Article page

by
  • Comment:2
  • Trackback:0

いま、動物医療の原稿を書き始めようとしている。
んだけど、タイトルを書いただけで泣けてきて。

-------------------------------------------------------------------------------
~愛犬のからだを次世代の獣医療のために役立てるという選択肢~
「献体」を考える
-------------------------------------------------------------------------------

5-11の.Jタビィ
(今年の5月11日。代々木公園にて。この頃はまったく元気だったタビィ)

タビィが死んで1か月と1日経った。
でも、やっぱり涙ですぐには書けないもんだ。

タビィ、私に力を。
タビィのからだが、次の世代のコーギーや肺高血圧症の犬のためになりますよう。
日本の獣医療の進展について考えるきっかけになりますよう。

16正月のタビィ
(今年のお正月。はしゃいでうかれて勝手に房総の海に入るタビィ)

ペンは、ときには剣よりも強いと、私は信じてる。


白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 2

イイオカ  
ペンは剣よりも強し

そのとおりですよ。
偉そうに言わせていただいちゃいますけど
それが、ばど吉さんの使命なんだと思います。
なかなか、誰にでもできるもんことじゃないですから。
がんばってください。応援してます。

2008/10/16 (Thu) 18:02 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
→イイオカちゃん

ありがとう。
書き終わりました。
そういってもらえて嬉しいです。
きっとなかなかこんな記事を書けて、
写真を掲載できる記事は
ないと思います。(自分の犬じゃなきゃ、とてもできません)
でも、私は、ひどい飼い主かもしれません。
書き終えたら書き終えたで、また泣けてきます。
身を切るような思いです。

2008/10/17 (Fri) 14:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply