バドバドサーカス

クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。

Entries

とある休日

1474094901297.jpg
朝露で濡れた青草が冷たくて気持ちいいらしい。朝でもすでにハアハアのメルちゃんであった

生きてますよー。
1か月半ほど前から、鍼灸に行きだした成果がでてきたのか、1種類、鎮痛剤を減らしても、わりと普通に活動できるようになってきました。やっぱりすごいよ、鍼! 強い薬ばっか飲むより、よほどいい。鍼灸が保険がきけば、本当に助かるのにな。

それでもまだ複数の鎮痛剤をたくさん使っているので(麻酔科の先生曰く、私が使っている量を普通の人が飲んだら、フラフラして倒れるそうです。なのに私はそれがちょうどいいって、どーゆーことなんだ?)
お昼寝しちゃうし、寝ている時間は明らかに健常者より長いんだけど、

でも少しずつ、いい方向に向かっている手応えを感じます。

この病気で痛み出して約1年ですが、ようやくこの病気との付き合い方がわかってきた気がします。
もっともっとよくなりたいけど。

パラリンピックを見ていて、今回は、他人事じゃなく思えました。
健常と非健常の生活は、いつ急に転換期が起きても不思議じゃないのです。

メルとクーパーとトールと、フツーに近所の公園に散歩に行ける幸せを噛みしめました。

(シルバーウィーク、連休は高速道路渋滞しそうだから、今週はお山は休みだな。クーパー、ごめんな)

1474098276231.jpg
クーパーはロングリードで楽しんでます。メルもロングリードにしてあげないとね

*Comment

お久しぶりです。 

こんにちわ♪お久しぶりです。
メルちゃん口全開ですね(´∇`)

我が家のワイマラナーのsweet、13歳8ヵ月になりました。
めは白内障あり、耳も遠くなりましたがまだまだ元気で母親のストーカーしてます( ̄▽ ̄;)
ですが、最近後ろ足が弱ってきました。
フセする時はドスン!フセから立ち上がる時にヨイッショという掛け声がピッタリ……(゜▽゜)
バド先輩はどうでしたか?
マッサージとか有効なのでしょうか?
ぜひ教えてください(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑


  • posted by sweetan 
  • URL 
  • 2016.09/27 20:41分 
  • [Edit]

sweetan様へ 

きゃーーー、返信失念しててすみません!
13歳8ヵ月ですか。まだもうひとがんばりできそうですね。
耳は、遠くなる頃ですよね。
そして足腰の関節痛がでてくるのか、たしかに、ドスンとなっていた気がします。
マッサージとか有効ですよ。バドの場合は、血行が悪くなり、四肢の先が冷たくなっていました。冬に向けて、ますますそうなる可能性があります。
ドスンとすることにより、よけいほかのところをひねったりするのも心配です。
うちは、知人の獣医さんに勧められて、オムロンの遠赤外線のランプを買いました。それと骨盤あたりに当てると、ホカホカしてきて、バドも気持ちよさそうでした。四肢の先も血が通って温かくなります。オススメです。ワイマは寒がりだしね。
また冬の寒い朝、空咳のようなのを始めたら要注意。心臓の可能性があります。そのときは、お医者さんに診てもらってね。いま、老犬になりやすい僧帽弁閉鎖症などはだいぶ薬でコントロールできます。早期から始める方がよいです。

犬も年をとると、いろいろガタがきて心配ですが、でもこれまた老犬の愛しさは格別。いまの時代も楽しんでくださいね!
  • posted by ばど吉 
  • URL 
  • 2016.10/26 15:34分 
  • [Edit]

ありがとうございます! 

お返事待ってましたー(´∇`)
ありがとうございます♪
お身体大丈夫でしょうか?

ドスンッは関節痛ですか(´×ω×`)
マッサージしてみます!
やはり温めてあげるといいんですね(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑
後ろ脚が少しでも元気になるようにやってみます!

