Article page

by
  • Comment:2

楽しかった犬トレ部の様子を隊員たちがブログにアップしてくれました!
私がクーパーに引っ張られ、ヒィヒィしている姿が映ってます(笑)。
クパをつないでいるときは、手がいっぱいで写真撮れないんだよね。あと何年経ったら、楽になるんだっけ?(笑)
写真が素晴らしいアンディ&モニカんちブログと、お笑い珍道中のジョジョブログも合わせてお楽しみいただくと、今回のお山の楽しさがより伝わるかと思います。

******************************************************

さて、今日の東京は暖かでしたが(そーなると花粉で顔の皮膚や目玉が痒いよぉ)、
昨日は寒かった。
そのせいか、バドが階段からずっこけた!
ああ、大丈夫か。だから階段は抱っこだと言っておろうに。

先週くらいからクパに八つ当たり吠えも多い。
もしかしたら足腰の神経痛がひどくなっているなど、何か不自由が起きているのかもしれない。

というわけで、昨夜久しぶりに赤外線治療をしてみました。

23赤外線1

30分コース×2をしているうちに、だんだんバドの四肢も先まで温まってきて、足がのびのび~になってきました。年をとるとどうしても血流が悪くなるんだね。だから24時間床暖房の部屋にいても、足先が冷え冷えになる。老いって切ない。

心臓の音もマチュが聞いてみたら、
「ああ、やっぱり若者(クパ)と、バドの心臓の音は違うよ!」と言ってました。
生きた教材ですね(涙)。
バドの心臓、頑張れ。

23赤外線2

マッサージ、マッサージ。
あったかくな~れ。血のめぐり、よくな~れ。
まだまだ頑張ろうよ。
頑張れたら、暖かくなったら、一緒にハイキング行こうよ。

バドの腰や後肢は、筋肉もすっかり落ちて、細く、軽く感じられました。
ほんと軽くなった。切ない。

だけど、これが老いるってこと。
だってバドはいま15歳3か月。
それだけでも十分すごいんだよ。

のんびりゆっくり、老後を過ごそう。
最近、キョロキョロすることも増えた。もしかしたら、耳も目も、かなり衰えている可能性がある。
私が撫でるとビクッとしたり、マチュが急に顔を撫でたりしたらクパに反応したかのように唸ることも2回あった。かなり感覚器が使い物にならなくなっている気がする。
立っているとき、カクカク震えていることもよくある。神経麻痺か?
散歩中も後肢がカクッとなったり、さっきも公園でノーリードのトイプーさんに後ろから接近されたときにやたらびっくり仰天してた。ものすごく至近距離になるまで鼻も利かないみたい(バドが反撃したらどーするんだ、と内心焦った。バドもいまはもう余裕ないからね。でも老いてもバドのアゴはまだ牛の大腿骨を粉砕できるんだから……急に近づくのはトイプーさん命知らず過ぎますよ)。

いろいろ切なく、また若いときとは違う焦る場面もありますが、
でもそんなバドを観察できることも嬉しい。
長生きしてくれなかったら、できないことだ。

バド、今年の桜はもちろん、梅雨のアジサイも、一緒に見ようね。
秋の金木犀も、晩秋の黄金色のイチョウ並木も、一緒に見られたらいいね。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 2

こぼずはうす  

見てきましたー(^_^)v
お友達もすっかり犬と山登りにははっちゃったようですね。
この楽しさが広まっちゃうと、犬入山禁止となっちゃう
可能性もあるのだけど、本当に楽しい。
犬と頂上から眺める景色も、四季の移ろいも。
これを知ってからすっかりアウトドアーな人間になっちゃいましたよ。
天気のいい休日は犬とどこかに出かけています。

2010/02/23 (Tue) 21:51 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  

toこぼずはうす様
はまっちゃいますねー、犬連れ山歩き。
でもね、犬入山禁止はね、そんな法律はないんです。
ちょっと調べたんだけどね。
だから、生態系に影響を与えないための必要な情報や、ほかの登山客に受け入れてもらえるマナーの啓発、犬と飼い主両方の安全管理(鎖場コースには行かないなど)の告知は必要ですが、
正々堂々と犬と一緒に山に行ける世論を形成したい。
これが次なる私の秘かな野望です。にやり。
やればできる。きっと。
日本でも犬の市民権を手に入れてやるぞ!
きっとできる。
日本も経済だけでなく、犬の先進国にも仲間入りしてやるぞ!


2010/02/24 (Wed) 19:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply