Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

国益に関わるような大事な会議を休むのはどうかなとは一応思うけど、
でも、こういう人が国を動かしているってのは、人間味があっていいような気がする。
人間だもの、お休みもしなくちゃ。
ブラボー、オーストラリア♪ 頑張れ、ウォンバット。
----------------------------------------------------------------------------------------
豪財務次官、ウォンバットの世話のため中銀理事会欠席へ
6月27日13時42分配信 ロイター

[キャンベラ 27日 ロイター] オーストラリアでは景気の先行き不透明感が広がるなか、財務省の高官がウォンバットを世話するため5週間の休暇を取ったことが話題となっている。これについてラッド首相は27日、個人の問題だとコメントした。
 熱心な動物保護活動家でもあるケン・ヘンリー財務次官は、絶滅が危惧(きぐ)されている種類のウォンバット115匹の面倒を見ている。同次官の事務所によると、26日から取得した休暇のため豪連邦準備銀行(RBA、中央銀行)の理事会を欠席することになる。
 オーストラリアでは足元のインフレ率が16年ぶりの高水準で推移しており、政策金利は12年来の高水準となっている。
 ラッド首相はラジオで「政権発足以来、国内経済は国際的な大きな圧力と難題の下にある」とした上で「私の知る限り、これまで財務次官はまったく休暇を取っていなかった」と擁護している。

ピクチャ 1

6月27日、オーストラリアの財務省高官がウォンバットを世話するため5週間の休暇を取ったことが話題となっている。写真は2005年にシドニーの動物園で撮影したウォンバットの赤ちゃん(2008年 ロイター/Will Burgess)
白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 0

Leave a reply