クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
鹿の足!
2016年05月01日 (日) | 編集 |
北海道のハンターの友人から、クーパー夢のセットが届きました。

スクリーンショット 2016-05-01 14.42.06

骨を食べるとすぐ下痢しちゃうんだよーと言ったら、これならいいかもよ、と送られてきた鹿の足!!
トールさん、気絶するかも。

スクリーンショット 2016-05-01 14.42.24

赤身肉もトッピングしたら、もーう目の色かえちゃって、大変。まめちゃんも、鹿肉大好き。わしわし食べる。
私も鹿肉大好き〜♪

そんで本日、東京はゴールデンウィーク、素晴らしいいい天気なのですが、私の左足の具合がいまひとつなので、お山に行く元気がない。申し訳ない。と、いうわけで、冷凍していた鹿の足、ついに登場!!

スクリーンショット 2016-05-01 14.40.09

狂喜乱舞。

スクリーンショット 2016-05-01 14.40.20

一心不乱。

うーむ、かなり野生の血がたぎるもよう。
やっぱ、本物の鹿の足は、そりゃーたまらんだろな。

ガリゴリと不穏な音をたてて、黙々と作業をしていたクパメルでしたが、
おなかを壊すといけないので、50分後、取り上げました。

スクリーンショット 2016-05-01 14.40.55

さすがクーパーさんは、仕事が早い。ほぼ皮をむいております。

メルは努力のわりには、50分前とあんまり変わってない。笑。ふざけた歯しかついていないからなーボクサーは。

でも、2頭とも、ハアハアとしております。囓る、引き裂くという行為は全身運動で、また脳への刺激もたまらなくあることでしょう。よきこと、よきこと。

昔、ドイツのワイマラナーは、分離不安になるのは少なくて、そのかわり、鹿の足まるごとを囓ってた、とドイツを旅した人が言っていて、「鹿の足!」とびっくりしたけど、日本でも手に入るんだわね。まあ、ただ鹿の足を囓れば分離不安にならないというわけではなく、おそらく日々、猟野にでてたくさんの運動や刺激があるから、性格の落ち着いた犬になっているんだと思うけど。

でも、飼い主が病人中で、山に行けないときは、鹿の足、これはいいかもしれません。

もうじき友人は、販売も考えているそうなので、決まったら紹介しますねー。鹿肉、新鮮よぉ。
それに薪ストーブでじっくり乾かした鹿ジャーキー! すんごくいいの。ちぎりやすいから、トレーニングにも使いやすいし、なにしろ美味そうである。私も食べてみたけど肉がしっかりしてる。

北海道ブラボーなのである。
あ、でもいま北海道、雪、降っているんだよね。信じられないわー。ニッポンって、広いーーーー!

それではみなさま、楽しいゴールデンウィークを!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する