイパパ #-[ 編集]
カイパパ様
やっぱり割りますか(笑)。カイパパなら割りそう(爆)。
愛するカイちゃんのため何の躊躇もなく割りそうだ。
SWもリアウィンドウが安いかな。オープンする仕様だよ。ドキドキ。リアシートの方が安いのでは(何を私たちは本気で相談しているのでしょう。笑)。
でも誤作動もあるのか! そりゃ怖いです。
スペアキーは肌身離さずですね。寅さんの成田山の御守りのように首から下げないとだめかしら(ため息)。
ケージ作戦は、バド爺がのびのびで寝るので、
ただいまジョジョのような縦型のメッシュケージを物色中です。ふぅ。
え、カイちゃんは27キロ未満なの~?
毛があるから大きく見えました。
2010/09/10(Fri) 23:08 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
かっぱ様
ご指摘の趣旨がわからないので
削除させていただきました。
私の知人の中傷を
なぜ私のブログで展開するのかわかりません。
フェアじゃないことはやめましょうね。
また自分が正しいと思うのなら、
匿名ではなく、自分の連絡先を明かして、
ご本人にちゃんとお伝えすればいいのでは?
匿名の批判は単なる誹謗中傷で、自己満足でしかありません。
もしあなたも犬が好きな人なのであれば
犬の好きな者同士、敵対するのはやめて、
ポジティブな考え方に切り替えていただければ嬉しいです。
2010/09/10(Fri) 23:24 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
なんてタイムリー(^_^;)
ばど吉さんも大変でしたね!だけどメルちゃんもクーパー君にも何事もなくて良かった♪
実は同じ日に、場所は違えども札幌で同じ事態が発生しておりました(苦笑)

兄の家のトイプーがキーロック!犬を預けに行くついでにゴミを捨てにゴミステーションに行き捨てたその時、ガチャン!

トイプーはヤッホー!シッポフリフリ♪早く遊びに行きましょう~って顔で兄の顔を見てたそうで(^_^;)

同じくスペアキーを持ってなく、保険屋さんに電話して開けてもらいました。

この日の札幌は22℃くらいで涼しかったから熱中症にはなりませんでしたけど、焦りました!

ちなみに私も経験あります(>_<)犬が、じゃなくて、自分でキーロックかけちゃった(おバカ)

しかも、遠出してた田舎のど真ん中で(;∇;)/~~

皆にひんしゅくかいまくりでした(>_<)
2010/09/11(Sat) 00:36 | URL  | リッピママ #-[ 編集]
リッピママ様
えええー札幌でも同日に!!
なんとまぁ、奇遇。
お兄様も災難でしたね。お気持ち、痛いほどわかりますよ。
>トイプーはヤッホー!シッポフリフリ♪早く遊びに行きましょう~って顔で
わかる、わかる、わかる~~~~っ。
メルもほんとその顔でした(涙)。
私もあとから考えると、保険屋に電話すべきだったのですが
当時はそんなことは微塵も思い出しませんでした。
やはり車内は犬はケージに入れる、が鉄則ですね。&スペアキーは、カバンに入れただけで安心しないこと。
ほんと教訓にします~。
2010/09/13(Mon) 13:56 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可