Article page

by
  • Comment:8

月曜日、あまりの腰の痛さに耐えかねて、またもやオットに泣きを入れ、通販生活のカタログハウスの実店舗(新橋)に昼休憩に走ってもらい、フランス製の腰サポーターを買ってきてもらった。通販だと1週間はかかるが、そんなに待てないもん。いま欲しい、すぐ欲しい、いまないと死ぬっ!
そんで火曜にちゃんとサポーターをしていたら、あ~ら、今日はいい感じ。8割は回復した気がする。
というと、オットと娘に「そういうときがいちばんママは危ない」と冷ややかな目をされていますが、いや、完全復帰は近い気がするぞ! 


と、元気を取り戻したところで、お待たせしました、GWのキャンプリポートを。
今年は、福島県裏磐梯・檜原湖へ行ってきたよ~~! 

毎度おなじみ、クーパーの幼なじみ、ルナ家と合同キャンプです。
ルナんちの犬バスに乗って、GOGO!
だけど5月2日から2泊3日の旅、東北道はバカ混み。35km渋滞とか。おーまいがっ。
なら急がば回れで、常磐道を行っちゃえ~(それでも20kmくらいの渋滞はあったけど、東北道よりはまだマシ)。

19キャンプ2

渋滞中はちゃくちゃくと寝る犬&こども&うちのオット(涙)。
頼れるたくましい運転手は、私とルナママさっ。

19キャン王1.5

↑ マチュが起きてるときは、美人のルナちゃんを朝青龍にしちゃうし(でもルナは嫌がらないし)。

19キャンプ1

↑ バド爺は、ロシア皇帝に愛されたボルゾイのアンナちゃんを座布団にしちゃうし(でもアンナは嫌がらないし)。

往路のクルマの中から珍道中のニオイプンプンの中、運転席と助手席の私たちは女子トークで盛り上がり、ウキウキで磐梯山に到着~。

19-1.jpg
猫のまめちゃんもいるでよ。大型犬4頭&黒猫&こども2&大人3の旅♪

しかしですね、裏磐梯って、札幌より気温が低いんだって。マジですか。
ええ、マジだったみたい、だって……

19-5.jpg

雪だよーーーーーーーーっ。

かなり積もってるよーーーーーっ。まめちゃんもびっくりさ(猫のくせに歩いてます)。

19-3.jpg

しかも熊もでるそうです。あら、素敵。熊鈴、買わなくちゃ(笑)。

19-6.jpg
幻の滝でございます。バド爺、15歳半にして、雪の滝を見るの巻き

しんしんと冷たい空気の中、美しい滝を見て、心が洗われる(ちなみに私は大の滝好き)。

19-2.jpg
雪解け水だよ~。広島育ちとしては、いちいち感動。やっぱ、東北は寒いんだねぇ

さあ、のんびりしているヒマはないぞ。
だって、今回、お世話になる犬連れOKキャンプ場は……

19-7.jpg

なんとっ! ボートに乗って行く場所なのです!!
子ども達とトールにもこれは内緒にしててサプライズにしてたから、そりゃー、みんな歓喜してました。だから、荷物は必要なものをコンパクトにまとめろというおふれをだしておったのさ。

19-8.jpg
今回のフルメンバー記念写真。うしろに見えるのが磐梯山でございます。きれいです。
ボートから、犬がびびって落ちないように注意してましたが、さすがに身の危険を感じたのか、みな思ったよりいい子にできました


マチュたちは、ボートに乗るだけでも大イベント。こどもにとってはたまらないキャンプ場です。
さらに、犬にとっても楽園。
だって、クルマも入れない、ほかの人も犬もいない。ビバ、いかり潟キャンプ場
しかもですね、1泊目は、なんとキャンパーは我々のチームのみ!! (やっぱり寒いからかしら。こんなに素敵だし、管理人のお兄さんはいい人で犬への愛が深い方で居心地がいいのに)

19-9.jpg

雪解け水って、美味しいの? 冷たいからね、調子にのって下痢すんなよー。
いきなり犬たちはノーリードを許可されました。ただし、ウンチ落とし物チェックだけは入念に(笑)。

19-10.jpg
ルナ姐とクパは鉄砲玉となり、走りまくります。望遠レンズがないと撮影できません

犬は大喜び~。とにかく広い~。柵のない(=ドッグランではない)、自然のままの環境を爆走できる悦び。そりゃー、楽しいよね。クパは狂ったように、スキップするように、飛び回ってました。よかったね、よかったね。そういう姿を見るために、裏磐梯にやってきたんだよ(涙)。

19-11.jpg

そして檜原湖に沈む夕陽もきれいだ。なんて素敵なところなんだろう。
なんかね、都会のストレスも、くだらない悩みも、どこかへスーッとなくなっていく。美しい。

夜は、レッツBBQ! お外で食べるのは美味しいねぇ。みんなで食べると美味しいね。
今日は誰もいないから、花火もしよう。マチュたち、大喜び。花火のできるキャンプ場も少ないからねぇ。

19-12.jpg

朝です。空気がピーンとしてます。
実は1泊目は私は寒くて凍死寸前でした。その理由は、クルマの中にマイ寝袋と銀色敷きマットを忘れたためです(寝るなー、寝たら死ぬゾーの気持ちを味わいました)。だけど2泊目はちゃんと寝袋で寝たし、キャンドルをバンガロー内に灯して少しでも室温を上げてみたし、着られる服は全部着たし、トールやクーパーとくっついて寝たので、ちゃんと眠れました。マチュは暑くて寝袋をはいでいた(おいおい、油断すると冷たくなるぞ)。ま、GWの檜原湖畔を甘く見てはいけないのは事実です。

19-13.jpg

犬ちゃんたちは、朝から絶好調。朝の野グソ(あら、失礼。でもまさにこの表現がぴったり)の忘れ物には目を光らせます。

1泊目の夜、バドがぷらぷらとどこかへ行ってしまい、呼んでもすぐこなくて(耳が遠いから)、痴呆で場所がわからなくなったり、まさか湖に落ちていたらどうしようかと焦ったけど、へらへらと戻ってきた。見つけたときは涙がでた(酔っぱらっていたからよけい泣けてきた)。だけど、よく観察してみると、全然痴呆どころか、ちゃんとわかってる。自分の獣道を確立したらしく、パトロールするかのごとく、ぽれぽれと歩き回っている。目も輝いているというか、シャンとしてる。すごい、すごい。自然の中にいると、野生のパワーが戻るものなのか。

19-14.jpg
ルナとクパは、飽きもせずに遊んでいる。まさにここは楽園ですな

ルナとクパは走り回っているけど、あれ、アンナがいない、と思うと、いつもひとりでぽつーんとプラついている。アンナのそういう天然なとこ、すごく可愛い。

19-15.jpg
“ありゃ、誰もいなかったのら~”と、気がついて戻ってくるアンナ


19-16.jpg

2日目には、キャンプ場のアール宣伝部長が、会いに来てくれました。イングリッシュ・ポインターです。
英・独のポインターの共演だわ♪

19-17.jpg
アール部長は、すごく穏和な子でして、オスだというのに、うちの犬とも問題ない。いい味だしてます。アールは13~14歳くらいらしい。アール部長も長生きしてね

19-18.jpg
バド爺は、お日様をサンサンと浴びて、マイペースでお昼寝も


19-19.jpg
猫だって、キャンプ生活を満喫中。ノーリードにはできないけどね

19-20.jpg

2日目は、すぐ近くの吊り橋のあるトレイルロードを散策。

19-21.jpg

お天気がよくて、最高のキャンプ&ハイキング日和だった。

このあと、カメラちゃんが壊れてしまい(そもそも、私はカメラを忘れたお馬鹿さんでして、これらの写真はすべてルナママのカメラで撮影したのであ~る。ううう、ありがとう)、写真はここまで。でも、ま、2日目も同じ場所に泊まったので、光景はほぼ同じ。温泉入りにいったり、ボートに乗って小島に上陸したりと満喫した。

本当に楽しいキャンプでした。いかり潟キャンプ場、有名になってしまうと困る(ノーリードができなくなっちゃう)けど、でも、本物の犬好きの人にはこっそり教えてあげたい。大型犬にもこんなに親切なキャンプ場はそうそうないと思います。私もまた行きたい!
ちなみにオマケ情報。管理人のかっこいいお兄さんの趣味は、トライアスロン。実家は、和菓子屋さん(笑)。草団子が絶品。私たちは最終日にお願いして、お饅頭を朝届けてもらいました。裏磐梯土産はこれで完了になった。

帰るとき、バド爺は、ボートに乗らない、まだここにいる~という素振りをした。
こんな行動は初めて。よっぽど楽しかったのか。

帰宅後、2~3日間、バドは足が痛そうだった。無理させすぎたか。
遊ぶと足腰が疲弊して一時的に悪化するのは間違いない。しかもそれが一時的ですめばいいけど。
だけどね、アウトドアに出ると、生き生きとするのも間違いない。
脳の活性VS足腰の養生。どちらを優先すべきなのか。難しい問題だけど……
私は、バドの、生き生きとした表情がこれからも見たいな。


最後に、Yーカリ、Mか、ルナ、アンナ! 楽しいGWをありがとう!! 

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 8

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/05/19 (Wed) 20:56 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  

某カギコメ様(笑)
どうやって返信すればいいかわかんないし、みんなが呼んでもいい内容なので、ここに書くね(笑)。
いがり潟はテント泊もできます。が、まだ十分寒い季節だったのと2家族で借りればバンガローもたいした金額ではないので、初めてバンガロー泊をしてみました。もちろんバンガロー内に犬を入れるのも許してくれました。荷物が少なくなるのはいいですね。でもルナママがあったか敷きマットなどをすべて準備してくれました。
別のキャンプ場でテント泊するときは、うちはもちろん犬も中に入れます。キャンプのときだけ犬とひっついて寝られるので私にとっては最高にハッピーな夜です(普段は分離不安を強化してしまうので一緒には寝ません。たまに昼寝しちゃうけど。笑)。
キャンプ中は、大型犬は、木につないだり、地面につきさして使う繋留用のポールのようなものにつなぎます。犬グッズショップで市販されています。でも甘ったれバド爺はつなぐと鳴くので(おいおいっ)だいたい私の体につないでます。きちんとした耐荷重のカラビナを用意しておくといいですよ。
某あなたのお兄様犬を誘い、一緒にキャンプに行けたらいいね~♪

2010/05/19 (Wed) 22:35 | EDIT | REPLY |   
ポール家  

こんばんは!ポール家です(^^)
こんなに良い環境で7ちゃんずとキャンプ!
これしかない!という組み合わせだと思うのは
私だけでしょうか?ほんと最高の贅沢♪
東北のGWを侮ってはいけませんね(笑)
我が家は岩手から上洛したので、渋滞にはあいませんでした。
東北人の得なところですね!
我が家も2泊3日の旅でしたが、アジリティー競技で
ブリタニーが集結&宴会あり。CACIに娘とお散歩へ
そしてTDLで娘のお供(爆)楽しいGWで犬三昧もできました。

それにしても、英・独ポインターの競演っていいですね!
我が家もポインター・セターそして我が家のポールと
キャンプに行きたいなぁ☆

2010/05/20 (Thu) 01:03 | EDIT | REPLY |   
こぼずはうす  

おお!素敵なところ!
夏は泳げるんでしょうかね。

関東との中間地点くらいで落ち合って
キャンプしてみたいですねー。
いいところないですかね。

私達は例年通り、BBQと山でGWを過ごしました。
同じ事をしていてもいつも楽しい事件が起きて
笑いの耐えない行事ごとですね。

2010/05/20 (Thu) 10:19 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  

ポール家さま
北から南下したら、GWでも渋滞なかったんですか!?
へ~っ。羨ましいです。
東京から北上するのは大変だったなぁ。
でも楽しい仲間となら渋滞もまた楽し♪
(ルナママ以外はみんな<犬も>爆睡であったが。笑)
CACI やTDLにいらしてたんですね。
今度、私が東京にいるときにいらっしゃったときには
お時間があればぜひお会いしたい。
その前に、いがり潟に集合~っ!が現実的かも。
アール宣伝部長も、英ポの鑑、ともいうべき、穏和で協調性のある子でした。実猟犬人生だったそうで、筋肉もしっかりついてて、おじいさん犬には見えないほど。また豊かな自然の中でのびのびと暮らしているからストレスも少ないんでしょうね。管理人のお兄さんもとても可愛がってて、アール部長はいい場所で毛布にくるまってたしね(笑)。
いがり潟で、みんなで会えるといいな~。


こぼずはうす様
夏は犬は間違いなく泳げます。
ウェイクボード(だっけ?)もやるみたいだから、人も泳ぐのかも。あと朝からバス釣りの人たちがボートで来てましたね。でも檜原湖じだいも広いので、私ががしゃがしゃとボート遊びをしていても迷惑をかけるわけじゃないので、犬が泳ぐくらいじゃよそ様に迷惑をかける心配もありません。
毎回、キャンパーが自分のチームのみ!だったら最高だけどね。そしたら管理人さんも「どうぞ犬を放しで大丈夫ですよ」と言ってくれるの(涙涙)。ほかの人に迷惑をかけなければなんでも許してくれる懐の広さ!(直火もOK! これが意外とはまった) だからよけいにウンチ拾いには精を出しました。恩を仇で返すわけにはいかないからね(笑)。
2泊目は、フレンチブルちゃん&アベックが追加。でもフレンチちゃんはずっとバンガロー内(寒かったからかな)だったので、飼い主さんたちにご挨拶して許可をいただき、2泊目もノーリードにしてました。ま、クパたちも2日目ということもあり、満足してて、よく言うこと聞いた。3日前は黒パグ連れファミリーが来たので、最初はつないでおりましたが、先方がどうぞ~と言ってくれるのでまた放流。いい犬の飼い主さんばかりだったので、助かりました。管理人およびキャンパーの方々の犬への理解・優しさがあったおかげで、最高のGWになりました。
ほんとね、今度、中間で合流しよう!
岐阜県くらいかな!?

2010/05/20 (Thu) 16:00 | EDIT | REPLY |   
mari  

待っていました、このレポート!本当にナイスです!楽しそう~!が、このレポートで私が注目するのは「マメちゃん」。普通にさりげなく一座に溶け込んでいる…ニャンコなのに。間違って玄関から一歩出ただけで金縛りになる我が家の「ハコ入り猫」だったら…ボート乗った時点でショックで気絶です。

2010/05/21 (Fri) 02:14 | EDIT | REPLY |   
nicoちゃんち  

お久しぶりです。といってもこの前病院以来ですが..。
バドちんもクパちんもお元気で何よりです。
ところで、なんて奇遇なんでしょう!
実は、私も月曜日からぎっくり腰になって、今も腰ベルト状態です。
少し体重を落とさなくてはと、反省しています。
このキャンプ場いいですね~。
差し支え無ければ、詳しい場所などを教えてください。
ワンコたちと行くのも良いし、カブで行っても良いかもと思いました。

2010/05/21 (Fri) 22:39 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  

mariさま
まめちゃんは、お泊まりキャンプも喜んで!という奇特な猫。寝袋とかをガサガサ準備してると、我先に玄関に陣取り「連れてって」とアピールします。留守番は嫌みたい。分離不安な猫なの(苦笑)。
そうはいっても、犬と違い、迷子になる可能性大なので、気は使います。ま、トイレはどこでもマイトイレでできるし、いざとなったら砂地でもできる図太さ。助かります。
ビー家の猫ちゃんは、猫らしいんだね。まめちゃんが特殊な、犬っぽい猫なんだよ(笑)。

nicoちゃんち
まー、先生もぎっくりですか!!
こりゃまた奇遇です。
ほんとつらいですよね……。
私も体重も同じくな気持ちですが
それより先に改善すべきは、姿勢と動きです。
今度、ぎっくり談義もいたしましょう!(犬、カブに引き続き、共通ネタが豊富な私たち)
いかり潟キャンプ場の詳細は記事中の葵時をクリックしてみてください。キャンプ場のサイトにリンクしています。5月~9月くらいまでしかオープンしていません。
猪苗代ICでおりる付近です。代々木から順調にいけば3時間半~4時間で行ける距離ですが、連休中は時間がかかりました。
バンガロー泊だけでなく、テント持ち込みもできます。
直火もキャンプファイヤーもOK!! すごく楽しい。
ボートで行くのも、貸しボートで小島に上陸するのも、子どもたちは大喜びでした。
トイレも清潔です。シャワーもあります。でも我々は近くの温泉を2泊とも利用しました。
問題といえば、買い出し用スーパーがとんとないことです。頼みの綱はセブンイレブン。焼きそばくらいの食材は調達できました(&ビールとね。笑)。
ほかにも聞きたいことがあれば何なりと。
イケメンの管理人さんもご紹介しますよ~♪

2010/05/22 (Sat) 14:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply