Article page

by
  • Comment:8
  • Trackback:0

今日の東京はお天気いい。
昨夜オットが徹夜だったので、珍しく今日は朝から活動している私。
オット、お疲れ様です。生きてるか~い?

朝っぱらから仕事する気が起きないので、
タビィの献体の病理診断結果を報告します。
ほんとは昨年12月の、バドの診察時に結果を聞いていたのですが、
なかなかすぐ書く気にならず、現在に至ってしまった。

12タビィの思い出

献体をして、タビィの肺、肺動脈、心臓の病理診断をした結果、
思いもよらないことが判明した。

12病理診断書

臨床診断では「肺高血圧症」、
剖検診断では「血栓症」だったのだ。

つまり、なんで肺が高血圧になってしまったか、というと、
肺動脈枝および冠状静脈内に、大型の血栓ができていて、そのせいで血管がつまっていたというのだ。

血栓ができてたのか!
しかも大型血栓がいくつもできていたという。
ああ、タビィ。苦しかったろうに。

最終的な診断名は
①心内膜症……加齢に伴う心臓内膜、弁の線維性肥厚(内膜症)が心機能低下を引き起こしたと推察。
②血栓症(右肺前葉動脈、肺、心臓)……心内膜症により、慢性うっ血肺、肺動脈における血流速度が低下し、肺動脈枝および冠状静脈内に大型血栓が形成。それにより肺高血圧が生じた。
③慢性肺うっ血……心内膜症により生じた。
④炭粉沈着症(肺、気管支リンパ節)……これは直接死因と関係なさそうだが、肺の中に炭粉がつき、表面が黒色になること。排気ガスの多い市街地に住んでいるから?バドも黒いのだろうか、それとも、コーギーは鼻面が地面に近いから排ガスを吸い込みやすのか?これは先生にも不明。

とにかく、
タビィがなんで死んじゃったか、直接の死因は、肺動脈、静脈に血栓ができていたからだった。今まで血液の凝固異常、免疫異常の既往症がなかったタビィにまさか血栓ができていたとは、先生も気がつかなったという。
「血栓とわかっていたら、少なくともバイアグラが効かなかった段階で、血栓を溶かす薬を飲ませるべきだった」と先生は言った。バイアグラはそもそも肺動脈を拡張して心臓からの血液量を増やすための薬。肺動脈をなんとかするよりも、血栓を減らす治療を施すべきだったのだ。

そうだったのか。

血栓の存在がつかめなかったのは何故か。
「血栓は血液と同じなのでレントゲンでは映らない。でも疑わしいと思っていれば、造影剤を投与した上でエコー(かな?)で見れば、血液の流れが妨げられていることはわかり、血栓の存在が判明できる。だけど、まさかあるとは思わない段階で、いろんな検査をすることは難しい」
そりゃ、そうですね。疑っていない段階で何から何まで検査してたら、検査代も莫大かかります。先生だって、飼い主に言い出せないでしょう。

そうだったのか。
タビィは、血栓がつまって、苦しかったのか。
気がつけなくて、ごめんね、タビィ。
泣きそうになった。

だけど。涙を堪えて、先生に尋ねた。
タビィのこの献体の結果は、次の犬の治療に活かせるのですか? 
「もし、今後、似たような症状の子が来て、バイアグラを飲ませても改善しなかったら、今度から僕たち、少なくとも今回タビィちゃんの治療に関わった獣医師(学生さんも含むのかな)は、もしかしたら血栓ができているのかもしれないと考え、飼い主さんに造影剤投与した検査を提案してみることができます。それで血栓が見つかったら、血栓を溶かす薬を飲ませることができます」
こんな症例は今まで見たことがなかった、でもタビィのおかげで新しい事実がわかった、
それは先生たちの記憶に残っていく。

今後の肺高血圧症の犬たちへ役に立つであろう、治療のための新しい選択肢を示したということだ。

よかった。
タビィの献体は、無駄にはならないんだ。
そう思うと、泣けてきた。

それに、なぜ肺が苦しくなり、腹水がたまり、死んだのか、
原因が筋道を立ててわかったこともよかった。私も納得した。
「納得する」、これはペットロスを回避するためにも重要な要素だと思う。
獣医さんは神様じゃない。わからないことだって、いっぱいある。
タビィを殺したくて、血栓を見逃していたわけじゃない。

でも先生もこの病理診断結果を私に伝えるのは、ドキドキだったかもしれない。
「先生が血栓を見落としていたから、死なせたんでしょ!」と詰め寄りたくなる気持ちも、5%くらいはわかる。
だけど、先生たちも、タビィを助けるべく、いろいろ尽くしてくれた。
初めての症例で原因がわからず、対応できないのは無理もない。
でも、きっと先生方は、もしも次に、タビィのように1か月くらいで急に元気がなくなり、肺が高血圧になり、バイアグラも効かず、腹水がたまり、どうしてよいかわからないコーギー(その他の犬種もなるかもしれない)が病院に来たら、きっと血栓の存在を疑い、適切な検査・治療を飼い主さんに提案していってくれるだろう。

それは十分に価値のあることだ。


タビィは死んでも、しっかり者だ(笑)。
みんなに手土産を残して旅立った。
さすがタビィ。シライシ家の誇りだ。

だから残されたシライシ家のメンバーも
しっかりしよう。
とくに、コーギー馬鹿のオット&バド、しっかりしなさいよ(笑)。

12去年の3月

(去年の3月のタビィは、こんなに普通に元気だったんだよ)

トール、徹夜明け、頑張れよ~。
このブログ見て、泣かないように!
でも私も朝っぱらから書きながら泣いてしまいました。
しかし、タビィに恥ずかしくないよう、頑張っていこう!
今日は某住宅メーカーさんのWEBカードの〆切(第3弾)だーっ!


白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 8

イイオカ  
ものすごく価値のあること

ウチのボスのところには、全国各地から問合せがきます。
もちろんプジョーに関することです。
どうしてよいかわからないメカニックさんが解決策を求めてくれます。ボスは惜しげもなくアドバイスします。
ごめんなさい、車と一緒にしてものすごく失礼なんですけど、何が言いたいかというと、今回の結果がタビィちゃんの治療にあたった先生方だけでなく、もっとたくさんの獣医さんの耳に届くと思うということです。
当時の体内の様子を今、タビィちゃん亡き今、聞いたら、そりゃ泣けますよ。
でも今後、献体を決断された時にトールさんが仰ったとおりになるんだな、と。
それって、すごいです。
タビィちゃんも、自慢のおりコーギー(あ、これパクリです)ですね!




2009/03/12 (Thu) 16:33 | EDIT | REPLY |   
マカマノママ  

お久しぶりです^^
タビィちゃん粋なことしてくれましたね~
タビィちゃんの献体のおかげで今後疑わしい場合に
血栓の検査も考慮することができるようになったんだもの!
これって凄いことだと思います!
私も頭の隅っこにインプットできたし
タビィちゃんありがとう☆彡

タビィちゃんがお星様になったその前後にも
会ったことのあるワンコやブロ友さんのワンコが亡くなったり
落ち込んみがちな冬でした。。
オレンジ本も買ったのにご報告も遅くなりました^^;
妹M子が骨折した時には酒盛りもしてくれたようで感謝です^^
バドくんも膀胱炎たいへんそうだけど
頑張ってくださいね~
うちもハードマウスのチビラブマノアが
ストラバイトができやすいんです~

今度ARMSにランチしに行きたいと思ってるので
お会いできたら嬉しいです(*^_^*)

2009/03/12 (Thu) 21:01 | EDIT | REPLY |   
こぼずはうす  
素晴らしいこと

剖検や献体。簡単な言葉だけれど、決心は簡単ではないですよね。
バド吉さんご一家の犬全体への愛情からくる行動ですね。

血栓・・・いずれ人のようにカテーテル手術をしたりするようになるのでしょうか。
それもこれも、タビィちゃんのお陰になりますね。

改めてご冥福をお祈りいたします。
タビィちゃん安らかに。

2009/03/12 (Thu) 22:50 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
→イイオカちゃん

ありがとう。
イイオカちゃんをまた泣かせちゃったかな(笑)。
ボスのところに全国からアドバイスが来たときのように
(意味わかったよ。車と犬を一緒にしても、意味わかるわかる)
今回のタビィの症例が、獣医さんから獣医さんへ
少しずつ日本中に広まっていけば、本当に嬉しい。
これをきっかけに研究がなされるとかね。

まぁ、いつかは必ず死ぬんだけど、
タビィも14近くまで生きているからけっこうよい方なんだけど、
それでも肺高血圧症にたとえば9歳とか10歳でなってしまったコーギーやほかの犬種がいたときに、今回のケースが役に立ち、血栓を溶かしたら元気復活するっているケースもあるかもしれない。
そうなったら嬉しいなぁ。

タビィは自慢のおりコーギーですよ。
おりコーギーの母ですから!(笑)

今度はジョジョ連れで、みんなでBBQしたいな。

2009/03/13 (Fri) 12:20 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
→マカマノママ様

お久しぶりです!
妹M子には(Eりんにも)毎週のようにお世話になってますよ~(今度の日曜もうちに来ます。笑)。
タビィのこと、ありがとう。
飼い主が、へんに頭でっかちになるのもよくないかもしれないけど、いっぱい病気の知識を蓄えておくというのはいいことだと思う。あくまでも科学的、冷静にだけど、獣医師と協力して主体性を持って治療に参加することは大事なことだと思う。タビィの今回の一件が、誰か別の飼い主さんと犬のためになれれば、シライシ家は嬉しい。

オレンジ本ご購入、ありがとう~。
今度感想を聞かせてね。

うん、代々木入りするときは声かけてください。
ARMSでもいいし、お友達のぼにままLOUNGEなら、3頭連れでも許してくれるよ!
私、まだ「馬のような」とウワサのフラットちゃんに会ってないから、3頭連れておいでよ!
手は貸しますから(ほら、うちは最近犬人口が減っちゃったので、手は余ってます。笑)
みんな連れておいで。
ハードマウスの黒ラブだって、私はウェルカムよん♪

2009/03/13 (Fri) 12:29 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
→こぼずはうす様

ありがとうございます。
カテーテル手術とか、犬でもやるようになるんですかね。でも、すでに学会発表もあったし、人医療と獣医療の時差はどんどん減ってきてますもんね。

タビィの症例、山陰にも広めてください(笑)。
まぁ、こんな厄介な死にかかる病気が、発症しないにこしたことないんですけどね。

みんながこんなふうにタビィのことを心に留めてくれること、それがいちばんの供養かもしれません。どうもありがとうございました。

2009/03/13 (Fri) 12:33 | EDIT | REPLY |   
Mayumi  
偶然…

タビィ…肺梗塞だったんだ。凄い偶然だけど、昨日の夜勤の時の受け持ちの患者さんも肺梗塞で急変した。造影剤を使う検査はCTだよ。。その患者さんも元々は脳外科だったけど、急変時の造影CTで肺の梗塞が見つかったから…循環器科に転科した。血栓があるとは思わなかった…は、医者の怠慢じゃあないのかな。。って思ってしまうのは言い過ぎかな。。いきなりCTは撮れないにしても、血ガスとったり、心電図とったり…前フリの検査して、呼吸が苦しい患者に対して、全ての可能性を模索するのが医者の努めだと思うんだけど。。 血栓だったら~ワーファリン飲んだり、状態悪かったらヘパリンで管理したり…治療方法の選択肢だってあるし。。なんか…ごめんね。思わなかったで、済まされてしまうのが犬達なのかな…って。。悲しくなってしまった。

2009/03/13 (Fri) 14:27 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
→Mayumiちん

タビィのために怒り悲しんでくれてありがとう。
そうなのよ、肺梗塞だったんだよね。
造影剤を使う検査はCTなんだね。勉強になった。

うん、でもね、獣医さんは、人間の医者のようには治療は進められない側面があると思う。人間だったら、お金に糸目をつけず、全力で治療に当たるのが、ま、人権というか福祉というか常識というか(私は人間でも尊厳死認めてほしいタチだけどね。延命処置はいやだ)。
だけど犬の場合は、人より寿命が短いし(助けても、老犬の場合は別の病気がすぐやってくると思う。もう臓器じたいが老化してて、いろいろガタが来てる。タビィだってせっかく肥満細胞種を克服したのにさ~)、
医療費を負担するのは飼い主で、
どこまで完璧な治療や検査をすべきか、
先生が飼い主に提案していくのはいろいろ大変だと思うの。
飼い主がそれで破産したり、離婚したりする例だってあるんだよね、現実に。
それに、怒る飼い主もいる。「そんな治療は頼んでない。お金は払わない」ってさ。治療費踏み倒す人も本当にいるのよ。いろんな飼い主がいる。

CTだったら、犬なら全身麻酔だから1日がかりだし、検査費は5万円くらいかかるんじゃないかな。それ以外に麻酔代とかいろいろ加算されるかも。人間と違って保険きかないから、数打ちゃ当たる、ってわけにいかない。その検査をしても、何も病変は発見できないこともある。よかれと思って検査しても、飼い主の中には「金儲け主義の病院だ」と思う人もいる。

それに経済的にも大変だけど、それ以前に
あの弱ったタビィに全身麻酔も無理だったなぁ。
人医療を獣医療に転用、流用できることも多いけど、犬と人はまったく同じ条件ではない、ということも頭においておかないと。獣医さんは飼い主の素人考え以上に、いろいろなことを想定してくれていると思う(たぶん。能力のある獣医さんならね)。

だからね、いいんだよ、あれで。
タビィはあれで十分頑張ってもらえた。
私、どんどん弱っていくタビィが、とりあえず生きているというだけで、半年1年生きても、幸せだったかどうか。弱っていくタビィを見る期間は、あれくらいでちょうどよかったのかもしれない(と思う)。

獣医さんを信頼できるか、治療を託すことができるか。この一語に尽きると思うの。
私は、ま、血栓が今回見つかったのはびっくりしたけど、
それを隠さず、ちゃんと教えてくれて、
だめだったことは誤ってくれて、
次の犬にこの経験を活かしていくって、言ってくれた先生に感謝してるよ。

だって、死人に口なしなわけで(笑)
私には血栓を見つけることはできないわけで。
黙っていりゃわからないことだった。

人間のお医者さんも、院内事故とか、失敗とか隠蔽せずに、ちゃんと認めて、
ごめんなさいする勇気持とうよって感じかな(笑)。

だけど、真由美ちん、ありがとう。
私の分も怒ってくれて(笑)。
だから私は冷静になれます。
ほんとありがとう。

タビィは幸せ者ですよ。

2009/03/13 (Fri) 14:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply