Article page

by
  • Comment:2

3じいちゃん

広島から引っ越してきた、母の桐箪笥やお着物の入ったダンボールが、
まだ3階の仕事部屋にそのまま放置されていますが、
バドは、代々木に戻って、気持ちよさそ~に昼も夜も寝ています。
広島でもサッサと寝てたけどさ(笑)、
でもやっぱりわが家は落ち着くみたいよ。

老犬になったら、8歳超えたら、「白内障などで視力も落ちるから、部屋の模様替えは控えましょう」「車のドライブは2時間おきに休憩を取って、疲れさせないように」な~んてよく原稿に書くくせに、
バド爺は14歳超えても、親戚んちに泊まったり、渋滞の長距離ドライブに付き合わされたり……ほんとスパルタな飼い主でごめんよ、バド。
でも、いつも飼い主を信じ、飼い主のそばなら環境変化に適応してくれるバドを、私はとても誇りに思う。それでこそ、我が相棒。

人間には人間の生活がある。
犬を思うあまりに、人間の生活を犠牲にすることはないと思う。
そういうこと(犬のために諦めること)(可愛がりすぎ、心配しすぎ)を日本人はしやすいので、欧米に比べて分離不安や心の不安定な犬が増加している、と言われる。
でも、反対に、犬の忠誠心や体力の限界を超えるようなことを強いてはいけないと思う。
適度な距離感、適確な信頼関係、動物の心や体の構造を理解したうえでの思いやり。
日本人は犬と同じ空間で生活する歴史がまだ短いから、この加減が難しいんだけどね。

今週月~木は、広島のお疲れもあろうかと、バド、昼もよく寝かせているけど、
そろそろ寝過ぎも心配になってきた。だって、ほっておくと、バドちん明らかに寝過ぎ。
明るい時間は起こさないとな。昼夜逆転する痴呆が始まらないようにね。


まめちゃんは……

洗いたてのマット

代々木に着いた日は、よく甘えてきて、よく寝ていたけど、
いまは、洗いたての、たたんだばかりの敷き毛布の中にわざともぐって、家事の邪魔ばかりをしてます(笑)。

まっ、まめちゃんも猫のくせに、誰のおうちに泊まっても大丈夫、長距離ドライブも平気、マイトイレを持参したらどこでも排泄OK、もちろん食欲もいつもどおり……という環境適応能力があるのは助かります。
まめちゃん5歳の夏、いつか脱皮したら、犬に変身するかも(笑)。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 2

こぼずはうす  
距離感

大事ですね。
今は、人同士でも上手く距離感をもてない人が多いみたいでその手の犯罪が増えている気がします。
またさ、言葉も悪いと思うのですよ。
「うちの子」というでしょ。
あちらは必ず「HeもしくはShe」ですから家族ではあってもあくまで「He is a Dog」なんですよね。
でも、いつまでも子離れしなくていい「子供」なもんだからねぇ。

まめちゃんのしぐさ、うちのもしますよ。
フトンカバーなんかしようとするとなんか重いんですよね。
すると・・目をランランと輝かせた黒いのと目が合います。ハハ。

2009/08/20 (Thu) 22:21 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
布団カバーの重石

ほどよい距離感を保つ、ってこと、大事ですよね。うん、たしかに人間でもいます(苦笑)。
いやー、しかし、私はバドに関しては人のこと言えないんですけどね。
ワイマラナーは依存心高いから、ほどよいではなく、かなり心を鬼にして距離感を保たないと、難しい犬種だと思います。しっかり者のコーギーなら、こんな苦労はしなかったんだけどね。犬種によっても、距離に違いがある気がします。まだまだ勉強が足りない私です。

He 、Sheっていいね~。なるほど。
そういえば私は娘にも幼児のときから「彼女は」と言ってますが、そういう距離感、互いに自立するのは、私もいいと思います。

そして……おたくにもいますか、布団カバーをかぶせるときにいつのまにかいる重石!(爆!) うちにもいる!!(しかも巨体!)
どこも同じで、笑えます。

2009/08/21 (Fri) 14:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply