Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

昨日の夜、右前足に、大豆くらいの腫瘍を発見。
雨後の竹の子みたいにでてきやがって。
今度の土曜日にふたたび摘出手術です。
でも今度のはまだ小さいから入院しなくてすむ。

今日は1回目の手術の抜糸をして、
詳しく肥満細胞腫の説明と、今後についての方針を聞きました。

状況は把握した。見通しも理解した。方向性も自分の中でほぼ決めた。
でもまだどうも現実味がなく、映画を見ているようでもある。
まだ頭が機能停止中なので、詳細はまたあとで。
けどいちばん鮮明に残っている言葉は
「1500日生きる確率は44%。でも明日、死んでもおかしくない」。
……あんまりな事実に、茫然自失で、涙もでない状態です。
まさかこの可愛いタビィが死んじゃうなんて。
今日も笑ってるし、ごはんも散歩もいつもどおりのタビィが、いつ死んでもおかしくないだと?
理解不能。脳みそフリーズ。……ゆっくり頭を整理します。
白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 0

Leave a reply