Article page

by
  • Comment:7

2月に第1回目の山歩きをして以来、4か月ぶりに沈黙を破り、
6月13日(日)、犬トレ部2回目の活動先は、千葉県鋸山へ!

14-1.jpg
前回に引き続き、今回も一緒のボクサーのビーちゃんと日本寺の石仏

このたびは、大型犬10頭&小型犬(パピヨン)1頭、人間大人10人&子ども1人の大所帯パーティで行ってきました。前回は真冬でお休みしていたバド爺も今回は一緒です。

14-2.jpg

アジサイが咲き始めできれい。新緑も深い。曇り空とはいううものの、ときおり日も差してきます。
梅雨入り前にぎりぎり間に合って、よかった!

しかーし!!
ばど吉隊長、失敗しました。(朝4時まで飲んでいたのも失敗ではあるが)行き先を見誤りましたね。
鋸山は、犬には不適です。とくに、爺犬や関節の弱い犬には御法度。
なにしろ、階段ばっかなんだもーん(涙)。
これでも東口駐車場から入ったので、中腹以上には登っているのですが……

14-0.jpg

おーまいがっ、な階段坂がひたすら続く山なのであった(滝涙)。(↑写真提供は犬トレ部写真部長のPさま)

14-4.jpg
階段2639段だなんて。しかもスロープはほとんどない。階段が9割以上

14-3.jpg

というわけで、じーちゃんの足が心配になり、数少ないスロープ以外、私はオットと交代で、バド爺を抱っこすることに。もう、これはかなり修行です。しかし、じーちゃんのためには頑張らないと。我ながら、私って、バドのこと、こんなに大事なんだね~と冷静に思ったりして(笑)。

14-5.jpg

でも、奇岩、巨岩の道はなかなかおもしろかった。アバターな感じよ(笑)。
ひんやり湿った空気がこれまた浮き世を忘れさせてくれる感じで、よい。

14-6.jpg

でっかい観音様もあった。こんな大きなものを彫るなんて、すごい。うん、なかなか見応え有り。

そして私が、階段があることも一応知りながら(こんなに階段ばっかとは知らなかったけどさ)
どうしても鋸山に来たかった理由は、

14-8.jpg

あの、飛び込み台のような先っぽ、「地獄のぞき」!
あのお立ち台の岩の上が展望台になっているのよ! ひゅ~っっ!

14-9.jpg

そして、頂上付近の広場からの眺め!
海辺のお山なので、眺めが抜群~! そう私が見たかったのはこれなのだ!
(それでみんなをこんな過酷なお山にお連れしてしまった。すいませ~ん。隊長、反省してます)

14-10.jpg

飛び込み台の別にもうひとつ、大きな岩の展望台も奥にあったよ。突端にいるのは、トールとクーパーと、ビーママかな?

しかし、お馬鹿な隊長は、このあと山頂にておなかが痛くなりまして……(悲劇)、でも山頂にはトイレがないっ。大ピンチ! というわけで、バドとクパをオットひとりに託し、いったん下山。大仏のとこにあったトイレへ走る(大人のくせに情けなか。涙)。子どもの頃は山登りでもトイレにこんなに困った覚えがないのだが……大人になるって大変だわ。登山って、基本的に山頂にはトイレはないものよね。もっと高い山ではみなさんどうされているのだろう?と本気で泣きそうな思いでダッシュで下山、事なきを得ました。ふぅ。

でも、バド爺は、階段は上り以上に下りが危険。けれどパワフルクパのリードを持ちながら、バドを抱っこしたら、トールも犬も落下しかねない。バドとトールが階段からもろとも落ちたら、明日から困る。シライシ家、家庭崩壊しちゃうっ。
というわけで、トイレを済ませた私は、ふたたび走って階段を駆け上がっていきまして、オットと犬ちゃんずを迎えに行きました。
おなかを壊したのは自業自得とはいえ、私は2回山登りしたのと同じ。ま、1.7回くらいかな(笑)。そして、オットと交代でバドを抱っこして下山しました。帰りのルートの方がより急だったので、ほとんど階段だったねぇ。我ながらタフな女だと思ったよ(爆)。

大仏のところでみんなに合流できて、ひと安心。ああ、苦行は終了、楽しいお弁当タイムだ!

14-11.jpg

なんかとっても楽しい~♪
大人の遠足って感じよ~♪
大人になっても、遠足は、子どものときの気持ちを思い出させてくれるね。

14-12.jpg
人間がお弁当中、くたびれたバドは、砂利と一体化

お弁当のあとは、そーだ、記念撮影しなくちゃ!
私ね、鋸山のトレイルがちゃんとあると信じて疑わなかったので、地獄のぞきのそばにある、山頂に行けるものと思っておりました。しかし、ここは日本寺の私有地(拝観料600円を払う)のせいか、山道とはつながってなかったの。これは想定外。ハイキングマップとかには書いてあったのにな~。なんでだ~? 解せない、と1人でちょっとぷんぷんする私でありました。本当は、犬トレイル部たるもの、山頂の看板とともに記念撮影したかったんだけどね。

でも、ま、楽しけりゃ、よしとしますか!
よ~し、撮るぞ、撮るぞ。
と、言っても11頭を撮るのに、これまたてんやわんやですよ(笑)。

14-13.jpg
奇跡の1枚!(↑写真提供は犬トレ部写真部長のPさま)

11頭いるの見えるかな~?
左から、カイちゃん(ゴールデン)、ビーちゃん(ボクサー)、リム(パピヨン)、ルナ(サイトハウンドのミックス)、アンナ(ボルゾイ)、アンディ(青Tシャツのフラット)、モニカ(オレンジTシャツのフラット)、ジョジョ(ワイマラナー)、アテナ(イエローのラブラドール)、そしてお尻むけてるバド爺(ワイマラナー)、クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)。
よくもまぁ、こんなバラエティーに富んだ犬種が集まるもんですね。楽しいですね。

おおっ、なんと今日は、リトリーバー御三家が勢揃いじゃありませんか! 写真、撮ろう撮ろう!

14-14.jpg
左からゴールデン・リトリーバーのカイちゃん、フラット・コーテッド・リトリーバーのモニカ嬢、ラブラドール・リトリーバーのアテナちゃん

それなら、ついでに(ついでか。笑)栄光の7ちゃんずトリオも撮ろう!

14-15.jpg
左からジョジョ、クーパー、バド。私はこのジョジョの顔、ツボです


と、階段には泣かされましたが(トイレにも。笑)、それにも負けないくらい楽しい山登りとなりました。
しかし、遊びはまだ終わりません。だって鋸山は、アップダウンはきつかったけど、たいして距離は歩いておりません。まだ昼過ぎじゃん。というわけで、海へ行くことに。後半は続編にて!


白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 7

こぼずはうす  

まあ!たくさんの犬!と通りすがりに言われそう。
私達7頭でも言われますからね。

バド君のために○イアンバロンの抱っこ紐http://www.retriever.org/shop/kaigo/mb_dakkohimo.htmlはいかがでしょう。
手が少し空いて楽かもしれませんね。
後半を楽しみにしていまーす(^w^)

2010/06/15 (Tue) 11:37 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  

観光客も来るようなところだったのですが
わりかしとみなさん親切でした。
「まぁ、犬のクラブ?」とか
「うちは今日は家に置いて来ちゃったの。みんなは連れてきてもらってよかったねぇ。うちも連れてくればよかった」とか、
いちばんおもしろかったのは
「毎週に集まっているんですか? また日曜に来れば会える?」など。
(参加したいのだろうか?)

たしかに登山道では、人のプレッシャーを与える人数なので、隊長としてはどうしたものかと思いつつ、でも逆にルールを守っているんだから何が悪い!?的な気持ちで突き進むべきなのか、思案どころです。
空間の広い山道ならいいとは思うけど、ね。

やっぱりバドは、保定式抱っこがいちばん安定します。
それでも、慣れない場所での階段抱っこは少し戸惑っていました。あぶない、あぶない。
それに、いま私は、片方の肩に30キロの過重がかかる方が恐ろしくてできませぬ(笑)。
でも、起き上がり補助のハーネスはそろそろ買ってやろうかなと、思ってます。

今度ケリーが来たら○イアンバロンにもお連れしますよん。

2010/06/15 (Tue) 13:11 | EDIT | REPLY |   
mari  

隊長、お疲れ様でした。バドを抱っこつつ不規則な石段を昇降するのは、(特に今の隊長には)本当に大変だったと思います。愛するワンのためだからこそ成せる業ですね。お腹を壊していたとは知らず、お力になれずスミマセンでした。ともあれ鋸山自体は素敵なお山でしたね。7ちゃんズにまみれた往復の車内も楽しくて…本当にお世話になりました(愚娘の素敵な写真、ありがとうございます!最高のアングル、夫も大喜びです~)

2010/06/15 (Tue) 13:50 | EDIT | REPLY |   
つむじ  

隊長のは、詳しくて助かるなー。

あ、おつかれさまでした!
肩と腰はどうですか?
バドとクーパーとトールさんを残しているからと
階段を駆け上がっていく隊長の後姿。
大仏より大きな背中でしたよ。
バドを抱えてあの階段を・・。
私もそんな母になる!(決意)

2010/06/15 (Tue) 20:17 | EDIT | REPLY |   
カイパパ  

隊長お疲れ様でした。
いゃあ、あれだけの階段登ったのは山寺か土合駅かって言うくらいですよ。
まぁ、筋肉痛にはなりませんでしたけど。
次回は時間作って下見に行きたいと思います。

後編楽しみにしています。

2010/06/15 (Tue) 21:25 | EDIT | REPLY |   
Andy mama  

団体行動が苦手な私達がなぜか心地よい、犬トレ部。おっきい犬を連れていても、皆んなでいれば恐くない。。という心理ですかね。小型犬の群れが公園で無作法(失礼!)しちゃうのもそういう心理があるのかな。おっきい子は遠慮して外周を歩く事がほとんど。だって小さい子達、どこでもノーリードで駆け回ってるんだもん。ノーリード禁止の看板の後ろで。マナーを守ってほしいものです。良識ある小型犬の飼い主の皆様にはごめんなさいですが。(←なに愚痴ってるんだ私)
もとい、犬トレ部、おっきい子がたくさんいてもぜんぜんオッケーな穏やかさが嬉しかったです。皆でマナーを守って犬達のフィールドを広げたいものですね。
隊長、体調整えて、次回こそは目一杯楽しみましょうぞ!

2010/06/16 (Wed) 15:09 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  

隊員たちのURLもぜひクリックしてご覧ください!
おもしろい写真(おもろい五七五も)満載でーす。

♪mari様
ビーパパも喜んでくれてますか、この写真!
マチュに見せたら「う~ん、ちゅ」と写真に向かって投げキスしてたよ(笑)。
犬まみれの後部シートで窮屈な思いをさせたにもかかわらず、楽しんでいただけてよかったです。
今度はぜひご夫婦セットで! 

♪つむじちゃん
大仏よりも大きな背中って……(笑)。
あのときは必死でしたからね。早く上がらないとバドが心配で(オットの生死にもかかわる。いや、半分マジ。だって毒が満載の悪クパが引っ張るもん)。
ワイマラナーを抱っこできる女になってこそ、本物の7ちゃんずオーナーです!(ってことはないか。でもアンジェリーナ・ジョビーになろう!)

♪カイパパ様
すいません、過酷なコースにお連れしまして(懺悔)。
今度は、もっとまともなコースに行こうね。
それよかカイパパ! バドとの再会をそんなに喜んでいてくれたなんて。現地でなんで言ってくれないのよ~。照れ屋さんなんだから(笑)。
またバドをなでなでしてやってね。

♪あんもにママ様
私も団体行動は苦手なはずなんですけど、なぜか楽しい犬トレ部。なんなんでしょうね。隊長がゆるすぎる(飲み過ぎる)からでしょうか(笑)。
クパおが完全なオスになっても、アンディのような穏やかなジェントルでいられるかどうか、あやしいんだけど、
マナーを守って犬と一緒に行動することが当たり前の日本になるべく頑張りたいと思います!

2010/06/16 (Wed) 16:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply