2連チャンで犬映画の試写に行く

1445581761853 のコピー

昨日とおとといは、2日続けて、犬映画のプレス試写に行ってきました。

ひとつは「犬に名前をつける日
日本映画です。山田監督ともお話しましたが、監督の思いが詰まっている作品です。ほぼドキュメンタリーに近いと思います。
動物愛護について知りたい人、いまの日本を取り巻くペットの悪しき実態を学ぶ入門編としていいと思います。
小学生や中学生にもぜひ見てもらいたいなぁ。
映画館に行くときは、タオルハンカチをご持参ください。

もうひとつは「ホワイト・ゴッド
ハンガリー・ドイツ・スウェーデン合作の映画です。ハンガリーは東欧で、監督もハンガリーの人。
ハリウッド映画に慣れている日本人には、おっ、と思わせる退廃的なといいますか、そういう雰囲気がありますが、私はフランス映画も好きなので、そういう人はお好きではないかと。
こっちはね、すごいよ、なんとも厳しい、哀しい、せつない。
子どもの頃に見た、ネズミの映画「ベン」を思い出したよ。

あとストーリーに関係なく、ドッグ・トレーニングに関心のある人が見ても、違った視点で、興味深い映画だと思います。すごいね、圧巻だね、迫力あるよ。

今度、これらの映画紹介の記事を書きますので(web連載だから、誰でも見られます)、アップされたら、紹介しますね。
でも映画紹介って、ネタバレしないように、でも、読者に期待してもらえるように、でも偽りで誉めすぎてもいけないし(笑)、どこまで書いていいか、悩みそうです。映画評論家って、やっぱりすごいなぁ。そういう駆け引きをうまくしながら紹介しているんだね、って改めて思いました。

追伸:業務連絡。
前回ブログでも、私のスマホちゃんを初期化したお話を書きましたが、
これがですね。全部のアドレス帳が復元されていないことがわかりました。
たぶん……5年前かそこらより前から変更のない人は大丈夫みたいなんだけど、ここ最近の方のデータがぶっ飛んでおります。大変失礼をしております。

誰の番号かわからなくても、電話にでられるときは、もちろん出ます。
でも、取材中などで出られないときがあります。お手数ですが、留守番電話に吹き込んでください、「〇〇だよ〜〜〜」って。
お友達、お仕事でお世話になっている人には必ずコールバックいたします。

もしここ最近「白石に電話したのに、しかとされてるっ」と思っている方、いたらごめんなさいっ。
知らない電話番号にコールバックをするのをためらっております。
留守録を入れていただくか、しぶとくお電話くださいませ。

本当にご迷惑をおかけして、すみませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
ちなみに、私の電話番号は、ここ10年以上、変更はしておりません。よろしくねー。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する