Article page

by
  • Comment:2
  • Trackback:0

今日は土曜日だけど~、原稿書き~。
しかもテーマは「ペット葬儀」についてだから、ちとヘビーな気持ち。
というわけで現実逃避で(笑)、12月の新潟旅行の思い出を綴ってみましょう。

---------------------------------------------

12月13、14日、家族で新潟旅行へ行ってきた。まめちゃんは初めての1泊留守番。日本海で脱走されるといけないので。

旅行はほんと久しぶり。パチが死ぬ直前に房総へ出かけたぶりだから1年半ぶりだ。
パチとタビィの闘病で、身も心も財布もすり切れたシライシ家(苦笑)。でも、かの糸井重里氏も今週の「ほぼ日」でこう書いている。

*****

花や、おかしや、笑顔や、旅や、おしゃべりや、歌は、
景気の良し悪しに関わらず人には必要な栄養だ。
「それどころじゃない」って、言わないようにしたい。

*****

私はこれを自分の「ハッピー格言」として胸に刻むことにした。
私の場合は「犬や、猫や、酒は」も追加される(笑)。

----------------------------------

さて話を戻そう。


12月13日はタビィのほんとだったら(生きていたら)14歳の誕生日だった。
日本海の荒波を見ながらタビィを偲び、カニ食べて元気をだそー!という旅。

初日、新潟へ行くというのにちょっと遠回りして、東北道を使う。雪をかぶった磐梯山が見えた。
那須高原SAには、ドッグランも。ネタ収集のために写真も撮っておきましょう(毎月、時事通信さんのお仕事も書いていて、写真も毎月必要なの。バドが寝てばかりの写真しか最近ないからさー、ネタ集めできるときにしておかないとね!)

12月1那須高ッグラン

日本海とカニしか目的がなかったはずだったが「冬の新潟→あ、ハクチョウが飛来してるはず→新潟といえば瓢湖(ひょうこ)だ!」と、昔WWF時代(プロレス団体じゃーないですよ、パンダのマークの自然保護団体です)ラムサール担当だった私は思い出した。マチュに前夜に「ハクチョウ見たい?関東や広島じゃ、なかなか見られないからね」というと「見たいー!」というんで、瓢湖へ。

旅2

おおっ!? なんと今年、つい最近、ラムサール条約登録地になったばかりと現地で判明!
いやー、よかったねぇ、よかったねぇ。これで瓢湖の生態系の保全が国際的にバックアップされる。よかったよかった。

旅3

マチュはガン・カモさんに餌付けするのが楽しくて仕方ない。
ちゃんと専用餌を与えているが、私としては、餌付けに関しては複雑な思いがあるけどね。
観光地化するってのも、複雑な思いがあるけどね。

旅4

でも、たしかに、可愛いんだな、ハクチョウさん。
見ているだけで、心が和む。
こういう湖がふるさとにあるって、財産だよね。

旅5

観光客がいっぱい餌付けするから、鳥たちがわんさか寄ってくる。
だからガンドッグは、観光客に迷惑だから、最初は湖には近づかず、遠目に見ていた。
飼い主は交代で、湖面(鳥たち)に近づく。
でも隅っこの鳥と人の少ないとこで、バドにも見せてあげた。興味津々。
じーちゃんだから大丈夫かと思ったが、
湖に飛び込もうとしたから焦った(笑)。老いても、ガンドッグ魂、健在。

そしてお楽しみのお宿は、
「私ってよくここ見つけたな~♪」と自画自賛した犬連れOKの古民家の宿「国安」さん。
トールにはサプライズで連れて行ったの。
ほんと建物も情緒たっぷりで素敵だったし、新潟の山の幸、海の幸をたらふく堪能できて、最高だった。なのにね、バドも畳のお部屋に入れてくれるし、犬はサイズにかかわらず一律1000円。なんて親切な。バーニーズ2頭とゴールデン1頭の飼い主さん夫婦だからね、大型犬への愛と理解が溢れているの。ほんとは秘密にしておきたい隠れ宿だけど、バドバドサーカス読者のみなさんには内緒で教えてあげちゃうわ。

旅6

ただ食事のお部屋は犬はとなりの土間で待つように。バドは土間は冷えるから当然座敷に上がり込もうとするので、食事中は車で待たせた。

旅7

これでもか、これでもか、と、ごちそうがでてくる。このあとつみれ鍋もきた。ボリュームありすぎで苦しい~。でもどれもこれも美味しくて、お腹がはちきれそうに食べた。でもおなかがいっぱいになりすぎて酒どころ新潟の日本酒をたっぷり堪能できなかったのが悔やまれる。

お風呂は普通なので、温泉めあての場合はオススメしません。ただうちにとっては家族風呂で入れるのは嬉しい。
お部屋は純和風で、素敵よ。大型犬も入っていいなんて、ありがたや。今度はまめちゃんも連れてきていいって。ただし、室内で排泄させるのはNGみたいなので、小型犬オーナーさんは確認してください。

旅8

バドはマイ毛布、マイベッド、マイ敷物持参。
おまえの荷物がいちばん多かったぞ。

後半に続く!
白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 2

マイママ  

素敵なお宿紹介ありがとうございます。↑メモメモ

新潟というか東北地方は、まだ犬連れ未体験です。
草津では人間は温泉も楽しめて、犬連れ同室、食事室(和室・洋間選べる)ドックラン付のお宿は体験済み

ここでも中型犬15キロまでと、なかなか大型犬同室はありそうでないみたいですね。

瓢湖の白鳥は数も多いですね。
山中湖でマイは白鳥とにらめっこの挙句「グヮッ~!!」と威嚇され
そっぽ向いて見ないふり

小さいときから見ているので水から上がってまでもと・・思っているのかも^^;
ガンドックは見て見ないふりは・・さすがカッコイイ!!

3月に箱根に予約できました・・楽しみです。

ps、遅くなりましたが出版おめでとうございます。
すごく立派な本でびっくりしました。行ったことのあるお店もありました。
飼い主さんのドックカフェのマナーもなかなか文でまとめて見られる機会もないのでとても参考になると思いました。

バドくんのオープンカーの写真もステキでした。

2009/01/17 (Sat) 18:06 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
→マイママ様

地方では、まだまだ大型犬とフツーに泊まれる宿は少ないんです。
あっても、マチュと同じくらいの料金を取られたり(涙)(ごはんもでないくせに)。
掃除の手間とか、どんなマナー違反の飼い主かわからないから仕方ないとはいえ、
犬各5000円とかだと多頭飼育だと厳しいんだよねー。
それに「犬okにしたら儲かる」という考え方の宿には泊まりたくないしねー。
「犬も子どもと同じ。犬だけ留守番させるのは気の毒だから、マナーを守る方なら、一緒にどうぞ」という気持ちのあるところに泊まりたい。
オレンジ本のコンセプトと同じです(笑)。

あ、オレンジ本見てくれてありがとう!!
今回はすごく立派だった?(笑) 
オールカラーってやっぱりインパクトあるんだね。うん。嬉しいな。
マナーの原稿のことも、マイママのようなしっかりしている方に誉められて
嬉しいです。
バドのオープンカー、いいでしょー!!

マイちゃんがハクチョウに脅される(笑)話、微笑ましかった。
3月は箱根ですか。またもや、いいな~!

2009/01/19 (Mon) 11:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply