Article page

by
  • Comment:1
  • Trackback:0

20070518144628.jpg


昨日5月17日(木)、A大学に行ってきました。
タビィ、寛解(かんかい)のお墨付きをいただきました!
(ガンでは完治という言葉を使わず、とりあえず再発しないようだと判断されたときには寛解と言う。獣医学の場合は約7か月がめど)
肥満細胞腫、ついに克服しました!

秋のおしりの腫瘍の発現から8か月。ついについにこの日がやってきた。
最初の頃は、もうタビィは12/13の12歳の誕生日にはこの世にはいないかと思って泣き暮らしていたけど、2007年のお正月を迎え、桜を見て、ついに現在も元気に生きている。
今は、うちの犬3頭の中ではいちばん健康そうだ(笑)。

励ましてくれた犬友達のみなさん、本当にどうもありがとうございました。
あきらめなければ、運もよければ、ガンでも助かることもある。
タビィの症例が、今も肥満細胞腫はじめとするガンと闘っている多くの犬と飼い主さんの希望の星になれれば、嬉しいです。
20070518151327.jpg


A大学のみなさん、腫瘍科のドン・S先生、放射線科のMお先生、そして私が根掘り葉掘り聞いてもいつも丁寧にいっぱい説明してくれたタビィの主治医のI先生、適切な治療を施していただき、本当にありがとうございました。白石家、本当に感謝しています。

そして夕方、都内に戻るのが遅くなったとき、マチュの避難先としていつも助けてくれたM輪ちゃん、M子ちゃんもご協力ありがとうございました。それから、いつも事件のときは真っ先に駆けつけてくれて、タビィにベッドまで(そのうえケンカになるからバドベッドまで)プレゼントしてくれたBママ、本当にありがとう。

みんなのおかげで、いまタビィは生きています。

【2006年】
9月19日 :おしりにミカンほどの大きさの腫瘍発見
9月23日 :おしりの腫瘍摘出手術
9月29日 :そのおしりの腫瘍が悪性腫瘍(ガン)の「肥満細胞腫」と判明
10月2日 :右前肢に大豆ほどの腫瘍発見
10月7日:右前肢の腫瘍摘出手術
10月13日:右前肢の腫瘍は良性と判明
10月26日:A大学腫瘍科初診、治療方針を決断
11月1日 :初めての放射線治療開始(1回目)毎週1回×4週
11月24日:最後の放射線治療(4回目)完了
11月30日:初めての抗ガン剤治療開始(1回目)2週に1回~発症から7か月後まで
【2007年】
4月28日 :8回目の抗ガン剤治療完了
5月17日 :寛解のお墨付きをもらう。無事、治療卒業!
(今後:2か月毎に、経過観察のためにA大学に行く予定です)

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 1

陸  
タビィちゃんおめでとう!!

良かった~!!
ここに来るまで、色々大変でしたね。白石家のみなさま、お疲れさまでした!!
タビィちゃん、頑張ったね。
間違いなく「希望の星」です!!

2007/05/18 (Fri) 16:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply