明日のコーギーのために~献体~

みなさん、たくさんの温かいコメントをありがとう。
直接メールをくれた方もありがとう。
いちいち読んだ直後は涙するのでお返事ができませんでした、ごめんね。

すぐお花持って駆けつけてくれて、タビィの寝顔を最後に見てくれたマイママ、みどりちゃんママ、れんちゃん夫妻、ぼにまま、Jちゃん、ベン&ももん家、ありがとう。タビィには会えなかったけど泣きながらお花を持ってきてくれたリリーちゃん家もありがとう。
お花を贈ってくれて、シライシ家の心をなぐさめ、タビィに天国への花道を作ってくれたアンディ&モニカママ、まこママ、ジーク家ありがとう。カードのお言葉が身に染みます。

日曜になったばかりに死んじゃったタビィのその後を書きます。

日曜午前、トールと相談後、勇気をだしてNJ大学の担当医の大先生に電話しました。
3連休の中日にいるわけはないと知りながら、あえて連絡を取りたいと守衛さんから獣医内科学の学生に電話を回してもらいました。
そこまで焦って電話したのは、
タビィの肺が、これからのコーギー(およびもしかしたらそのほかの犬種)の肺高血圧症の原因解明、研究、治療法の確立に役立てるのなら、献体を申し出たいと思って。

でも私もさすがに自分の犬を献体するなんて初めてのこと。
本当に先生は必要なのか、献体したものをちゃんと活かしてくれるのか、タビィの体は戻ってくるのか、ちゃんと開いた胸は縫合してくれるのか、臓器は冷蔵や冷凍するのか、……などなどわからないことだらけ。不安だらけ。そして、可愛いタビィの胸を開き、臓器を提供することへの迷い、私はひどい飼い主なんじゃないか、とかいろいろ思ったけど、

トールが「タビィの肺を献体しよう。今後、野子たちのためになったら嬉しいじゃないか」と言った。

びっくりした。
だってトールは、私のドナー登録を今までものすごく反対している人だから。
死んだ私の体が持って行かれて、刻まれることは、絶対に嫌だ、誰かの役に立つのはわかっているけど絶対にそれだけは嫌だ、と今までずっと反対していたのに。
タビィが死ぬまでは、彼は絶対に献体なんて反対していたと思う。
だけど、トールはえらい。ほかのコーギーの犬種の未来を考えたんだね。
さすが、本物のコーギー馬鹿だね。

大先生とも話がついた。先生は都内にいなかったのに携帯でいろいろ大学へ連絡を取ってくれた。
先生は私の心に配慮し、言葉を選びながらも、きっぱりと
「タビィちゃんの肺動脈がほしいです」と言った。
そっか、肺ではなくて、いちばんの欠陥は、肺動脈だったのか。
肺動脈はコーギーの場合、4~5センチ程度の長さだそうだ。そんなに小さなパーツが壊れてタビィを苦しめたのか。でも小さなパーツひとつひとつが全部大事なんだよね。
肺動脈は肺と心臓をつなぐ大事なパーツ。
タビィは、肺、肺動脈、心臓を献体することに決まった。
「先生、ちゃんとタビィの体は返してくれますか? 胸はちゃんと縫ってくれますか?」
「と、当然です。ちゃんとさせていただきます」
先生にとっては当たり前のことだったけど、私にとっては大事な確認事項だった。

午後2時半、NJに到着。
タビィをよろしくお願いします。

17献体

タビィの胸を開く時間は、1時間か1時間半。
今回は麻酔も何もいらないもんね。
私、昔、高校生の頃、バイトしてた動物病院で犬の解剖を手伝ったことある。
だからだいたい想像はつく。

待ち時間中、私はタビィの実の息子、陸家に電話をした。ご自宅が大学から比較的近かったから。もしもタビィに会いたかったら、タビィはいま近くに来てるよ。

陸家もつらくて迷ったようだけど、勇気出して来てくれた。
陸ママったら「陸と野子を連れて行っていいですか?」となぜか私に聞く。
「もちろん!なんで?」
「いまは会ったら思い出して辛いかと思って」
そんなことないない!
でも実はオットは一瞬そう思ったんだって。
だけど、陸たちに再会したとき、すごく嬉しかったって。

17陸家が

「生きてるコーギーに触りたい」
トールは、すでにタビィを失った日の午後からそんなことを言ってる。
たぶんそれもペットロス症状のひとつ。何とか何かで悲しみを埋めようとしているんだよね。

17献体後

タビィ、無事に献体を済ませ、帰ってきました。
毛を剃られることもないので(もう消毒は必要ないもんね)、一見するときれいに、そのままの姿で帰ってきました。安心しました。
さすがの私も、タビィの胸の毛をかき分けて、縫合の様子を確認することはできませんでした。もう先生を信じるしかありません。
大学からは、とても感謝され、きれいなお花がタビィの棺に入っていました。

昨日、都内に戻られた大先生からも丁寧なメールが来ました。

病理学教室にて、肺動脈にどんな障害が進行していたのかを調べてくださるそうです。
「その結果を新たな治療法の開発につなげること、そして可能であれば今後、遺伝的な関係についても調べてみたいと思っています。遺伝的な背景が関係しているなら、将来、遺伝子を特定すると共に発症をなくすことが可能になるはずです」

よかった。タビィの肺動脈によって、少しでも研究が進めば本望だ。

だけど、献体した晩は、またも大泣きしました。
献体なんかしちゃったけど、タビィが今度生まれ変わるときに、心臓や肺がない子になったらどうしよう、心臓や肺に欠陥のある子に生まれ変わってしまったら、私のせいだ。
と、大泣きしてしまいました。
迷いがあるくせに、そんなことするからいけないんだけど、
だけど、タビィのパーツはこれからのコーギーの未来に役に立つと信念をもってしても、理性ではわかっていても、私は弱い。感情では、タビィになんてことをしてしまったのか、と思ってしまう。
そしたらトールに諭されました。献体のことを後悔するな、間違ってないから、と。


月曜日朝9時、タビィを荼毘にふしました。
バドも連れて行きました。(1頭で留守番させたら、何が起きるかわかったもんじゃない)

17荼毘

バドはお寺の中に入ろうとします。
ここんとこ、バドが引っ張るなんてこと、何年もないのに、こんなに引っ張って。
どこへ行きたいのかとやらせてみたら、
まっすぐタビィを焼いている部屋の扉の前に行き、くんくんくんくん執拗にニオイを嗅ぎ、いまにもドアを開けろ、と言わんばかりでした。びっくり。さっき、タビィがここへ入るときはバドは車の中で待たせていたのに。タビィのニオイがわかるんだね。タビィがここにいるのがわかるんだね。犬って、わかるんだね。泣ける。

2年前、抗ガン剤も半年やったし、いまも強い薬を1か月以上飲んでいたタビィの骨は、崩れそうに小さかったけど……
タビィ、えらかったね。よく頑張ったね。気丈な最強のしっかり者だもんね。
タビィは、誰の前に出しても恥ずかしくない、美人で、すっごい他人にもフレンドリーで、ほかの犬ともケンカしないから飼い主的には楽ちんで、バドを女好きにしないように厳しくしつけてくれて……本当にシライシ家の優等生だった。タビィがあんまりに可愛くて、いつも知らない人が駅前とかで撫でてくれてて、コーギーを好きになっちゃって「うちでもコーギーを飼うことになりました」と教えてくれたおうち、何軒もあったよね。すごいよね、タビィのパワーは。

17お骨

タビィ、たくさんのお花、きれいだね。いい匂いだね。
ほんとは食いしん坊のタビィのためにチキンロールとかいっぱいお供えしてあげたいんだけど、まめちゃんに襲撃されるからやめとくね。

みんな、本当にありがとう。
犬友達の温かいお気持ちをいただいて、シライシ家、少しずつ立ち直っていきますから、
ちょっと待っててね。


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/09/17 (Wed) 17:46
  • #
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/09/17 (Wed) 19:42
  • #
ありがとうございます

今後のコギ(犬)たちのために、ばど吉さんご家族が決心されたこと、本当に、感謝です。

>献体なんかしちゃったけど、タビィが今度生まれ変わるときに、心臓や肺がない子になったらどうしよう、心臓や肺に欠陥のある子に生まれ変わってしまったら、私のせいだ。

そんな事ゼッタイないです!!むしろ、今度は、もっともっと最強の心臓や肺を与えられて生まれ変わります。
そう信じています。

時間はかかっても、ゆっくりとまた元気になってくださいね。
待ってます。
我が家は、明日、また陸の通院日。まだまだ、息子頑張ります!!


  • 2008/09/17 (Wed) 20:02
  • 陸家 #U.n9xy0c
  • URL
陸は頑張って!

ありがとう。泣けます。
タビィ、最強の心臓や肺を神様に与えてもらって生まれ変わるかな。
そうなら嬉しい。ありがとう。
陸の最強の母は、コギーの寿命13歳9か月までしか樹立できなかったけど、
陸は頑張れ。頑張って。
まだ陸はあんなに可愛くて、バドに「やばっ」って顔できて(笑)
ハッピーにいっぱいごはんが食べれる。
食欲があるって、当たり前のことだけど、大事なことだよ。
陸の明日の病院検査の結果がよくあるよう祈ってます。
そして可愛い野子。野子が大人に(おばあちゃんに)なる頃までに
コーギーの肺高血圧症が鎮圧できることを
シライシ家は強く願います。

  • 2008/09/17 (Wed) 23:17
  • ばど吉 #-
  • URL

愛しい命が旅立とうとしているときの突発的にも思えるひらめきや衝動、
それは旅立つものの遺志だと、経験上、私には思えます。
献体は、きっと、タビィちゃんのラストメッセージですよ。
まずパパさんがテレパシーをキャッチして、ご家族がきちんと受け止めて、
タビィちゃんもホッとしていますね。

  • 2008/09/18 (Thu) 10:01
  • まこ母 #-
  • URL
まこ母へ

素敵なお花をどうもありがとうございました。
タビィのラストメッセージかぁ。
実は私は献体について事前に考えてはいたけど(鬼飼い主かも)
ほんとトールがあんな風に意見をひるがえしたのは、
タビィの意志かもしれないですね。
うん、ありがとう、でもそう思うとまた泣ける。ふーっ。

  • 2008/09/18 (Thu) 10:17
  • ばど吉 #-
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/02/21 (Sat) 23:14
  • #

コメントありがとうございます。
コーギー好きの人間のパパが
タビィと同じ病気だなんて。
とてもびっくりしました。
どうかお体、お大事になさってください。
タビィの残したバイアグラ、お役に立つなら使ってもらいたいくらいです
(どうしてよいか処分に困ってます。笑)。

コギのブリーディングも頑張ってくださいね。
なるべく遺伝子疾患のない健全なコーギーを繁殖してください。
今度いつかお会いできますように。

  • 2009/02/23 (Mon) 13:12
  • ばど吉 #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する