avatar image

5歳と6歳

スクリーンショット 2015-06-09 14.08.47

6月1日は、メルの5歳の誕生日。
6月2日は、クーパーの6歳の誕生日。

スクリーンショット 2015-06-09 14.08.59

1年と1日違い(あ、正確には、1年−1日違いか。364日違い)の、おふたりさん。
お誕生日おめでとう。
今年も元気で、大きな事件もなく、育ってくれて嬉しいよ。

メルは、マチュの犬として、大事な場面で、こっそりマチュの心を支えてる。
マチュは親にも言えない人間関係(高校生だっていろいろあるらしい)に凹んでるとき、こっそりメルを抱きしめて泣いていた。メルは黙って、そばにいれてくれた。それがどんなに子どもの心の支えになっていることか。

そしてマチュは、初めての陸上部の大会で、スタートラインに立ったとき、緊張して、どうしようと思ったとき、心の中で、メルの頭を撫で撫でする「エア撫で撫で」(エアギターを思い浮かべてください)をして、心を落ち着かせたそうだ。なんてメルは、いろいろな場面でマチュの役に立っていることか。

メル、ありがとうね−。
ボクサーは、ほかの犬種に比べて長生きできる犬種ではないけれど、わかっているけど、長生きしてほしいな。
いつまでも、お茶目に、鼻っ柱強いままでいいから、お調子者の楽しい毎日を過ごしておくれ。
お誕生日後、ほっぺたに魚のアラが突き刺さったらしく、ほっぺが腫れて、びっくり、焦ったけど、すっかり腫れも引いたし、よかったよかった(このような小さな事件はメルはたまにある。でも、そんなに治ればどーってことないさ)。

そしてクーパー。私の大事な7ちゃん。
私は毎晩、寝る前に、クパの頭を撫で撫でして、自分の脳内ホルモン・オキシトシン(幸せホルモン)をだして、心穏やかに、幸せになるのが日課。
そしていつも胴体やお尻の筋肉を撫で回して肉の付き具合を確認し、「いいカラダになったな~、いい筋肉ついてきたな~」と独り言を言っている。盗聴されてたら、かなり、ヤバイ女だな〜と、ときどき自分でも思ったりする(笑)。
クパは5歳を過ぎた頃から、完全に性成熟し、オトナのきれいなカラダになったと感じる。ジャーポは完成するまでに時間のかかる犬種のようだ。
スムースヘアの、筋肉の付き具合がよく見える犬種、大好きだ。
山で自由運動させるのは、クパ自身の喜びのためだけではない。
きれいな美しい筋肉をつけることは、私自身の喜びでもあるのだ。ほんとうにそう。

先週末のお山にて。斜面を駆け下りる動画

ゴムマリメルちゃんと、ウキウキクーパーの動画

今年もいっぱい走りに行こう。
5歳と6歳、いちばん人生(犬生)で、あぶらがのって、体力と気力に満ちあふれた、最もパワフルな充実のときだ。
そして、いま、この時代に培った筋肉や、スジや骨関節の強さが、
老犬になったときも、老いて徐々に筋肉が減ってきても、いま筋肉の貯金をしておくことにより、なるべく最後まで寝たきりにならず、歩くことができる、と私は信じている。バドのときのように。

今年のお誕生日プレゼントは、リサママに教えてもらった、バリバリ本物の実猟犬用のステンレス製ネームチョーカーにした。クパメル、おそろい。

スクリーンショット 2015-06-09 14.10.02

サイズ調整する前に、とりあえずメルの頭に入れようとしたら、きつくて、メルがクパに八つ当たりする直前の悪い顔。爆。

そして新しい首輪にびびりやすいクパは、そそくさと退散して、様子を伺っている。へたれめ。

スクリーンショット 2015-06-09 14.11.44

これでも最近、だんだん自分に自信がついてきて、ようやく足をあげてオシッコしたり、マーキングできるようになって、しっぽをあげて都会でも少しは散歩できるようになってきたんだけど、クパの心の修行は今後もまだまだ続くのであった。

誕生日の翌日には、アメリカに頼んでいたサプリメント一式も届いた。

スクリーンショット 2015-06-09 14.09.43

クパの足の裏がガサガサしているときは、亜鉛が必要。亜鉛サプリを飲むと、肉球が柔らかくなる。
メルの、避妊手術の弊害であったオシッコぽつぽつ垂れ対策に、クランベリーやノコギリヤシ、レッドクローバー。
いろいろ試して、メルが楽になるようにしてあげたい。

クーパー、メル、5歳と6歳も、充実の1年にしようね。
怪我のないように、頼むぞ。

そして、クーパーの12頭きょうだいの、マツ、ザイオン、ミント、サスケ、えーと、えーと、四国の黄色ちゃん、ほかみんなも6歳おめでとう!

クパちゃんのリボンは黒赤だった。ほんと悪くて、やんちゃで、可愛かった。いまもそのまんまだけどな。

スクリーンショット 2015-06-09 14.49.08

私は、最初から、この右お尻にポン(斑)のある黒赤に、心引かれた。(当時のブログはこちら
運命の出会いとか、一目惚れで、犬を手に入れてはいけないが、
でも熟考を重ねたうえ、やっぱりいちばん心ひかれる犬を迎える、ということは否定できない。
最初のインスピレーションは、大事でもある。
運命の出会い、一目惚れでも、その子を一生好きのまま、一生ずっと惚れ抜くなら、いいと思う。

クーパー、大好き。私の、大事な犬。


Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する