クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
犬映画特集記事アップされたよん
2015年11月19日 (木) | 編集 |
先日、プレス試写会に行ってきて、感動しまくってきた犬映画の記事がアップされてます。

まず、明後日21日(土)から公開の、

秋の夜長に犬映画(1)『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』

私の書いたこの記事、好評だったって! 11月13日にアップされてた。
寄付も200%達成できたって。よかったね。

私の記事のせいなわけではないけど、facebookで「いいね」も「シェア」してくれた人も多かったって。ありがと。
嬉しいな。座骨神経の痛みもぶっ飛ぶくらい嬉しい。
やっぱり心を込めた原稿はちゃんとみんなに響くんだ!
嬉しいな〜〜。素直に嬉しい。頑張る勇気が湧いてくる。

そして続々と、次の記事もアップされてます。

秋の夜長に犬映画(2)『犬に名前をつける日』

↑ これは日本映画ね。タオルハンカチ必須。
いま全国にまわっているから、急げーー。

秋の夜長に犬映画(3)『ベル&セバスチャン』

↑ こちらも9月から公開になっているけど、ただいま全国まわり中。
上映終了のところもあるけど、追加ロードショーもあるみたい!
たとえば東京では
東京 ユジク阿佐ヶ谷 1/16(土)〜1/29(金)
東京 下高井戸シネマ 2/13(金)~2/26(金)

見逃しちゃった人も諦めないでね。
私はこういうミニシアターの映画、個人的に好きです。

それと日本やアメリカで呼ばれるところの「グレート・ピレニーズ」ですが、この映画にでてくるのは本場フランスの「ピレネー・マウンテン・ドッグ」。同じ犬種なんだけどさ、外貌が全然違う犬に見えるよ。アメリカ・ラインのショードッグと、雪山を逞しく走り回る本場の山岳犬との違いを実感できる。そういう目で見ても、この映画は楽しい。

私もいまプレス用の写真を、自分のメールボックスにあるんだけど、
いちおうここで使うのはやめとくか(笑)。

犬ライターが書く、映画批評。
まともじゃないから(ちゃんとした映画評論家じゃないから)、ちょっと恥ずかしいけど、
でも犬オタクならではの視点で書けた映画紹介記事だと、ちょっぴり自信あり。

(映画批評記事としていいかどうかは自信ないけど、犬の好きな人も気持ちに響く記事なら嬉しい!)

秋の夜長にぜひ!
(次回はおまけのDVD紹介記事もアップされるからねー。すごい古い映画もあるの! もちろん犬映画!)

写真

“猫映画はあるのかにゃ?”  (パパのパーカーに潜り込むまめちゃん。デカすぎて、パーカーが伸びそうだ)

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/11/20(Fri) 21:29 |   |  #[ 編集]
Rママさま
お久しぶりのコメントありがとうございます!
ハンドタオル持参、マスカラなし、正解だったでしょ。笑
本当に、飼い主、出会う人間次第ですよね。

銀ブラせずにダッシュで自分ちの犬に会いたくなって、ハグして、って気持ち、よくわかります。私もそういうときは散歩がいつもより長くなったりします。

ニカニカと食いしん坊、おおいにけっこう!
いっぱい日光浴もして、動けるときはしっかり動いて、そんでおなかをすかせて、食べて、そして爆睡する。これが長生きの秘訣ですよ!
2015/11/24(Tue) 14:20 | URL  | ばど吉 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可