空咳、気をつけて観察してみます。

最近心配なのは階段の昇り降りで……
昇りで踏み外すことも、降りでズリズリっと2~3段滑ってしまうこともあります。
気づいた時は後ろに付いて昇ってあげたり、降りる時は前に出てあげたりするのですが、毎回そうも行かなくて、もう階段に柵でも付けようかとも思いますが、階段の昇り降りも1日数回してるので運動になってるかなぁとも思って迷います(´・ ・`)
バドさん、階段の昇り降りはしてましたか?

1月には14歳になります!
また報告させてくださいね♪

  • posted by sweetan 
  • URL 
  • 2016.10/26 22:57分 
  • [Edit]

階段は要注意 

犬に階段はあまりよくないんですよ。猫と違って、上下運動は苦手。犬はほんとは平屋がいい。あ、マンションも平屋のようなものですね。

うちも階段があるので、バド、抱っこしていました。うちはリビングが二階なので、散歩のたびに抱っこしておりました。晩年は33キロくらい、で、どんどん筋肉がおちて体重は減ってきましたが、、、それでも30キロ級を抱っこするのは普通の女性は難しいと思いますが、うちはやってました(私は力持ち。ナナハンのバイクも起こせますからね〜)。

犬に自由に階段の上がり降りはさせない方がいいと思う。まあ、痛ければ本人もやらなくなってくると思うけど…落下事故でも起こして骨折でもしたら大変。老犬は骨折が治るのも時間がかかると思うし。あぶないよーー。私なら、やらせない。
赤ちゃん用の柵など市販のものをつけてみたらどうかな。
とにかく若いときにできていたことが、少しずつできなくなってくる。でもとにかくなるべく筋肉を維持するように、足が痛くないなら歩く散歩をしっかりいまのうちにしておいてね。寝たきりにならず、死ぬ直前まで歩いてくれると介護が楽だし、犬も楽しいと思う。死ぬまで毎日お外におでかけして、外の空気吸って、日向ぼっこした方が。

寒くなるけど、気をつけて、楽しい老犬ライフを!
  • posted by ばど吉 
  • URL 
  • 2016.10/27 12:00分 
  • [Edit]

ありがとうございます! 

そうなんですね!
階段が良くないのは胴長短足のワンコだけかと思ってました(´×ω×`)
これで心置きなく柵が取り付けられます(´∇`)

ありがとうございました✨
また何かあったらぜひ教えてください(^^♪
  • posted by sweetan 
  • URL 
  • 2016.10/27 16:43分 
  • [Edit]

sweetanさま 

猫はいいけど、犬は基本的に段差に弱いと整形外科の名医に取材時に聞きました−。

心おきなく柵をつけてね。うちもついてますよー。
  • posted by ばど吉 
  • URL 
  • 2016.11/03 02:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

白石バドバド花絵

Author:白石バドバド花絵
犬歴31年、猫歴29年(2017年元旦現在)の雑文家。犬2頭、猫1匹がごろごろ爆睡しているとなりで、日々、犬原稿を執筆中。
《(c)kae Shiraishi/当ブログの文章や画像の無断転載は禁止です》お問い合わせは下のメールフォームからご連絡ください。

2011独3点セット450

--------------------------

1号表紙

TERRA CANINA Magazine
(テラカニーナ編集室)
http://terracanina-magazine.net

--------------------------

fs3rhr.jpg

『うちの犬♥  あるいはあなたが犬との新生活で 幸せになるか不幸になるかが分かる本』
白石花絵著
(イーステージ出版発行)

--------------------------

表紙

『東京犬散歩ガイド 武蔵野編』
白石花絵著
(オーシャンライフ発行)

--------------------------

tokyo_inu.jpg

『東京犬散歩ガイド』
白石花絵著
(オーシャンライフ発行)

--------------------------

10004065_L.jpg

『最新犬種図鑑』 
監修:ジャパンケネルクラブ
構成・文:白石花絵
(インターズー発行)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

FC2カウンター

電力使用状況&電気予報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

右サイドメニュー