avatar image

犬パル部 9月10月のお題「歩いてる最中のマテ」

ブログをすっ飛ばし、Facebook上で、こっそり継続しておりました犬パルクール部
線香花火のように消えかかりそうになったと思ったら、誰かが投稿をしてくれて、それでまたみんなが思い出してくれて、ボウッと息を吹き返したりして、ていたらくな部長としては、部員のみなさんに支えられております。

この夏のお題は、例年どおり「水パル」でした。

スクリーンショット 2017-09-05 22.17.49

↑ タリーさんち。牧羊犬なのに、こんなに泳ぎが達者、リトリーブが達者。やっぱりボーダーコリーは多才だねー。すんばらしい。

スクリーンショット 2017-09-05 22.15.39

↑ この子はアーロン。1歳。なに犬か、わかるー?
答えー。ミニチュア・ダックスフントです。
ダックスは本来。獣猟犬でとてもアクティブな犬。日本で座敷犬になりかかっているけど、だ〜めだめよ〜♪
犬パル部には、アクティブに野山や雪山を駆け回り、ばんばん泳ぐダックス部員も複数います。とても心強いです。犬は自然の中で遊んでナンボ、です! たっぷり遊ばせてあげてね。それが、この犬パル部の目的です。

スクリーンショット 2017-09-05 20.34.13

↑ しかし、うちの犬は、水パル不適合犬。7歳のメル、今年は波打ち際までは来られるようにはなりましたがねー、みんなみたいにスイスイスーイにはほど遠い。パパが波にのまれていなくなるんじゃないかと心配はしていて、ピョンピョンしていましたが、泳いで救助に行くレベルにはなれない。やはりうちは、ニューファンドランドを飼わないとダメなのか。笑。

さらに、もっと水パル不適合犬がもうひとり(もう1頭)。

スクリーンショット 2017-08-17 20.42.12

↑ おいっ、そこのお地蔵さん!!
海に入らないと、暑くて茹でダコ、いや、茹で犬になるぞーーーーー! 熱中症で死ぬぞーーーーーー!
クーパー、8歳の夏。彼も今年は少しは自ら波打ち際をチョロチョロする場面もありましたが、私やトオルが海に入っているときは、頼みもしないのに、荷物の番をしてくれていました。なんなんだ、その行動は。荷物のある場所が安全地帯なのか? それとも本当に荷物を守っているのか? クパの心理を理解するには、まだまだ道は遠いです。

と、夏の課題の結果報告をごく一部紹介したところで、
9月10月のお題にいってみたいと思います。

出題者は、上記の、ダックスのアーロンさんちです。
動画を送ってくれました。でもそのままここにアップできないみたい?なので、

こちらを見てみてーーー。★

お題は「歩いてる最中のマテ」

アーロンはホイッスルの音で、おやっと言わんばかりに振り向きます。そしてマテ。すごいぞ!

そして「シット」と言われて、ゆる〜く(笑)オスワリをちゃんとしています。えらいね。可愛いし。

クパメルは、口笛を聞いたら、その場でマテはできずに、クルッと方向転換して、自動的に走って戻ってくるようになっています(笑)。おうちによっては、違うバージョンでもありです。

とにかく、犬が自由に進んでいるんだけど、飼い主のキュー(合図)で、ちゃんと止まることができ、ひいては呼び戻しができること。これは犬の身の安全を守るために、とても重要なトレーニングです。

今回はちょっと真面目に、ちゃんと犬パル部。(いや、いつだって真面目に遊んでいるのよ!)

ただし、住宅街や人のいるところでは、ロングリードをつけてやってね! 頼むよ! 他人様に迷惑をかけないで、犬と遊ぶ、犬とトレーニングする、犬とコミュニケーションをとる。これぞ、犬パル部の絶対ルールです。

それでは楽しい投稿、お待ちしております。

それからこのバドブログを読んで、犬パル部に興味をもった、犬の好きな方! 犬パル部は、いつでも歓迎しています。

犬パル部のルールを読んで、ぜひご参加ください♪

でもときどき、怪しい人は私が承認をしないことがあります。「私は、怪しくないのに! ちゃんと犬が好きなのに! 信じてよーーー」と言う方がいらっしゃいましたら、それは大変失礼しました。ぜひ愛犬の写真や、犬がいなくてもOKなので、私のFacebookにメッセージくださいね。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する