avatar image

7/27に第3回目投薬

毎日、毎日、暑いです。
こんな灼熱地獄の中、マチュは、7月28日から、山口県きらら浜で開催されている
世界ジャンボリーに行っています。
世界中の国から(遠く南米とかアフリカとかイスラム圏の国からも)34000人のスカウトたちが集結。
開催は4年に一度。オリンピックみたいに国をまわる。日本での開催は、44年ぶり。
参加資格は、14歳〜17歳の若者のみ。4年に1度の開催だから、人生で参加できるのは1回かぎり!
(サポートの大人もいるけど、プログラムに参加し、楽しめるのは子供たちだけ)

第23回世界スカウトジャンボリー 日本派遣団 facebook


日本でいて、日本でない場所。
山口県に特設された外国。
そんな環境の中で、2週間の野営。さまざまな国や文化を学ぶ盛りだくさんなプログラム。
すごいね。すごい体験ができると思う。
マチュ、いい意味でも辛い意味でも、過酷な環境を乗り越えて、強くたくましくなって帰ってくるのを楽しみにしている。

マチュは28日、朝4時半に家をでて、5時半に東京駅に集合、6時すぎの新幹線で出発しましたが、
出かける前に「メルーっ」と玄関にメルを呼び、頭をしっかり撫でて、出発しました。
親と離れるのはバンザーイでしょうが、メルと離れるのは寂しいのね。
ついでに「メル」と呼べば、クーパーも「なんだ、なんだ、おれも、おれも」で玄関に走ってきたので、クパもわしわしと頭を撫でてもらってました。

さて、そういうわけで、出発前からせわしく、そして出発後もマチュはどーしているかなー、大丈夫かなー、と気になりつつも、子離れしようと努力している私ですが、
マチュがいないと、本当にわが家は平和で静かです。「メルの散歩、早く行きなさーーーい」と何度も怒鳴らなくてもいいし。
でも静かだし、私はほとんどテレビつけないし、今週トールも仕事で遅いので、
ほんと夜もひっそり小さなライトのままパソコンで仕事してますわ。夕飯も自分ひとりのためには作る気もないし。

これでクパメルまめちゃんがいない生活なんて、私には無理だ。生き物がいないと、寂しいわ。

1438315291446.jpg

さて前置きが長くなりましたが、
今週の月曜日、ちゃんと予定どおりメルに女性ホルモンを投薬しましたよ。

1クール目の3回目を投薬:予定どおり7月27日(月)

ここのところ、ポツポツはだいぶ減りました。
今までは、外で排尿後に、垂れ防止のため、すぐおすわりさせて重力で尿道の中のオシッコを下に落ちるようにすると、そこそこの量(おちょこ半分くらいかなぁ)(日によって違うけど。少ないときもある。鳥の糞程度のときもあるしね)が地面を濡らしていましたが、それはほぼなくなりました。帰宅し、玄関で足を拭くときに落ちていたポツポツやときにジョワーもほぼなくなった。これは快挙。

それに今までは、散歩に行くと、我先に急いで「オシッコ〜〜〜〜っ!」だったのに、ちょっと猶予ができた。しばらく散歩で歩いてから、お気に入りの草のポイントまで移動できるようになった。尿管をキュッとしめることができる自覚症状があるのかもしれない。これは犬自身のQOL(生活の質)の向上につながっていると思う。犬だって、垂れ流すのは不本意で、気持ち悪いことなんではないかな。それが改善されるのは、快適だと思う。

だから、いまは家でオシッコの失敗もまったくないし、トイレの間隔が伸びたので、クソ暑い炎天下の2時とか3時とか4時に、いったん排泄に外に出さなくてもよくなった。朝8時に散歩に行ったあと、夜7時や8時までこぼさずに待てる。これはありがたい。この真夏に、日が高い時間に散歩に行くのは殺人(殺犬)行為だからね。そういう意味でもQOLの向上、快適生活、危険行為の回避に役立っている。

でも、完全にこぼれなくなったかな、と喜ぶのもつかの間、昨日、夕方散歩のあと、メルを玄関につないで、植木にお水を巻いていたら、地面がジューと少し濡れていた。あらら、まだこぼれるんだね。

飲水量や、エアコンの冷え、などほかの要因もからんでいるとは思うけれど、とにかく完璧に尿漏れが止まったとはいえない。

とはいえ、100点満点を望まなくてもいい。副作用なく、苦痛なく、以前よりメルも飼い主側(拭き掃除側)も少しでも楽になれればそれでいい。

今回の第1クール目の投薬は、この3回で終わり。
27日に飲んだ3回目が効いた今週や来週はどうなるのか、
そしてもう追加で女性ホルモンは追加しないわけだけど、1か月後、2か月後、3か月後、半年後、どんな風に変わっていくのか観察し、2クール目の投薬をどうするのがいいか、M先生と相談したいと思います。

ちなみに、食欲が落ちたりとか軟便になったりとか吐いたりとか、そういう副作用的なものは一切感じられません。いたって普通です。
女性ホルモンだから「食欲増進」はあるのかもしれないけど(笑)、メルもクパも、ホルモンに関係なく、つねにいつでも食いしん坊なので、そこは変化がわかりません。
肥満ということもないですね。むしろ暑くて、やや夏痩せなくらいです。でもこれはやはり投薬のせいではなく、暑さのせいだと思われます。
毛もやたら抜けますが、クパも恐ろしいほどいま抜けるので、これもまた投薬のせいというより、暑さや湿度のせいだと思います。

というわけで、薬の副作用を感じることはありません。寝る時間も変化なし。おふざけ遊びタイムや、散歩のはじめに嬉しくてぴょんこら跳ねるのも同じです。

今後新たな変化や、尿漏れ復活などの事件があったら、またレポートします。

ちなみに先日、FBで、獣医さんからまわってきた興味深い情報がありました。

「犬の避妊(卵巣除去)/去勢に関する長期的な健康面でのリスクと利点」

2007年に発表されたレポートです。

避妊・去勢には、メリットとデメリット、両方あります。
それを理解した上で、繁殖管理のために手術をすべきか、検討した方がいいと思う。
避妊去勢をすると、骨肉腫が増加する、というのはこれを見て今回初めて知りました。

ちなみに、繁殖コントロールのためだけなら、オスならパイプカットをすればいい。
この手術は、日本ではあまり聞きませんが(ニンゲンでは行われているけど、獣医療では一般的ではない)、タマをとるよりも簡単な手術だそうです。でも精巣は残るから、ホルモンも残る。
そういう他の作戦もある、他の選択肢もある、ということを知り、
そのうえで、どっちがいいのかなって検討するのもよいことではないかと思います。

そして扱いやすくするため、引っ張らないようにするため、タマをとる、っていうなら、(犬を飼う前だったら)もうひとまわり小さい犬にするという選択を考えるとか、(犬を迎えた後だったら)トレーナーにトレーニング方法を習うとか、そういう作戦を検討することもできる。少なくともヨーロッパ(ドイツ、スウェーデンほか)では、犬に負担をかけない、動物福祉に沿った方法を優先することが主流だそうです。

まだまだ知らないことがいっぱいあるなぁ、と、
犬ライターを16年やってるくせに思います。

1438315316543.jpg

自分も写真撮られているとは気がつかず、油断しているクパ ↑

1438315330136.jpg

同じくまだ自分も写真アングルの中にいるとは気がついていないクパ ↑

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する