Article page

by
  • Comment:6
  • Trackback:0

20070912112951.jpg


昨日は、いつもお世話になっている『愛犬の友』誌の「動物医療最前線」の取材で「かまくらげんき動物病院」に行ってきました。

扉を入ってびっくり、スタンダード・プードルの杏杏ちゃんが、カウンターから顔を出してた。あまりにも可愛いので、急いで写真撮ってみました。先生の許可をいただいたので、掲載しますね。スタンプー、こういう仕草がやたら人間くさくて、可愛い。後ろ足で立って、カウンターから顔をのぞかせているのよ。もしやプードルの中に、2本足の知的生命体が入っているのではないかと思わせる顔つきでした(笑)。

この病院は、西洋医学と東洋医学を統合させて、なるべく犬への負担の少ない治療を実践していて、とても興味深いお話が聞けました。掲載は11月号(10/25発売)なので、鍼灸、漢方、メディカルアロマテラピーに関心のある人は乞うご期待(って、明日から頑張って書くよー)。

それじゃ、今から西東京市の動物病院へ、また別の取材に行ってきます。
このまま雨上がるといいな~。
白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 6

Sayuri  
でかいけどかわいい!

アメリカにいた時の話。後ろの車の助手席にきれいな白髪のおばあさんが乗っていました。バックミラー越しに、ずっとそう思ってました。・・・でもよくよく見たら、スタンプーでした!
この子は黒髪なので、若いおねえさんに見えます。

2007/09/12 (Wed) 21:40 | EDIT | REPLY |   
B&N  

可愛い~!
プードルは前述のSayuriさんも仰っていますが、
まったくもって人間のように見える時がある・・・
それは大きくても小さくても・・・
我が家のプードルは、赤毛のアンかと思いきや、
お猿に見える時が・・・

そういえばこちらの病院も気になっておりました。
特に針灸治療・・・今度詳しく教えてくださいまし♪

2007/09/13 (Thu) 00:10 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
プラチナブロンドの美人も

→Sayuri さま
私は、すごく昔、広島で、まだ犬との生活がいまほど密接じゃなかった時代(そうねぇ25年前くらいかな)、前を走っている車の後部座席に、金髪と白の中間のような、プラチナブロンド(しかも直毛で長い)の髪の毛の人が座っていて、なんてきれいな髪の色なんだろう、外人さんだ~と思っていたの。そしたら信号待ちで車が止まったら、その人が横を向いた。そしたら、みょーんと長いマズルが……!!?

その方は、美しいアフガンさんでした!

2007/09/13 (Thu) 17:15 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
赤毛のおサルさん

そりゃー、ニータンに失礼じゃないっすかぁ!??
えー、サルっぽい?
ぬいぐるみかテディベアの印象しかないけど、
類人猿くさい仕草をするのだろうか??
今度、観察してみなきゃ!

東洋医学、おもしろかったです。
私はメディカルアロマピーに興味津々。
バドの外耳炎が治りそうなんだよ! あいつの耳が治ったらブラボーでしょ、副作用も全然ないわけだし、しかもいい香りだし、これで治るならベストですよ。植物の殺菌パワーはすごいのかも。原稿書く前に、ただいまバドで実験中です(笑)。
また報告します。

2007/09/13 (Thu) 17:20 | EDIT | REPLY |   
Ryoko☆  

うきゃきゃきゃっ(>▽<)
いい写真ですねぇ。
しかもカットも「受付お嬢さん風」ですね!
私、間違いなく診察券出しちゃいますぅ~(笑)

2007/09/13 (Thu) 20:50 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
うきゃ

→Ryokoさま
私も、この写真を撮ったあと、画像を確認し
「うきゃきゃきゃ」と思いました!
もう一人で、にや~っとしちゃった(笑)。
こんな可愛い受付お嬢さんがいたら、
通院も楽しくなっちゃうよね。

2007/09/13 (Thu) 23:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply