Article page

by
  • Comment:4

今日は晴れた。たまりまくった洗濯物をやっとした。
クパも午前中、新宿中央<ホームレス>公園をチャリで走った。
噴水に入れたくなるほどの暑さ。

バドは昨日夜、寝ながらウンコをしてしまった。
起き上がりのときや足が滑ったときについうっかりこぼれるウンコには最近そうは驚かないが、寝ウンコはちょっと悲しい。何の力も加わらないのに出てしまうというのは、排泄コントロールがどんどんできなくなっている証拠だから。

ちょっと心配になる。夜中にちゃんと呼吸をしているか、つい何度も確認しちゃったりして。

バド、メルちゃんがもうすぐ来るんだから、まだ死んじゃだめだぞ。
じーちゃんだからこそメルちゃんに教えられる犬のルールもあるんだから。
じーちゃんだって、若い娘が来たら、きっと脳がまた活性するから。

「頑張れ」ってこの年の犬に言ってはいけないのかもしれないけど、もう少し頑張ってほしい。

14あついね

でも脳味噌はちゃんと働いている。
リビングが暑くなってきたら、3階の仕事部屋にあげろ、そして冷房を付けろ、という要求をちゃんとして、涼しくなると爆睡する。
目がちょっと開いている。瞬膜だけ閉じてる? 目玉は乾燥しないの? 最近、じーちゃんになるにつれ、まぶたをちゃんと閉じてないことが増えた。年取るといろんなところの締まりが悪くなるのだろうか? よくオナラもするしね(若犬のクパもオナラ小僧だけどさ)。

14目

体じゅうに黒や皮膚のピンク色したイボも増えた。黒いのはいつもダニかと間違え、つい退治したくなる(笑)。
足先には直径1センチほどの腫瘤もある。
でも、いまからバドがガンになったとしても、もう治療の術はほとんどない。もう全身麻酔はできないって。つまり摘出手術も放射線治療もできない。化学療法(内服薬)はできるのかもしれないけど……先生も苦笑いしていたから、もうそこまではしても無駄なのかも。だから組織検査もしていない。まぁ、急激に大きくはなっていないので、ただのじーさんイボかもしれない。

14爆睡

いまは湿度のせいか、立ち上がるのにも補助が必要。まぁ、歩き出すと、靴のおかげもあり、わりとちゃんと歩けるのが救いだ。

だけど……心臓薬をいくら増やしても、ほかの臓器(オシッコの切れも悪い)や四肢の関節の機能がすっかり低下し、脊椎関係の麻痺ももっと悪くなるのなら、寝たきりで過ごすのははたして犬として幸せなのか、わからない。
心臓だけが動いていても、QOL(人生のクオリティー、命のクオリティー)的にはどうなのか。

バドを見ていると、そんなことが頭をよぎってしまう。

ま、いまバドは気持ちよさそうに寝ているから、良しとしよう。今日1日1日を気持ちよく生きていこう。

ついでにクパもかなり気持ちよさそうだ(笑)。

14クパ

私のパソコン椅子の下にへばりついて寝ています。おまえはいつも幸せそうだねぇ。

************

昨日、天気予報で言ってたけど、梅雨の終わりは全般的に大雨になるんだって。
とくに西日本はいま大雨で大変そうですが、みなさん、ご自愛くださいませ。
そして梅雨が終わると、急に暑くなるんだって。毎日30℃以上になるらしい。それもコワイ。洗濯がいつでもできるのは、オシッコウンコ垂れのじーちゃんのいるうちにとっては助かるけど、暑すぎるのも心配。じーちゃんの心臓も心配だし、エネルギー有り余っているわりには暑さに弱いクーパーにとっても運動のさじ加減が難しくて。

まだ夏本番にもなっていないのに、涼しい秋が待ち遠しいバドんちです。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 4

mari  

「QOL」…とても難しいですね。人から話を聞くだけでも、想像するだけでも難しくて辛い問題ですから、バド吉さんは本当にいろいろなことを考えるんだろうな。でも、バドの体の細胞は今日、今、生きている。「メルちゃん来るから待ってて」というのは人間の理屈かもしれないけし、「頑張って!」とも言いづらい時もあるのでしょうね。運命はきっと神様のみぞ知る、あとはただ従うのみ…なのでしょうか。。。生意気を言いました。バド吉さん、夏バテしないようにして下さいね~。

2010/07/14 (Wed) 20:28 | EDIT | REPLY |   
こぼずはうす  
わかるわぁ。

実家の老プードルは、何か訴えたいことがあると
右旋回でグルグル~~・・。
背中も丸くなり、痩せて、目も真っ白・・。
それでも、飼い主の妹が仕事から帰ってくると必死で喜びを
表現する姿はもう切なくなります。ウルウル。
「がんばって生きろ」とはとてもいえない姿ですが
眠ってる時に息をしているかチェックしてしまいます。

2010/07/14 (Wed) 22:06 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
やれることをやっていきます

♪mari様
はい、夜中にふつふつとバドのことを考えたり、仕事中に隣で寝転がっているバドを見て考えたり、テレビを見ながらも「呼吸している?」とつい見ちゃったりしながら、いろんなことを考えています。
でも考えても、バドの僧帽弁が若いときに戻るわけじゃーないしね(笑)。
ちゃんと老いを受けとめて、ちゃんと残された時間を少しでも気持ちよく犬らしく過ごせるようにサポートするのみです。
ばど吉、夏バテよりも現実逃避しすぎなのが問題です(爆)。


♪こぼずはうす様
右旋回でグルグル~って、もう何歳なんでしょう? 痴呆?
それでもママの帰宅はちゃんとわかるんだね。うるうる。
バドはすっかり留守番中に分離不安で鳴いたりはしなくなり、近所的には助かるけど、それでも悪さをする活力は減ったものの心は分離不安のままだとは思う。
眠っているときに呼吸確認するのは、どこも同じなんだね(笑)。
もう少し、心臓の症状が進行したら、電話させてください。
どこまで投薬や検査をするべきか、いま思案中なのです(涙)。

2010/07/15 (Thu) 15:18 | EDIT | REPLY |   
マリリン  

家の14才ダックスも目を開けて寝ているのか、ボ~ッと横たわってる時があるんですよ名前を読んでも反応しないと思わず駆け寄ってしまいます
足腰は小型犬なのでまだ問題ないようですが、梅雨は湿度で体温調節もしにくいのか少しでも涼しい場所を求め玄関のタイルの上で寝てたりします。
夏は動きが減るので意識的に水を飲ませるようにしないと脱水気味になりそうですね
愛犬との別れをふっ…と考えてしまう年齢になったんだな~って思います
私もグーちゃんに無理な治療をするつもりはありませんが出来る限りのことをして、後はグーちゃんが自分でお別れの時を決めるんだろうな…って思っています。
それにしても老犬はカワイイですよね

2010/07/15 (Thu) 17:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply