Article page

by
  • Comment:7
  • Trackback:0

土曜と日曜は、老犬介護の特集のため、2日連チャンで老犬ちゃんずに会いに行きました。
土曜は、バドとタビィの幼なじみ、3月で15歳になったラブラドールのラブちゃんちに行ってきました。

20ラブちゃん

昨年11月から夜中に徘徊と夜鳴きが始まり、排泄コントロールもできなくなったと聞いて、2月下旬にも会いに行ったけど、ラブちゃん、今回は取材にも活躍してくれた。
ありがとう、ラブちゃん。
だけど、撮影中、アシスタントベストを脱いだら、やせ細ったラブの体がよく見えて、仕事中だというのにこっそり涙が出た。樽胴の立派な体格のラブちゃんだったのに……老いは切ない。

だけどね、ラブママは江戸っ子らしくチャキチャキで義理人情厚く、世話好きな飼い主さんだから、ラブ、本当によかったね。この調子でママに迷惑かけてもいいから(笑)、もう少し頑張りなよ。

取材後にこれまたバドたちの幼なじみ、黒ラブのサリーちゃんちもラブの顔を見に寄ってくれた。サリーちゃんも14歳。バドタビィの幼なじみはみんな14歳以上だけど、よく頑張ってる。サリーちゃんはお顔が白くはなったけど、足腰はとてもしっかりしてて、14歳には見えない若さ。昔よりは頑固になったかもしれないけど(笑)、昔と変わらずサリーは可愛い。タビィも空の上から見ていたかもしれないな。ねぇタビィ、ラブもサリーもバドもみんなもうこんなに年をとったけど、頑張ってるよ。


20サリー

サリーと一緒にいるのはラブちゃんちのミニチュア・ダックスのジャック(5歳)。ラブが10歳過ぎて大手術後にガックリと元気がなくなったときに、ラブちゃんが元気になるようにと迎えたダックスちゃん。もうそれから5年もの歳月が。はやいね~。

サリーちゃんちには同じく黒ラブのヴィッツ(9歳)もいて一緒に来てくれたけど、動きが速くて写真ブレブレで撮れず(笑)。

ちなみに前回2月にお邪魔したときは、バドも連れて行ったの。ラブと久しぶりのご対面。

20対面

ラブはほんとに気のいい優しいオスでね、バドが大型犬でもケンカしない数少ないオス犬だったの。大事な幼なじみだよ。

20ラブ

私たちが引っ越して犬同士は7年半ぶりに会ったのに、
お互い、なんとなく記憶があるみたいね。
そしてバドは、ラブが老いていることも理解してるようで
まったく手が出せないというか、なるべく見ないようにしてるというか(笑)。

老いって切ないけど……
だけど、こんなに長く一緒にいられるってのは、幸せなことだよね。

昨日は、東武伊勢佐木線に乗って越谷に住む、15歳のハスキーちゃんと13歳半の秋田犬ちゃんちのお家を取材してきました。ここでも愛情いっぱい注がれていました。

このもようは来月の『JKCガゼット』6月号(5月末に届くやつ)の特集に書きます。老犬との暮らしに関心のある方、ご一読ください。

老犬ちゃんずを取材に行くと、ますますうちのじいちゃんが可愛く思えて「じーちゃん、今日は水分飲んでないじゃないですか。飲むヨーグルトはいかがですか?」などと、つい甘やかしてしまう今日の私です(笑)。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 7

mimi  

飼い犬が老いて、本当にゆっくり歩きになったり、目が見えなくなったり、老いたんだなあと、しみじみした感じになることは僕もありました。

ラブちゃんも飼い主さんに恵まれて幸せですね。

2009/04/20 (Mon) 16:54 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
→mimiさん

初コメ、ありがとうございます。
犬種は何で、何歳だったのでしょう。
いまはもう飼ってないのでしょうか。

2009/04/20 (Mon) 17:03 | EDIT | REPLY |   
こぼずはうす  
応援してます!

コボもこんな風になってくれることを願っていたのですがねー。しみじみ。
だから、応援していますよv-218
ラブちゃん、サリーちゃんにお伝えくださいませ。

2009/04/20 (Mon) 21:34 | EDIT | REPLY |   
むむ  

老犬介護・・・・30年位飼っていた柴犬が初めての老犬介護・・・当時は老犬介護に対する本もなく、もちろんネットもなく試行錯誤でした。俳諧・夜泣き等・・・一通りでした。最後は穏やかに旅立ちました。12歳でした。当時は長生きの部類でした。この間のワンコ達は認知症にならず
亡くなりました。7年前に亡くなった17歳のmixの子が認知症でした。認知症から3年位闘病生活でした。大変でした。
朝・晩の区別が出来なくなり、安定剤?を飲ませていたのですが、効果が薄くなっても強い薬なのでこれ以上増やせない・・・近所迷惑なるし・・・幸い苦情はありませんでしたが・・・。最後は鳴く元気もなく終日うつらうつらの毎日でした。最後の日は穏やかに眠るようでした。今は情報は沢山あるし介護用品もあるので良いですね。
情報に惑わされず我が家にあったやり方を、探したいですね。cappの柴内先生が犬の一日は人間に換算すると何ヶ月にも値すると・・・

2009/04/21 (Tue) 09:58 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  

→こぼずはうす様
そうですね……でもバドは住宅環境上、夜鳴きだけは勘弁してほしいのが本音ではあります。
ラブちゃん、サリーちゃんももっと頑張ってくれるでしょう!

→むむ様
認知症の介護は本当に聞けば聞くほど、大変だと実感します。2頭も介護したんですね。すごいです。日本犬ミックスは多いですよね。
日本でもようやく犬の認知症についての情報が出始めましたが、まだまだ社会的には理解されるわけもなく、今後近所トラブルなどで飼い主さんがノイローゼになるケースも出てくる気がします(飼い主さんが精神的ダメージや寝不足ですでに心が弱い状態になっている上での悩みだしね。私も自信ないです)。
難しいです。だから安楽死を薦められるケースもあるようです。難しい問題だと思います。

でも最後は穏やかに眠るように……は理想ですね。
バド爺は、きっと最後まで最強の甘ったれの要求魔でさんざん迷惑かけてくれそうな予感がする(笑)。

2009/04/21 (Tue) 12:57 | EDIT | REPLY |   
さりい  
ありがとう

ラブちゃんに会えて良かった。ラブママ・花絵ちゃんありがと。

サリーがはじめてあのお山で遊んでもらったのが、ジョナサン。その時にラブちゃんやボビーちゃんもいて・・。
タビィやバドとも良く遊んだよね。ビーグルのさくらちゃんもいたね!あの日お風呂に入りながら14年間のことを思い出してました。

こんな飼い主を横目に、今日もお散歩前の垂直ジャンプとご飯前の雄たけびを披露するサリーって・・バドとは違ってきっと勝手に一人で眠ったまま・・・だと思うよ(笑)

2009/04/21 (Tue) 19:45 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
→さりいちゃんち

先日はどうもありがとう。
そうそう、ビーグルのさくらちゃんもいたね!
沖縄出身の可愛いママでしょう。おお、懐かしい。
それにしても14年前は、ラブとゴールデン率がすごく高かったよね。
もうずいぶん前のことみたいな気がする。

サリーちゃんは当分まだまだ先だよ! 全然元気だもん。
でも1日1日大事にしていきたいね。
アホバドは今朝も漏らしたので、また洗濯(涙)。
バド酵素、多めにあげてます。

2009/04/22 (Wed) 13:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply