Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

タビィのことをみんな心配してくれて、
コメントを寄せてくださったり、直接メールを送ってくださったり、本当にどうもありがとう。
犬友達って、ほんといいね。
犬を飼ったおかげで、こういうよい人間関係がつながっていく……これも犬に感謝しなきゃね。

今日は取材のため、お見舞いに行けなかったけど、昨日は行ってきました。
でっかいエリザベスカラーをつけたタビィは意外なほどパワフルに元気で
ケージを壊しそうなくらいガリガリして、“一緒に連れて帰って!”と訴えていた(涙)。
点滴もしていないそうだから、あとは消毒くらいなら自分でできるから、月曜に退院できないかと先生に交渉したけど、やはりダメでした。まぁ、仕方ないね。先生もせっかく切ったところが、何かのきっかけで大出血したりとかになったら、手術した苦労が水の泡になっちゃうもんね。

タビィ入院3日目、悪性かどうか検査結果が心配なのと、心臓の今後が心配な私と夫は、お見舞い帰りにはまた頭がボーッとし、口数は減るわ、夫は車のバンパーを車庫入れでこするわ(!)。私の大事なプジョーちゃんになんてことを。でもね、私もぼーっとして運転する自信がなかったために、彼に運転してもらってたわけで。今回ばかりはあまり怒れない。

意外と飼い主、もろいですね(苦笑)。

バドとパチも、なんかへんです。バドは分離不安症状が少しでて、ゴミ箱のふたを開けたり、玄関の方をのぞきこんだりしている。パチは動じていないのかと思っていたけど、昨夜はパソコンの下の奥の方に強引にもぐりこんで寝ていた。いまもまたもぐり込んでいる。なぜ、そんなところに隠れるのか。やはりわが家の陰の女番長の不在は不安ということか。

そして非常に珍しいことに夕方、バドとパチが、くっついて寝ていた。
パチはいつも孤高を愛する、独立心高い犬なのに。一応、バド兄ちゃんを頼りにしているみたい(笑)。
20060925234553.jpg


多頭飼育のおうちは、仲間が入院して不在になるとか、いつかは先立たれるとかという場面が来ることも、想定する必要がありますね。あんまり考えたくないシチュエーションだけど、やはりシュミレーションは必要かもなぁ。

猫のまめちゃんは、とくにいつもと変わらない。平常心。さすが猫。しかし、いつもよりパチにちょっかいだしてるかも。ナーバスなパチが、ますますご立腹な感じです(笑)。

明日の夕方、タビィをお迎えに行くのが待ち遠しいです。


白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 0

Leave a reply