avatar image

ついでに代替療法

さらにおまけ。
とにかく、少しでも、ガンを抑えたい。と思って、人間ではシイタケがガンに効くというじゃありませんか。とりあえず、さっそくおうちにある干しシイタケで、シイタケ汁つくって、シイタケも細切りにして、タビィのごはんに入れてます。ものすごく稚拙な、ささやかな、アホらしい抵抗かもしれないけど、藁をもすがりたい犬馬鹿飼い主です。夫は、本当は世界でいちばん苦手な食べ物がこのシイタケで、とくにこのニオイがダメ(好きな人にとっては、香り、という。かぐわしい香りなのにね)。でも彼はタビィのために毎朝毎晩、細切りにしている。実に涙ぐましい。ついでにバドとパチにも入れている。あんたたちにまで今、倒れられたら困るからね。ウンチもゆるくならず、大丈夫らしい。

20061004133039.jpg


そんでバーフダイエットや、ラム肉を、ばんばんタビィにあげている。いまのうちから体力つけとかなきゃね。抗ガン剤が始まると副作用で、食欲不振とかになるらしいからね(よく見るとバドがいる。おい、包丁の近くに寄ると危ないぞ)。

20061004133206.jpg


さらに。1年半前に、犬友達が教えてくれた(Y子さん、あなたです!忘れていたでしょ。あなたの情報は、いま活きていますよ!)、北米のインディアン発祥のガンの民間療法の漢方薬(ハーブティーという感じかな)「エイジアック」を煎じて、プラスしている。実は当時はガンに効くと読みながらも、免疫効果を高めるということから、私自身の花粉症がこれ以上ひどくならないために昨年、代行輸入して手に入れて、試してみたのですよ。そしたら、ほんと効いた気がしたの。でも、まぁまぁ高価なものだったので、花粉の季節が終わったら残したままになっていた。その残った2ボトルをキープしてあったのを今回思い出した。それでまた藁をもすがる思いで、タビィと(ついでにバドパチにも)ごはんに混ぜて与えています。
ちなみにエイジアックについては↓
http://homepage1.nifty.com/essiac-re/
けっこう薬草くさいので、うちでは「魔女のお茶」と呼んでいる。でもこの臭さが効きそうなんだよね。うちの犬は食い意地がはっているので、ごはんに混ぜればなんでも完食してくれるので助かります。

20061004133928.jpg


ただ、別の犬友達のお話によると、抗ガン剤が始まったら、サプリメントなどを同時進行で与えると逆に問題が起きることもあるとのアドバイスをいただいた。抗ガン剤が始まるまでによく調べないといけないと思っています。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback