憧れの雪原

今週、書いていた原稿は、
3月1日に取材に行った白馬村の原稿。
某犬服メーカーさんのご厚意で、冬タイヤがなく雪遊びできないシライシ家&クパメルを、雪のメッカ・白馬村に連れていってくださるという素敵なお誘い。
ひゃっほーーーー! 
でも寒い? どれくらい寒い? 軟弱なシライシ家の面々、何を着ていけばいい? 何を持って行けばいい? と、びびってばかり(笑)。某アルファアイコンさんは(某の意味なし。笑)札幌の会社だから、みんな雪、フツーなんだよね。びびっているのは私とトールだけ。笑。

でも行ってよかった! 楽しかった!
いちばんびっくりしたのは、スムースヘアの短頭種のシニアのフレンチブルやパグちゃんが、フツーにぷらぷら雪の上を歩いたり、ボール追いかけたり、と雪を満喫してたこと。フレンチさんは東京の人だと言ってたから、別に雪国在住の犬ではない。なんだ、なんだ、短頭種だからって甘やかしちゃだめなんだな、できるんだな、ほんとは。過保護はだめだな、私。と反省した。

DSC_4001.jpg

ちょー可愛くないすか、この子。

DSC_4004.jpg

コーギーミックスさんも、ちょーかわいい。空気ソリ、大好きなんだって。可愛いね。カメラ向けたら、ムスッとした顔になったけど(笑)、ママにとても愛されているかわいこちゃんでした。この子は元保護犬で、もとは東京にいて、いまは長野に住んでいて、ソリを楽しんでいるそうです。よい環境で羨ましいね。

DSC_4018.jpg

私は取材中は仕事中なので(当たり前)、あまりメルをかまってあげられなかったら、アイコンズのTさんやMさんが、メルを連れて走ってくれたりした。感謝! いやー、それにしても見渡す限りの雪原だ。

DSC_3970.jpg

最近、東京ではあまり見かけなくなったハスキー軍団がいっぱい。まー、雪がよく似合う。それに50m競争の駆けっぷりも実に力強くよかった。前肢がパワフルなんだよね。前輪駆動の犬だなぁと思ったよ。感激した。

DSC_3992.jpg

さらに、ボルゾイも! ああ、ロシアのウルフハウンドらしい、この雪の王様っぷり。ショー会場で見ることが多い犬種だけど、雪の上で見るの初めてだ!と、ひとりで妙に興奮。なんて雪が似合うのだ。素敵、素敵、素敵。きれいだねぇ。しかもこの子は白馬在住とのことでして、わざわざ外のウッドデッキに毛布を自ら引っ張り出して、お外で寝るのが好きだそうだ。寒くないんだね。やっぱ。ロシアの犬だもんね。むしろこの寒さがベストコンディションなんだね。ひゅー。

CA3I05950001.jpg

そんでクパちんは、長時間いい子で待てるわけもなく、こんな自然豊かなところに来て野放しにされないなんて許されるわけもなく、トールさんが放浪の旅に連れ出してくれた。よかったねぇ、クパっち。初めて見る雪原にちょっと戸惑って、でもそのあと爆走してたそうだ。

この姿をじかに見られなかったのが唯一の心残りではあります。みぞれまじりの雪が降ってきちゃったのよ。だからメルは爆走できず。残念。でも次の楽しみだね。

クパの動画アップできるかな。やってみよう。
あ、できませんでした(汗)。

これはどうでしょう。FBのアカウントのある人だけ見られるのかな?
クパ雪原を見るの巻

とまぁ。とても楽しい雪取材なのでありました。
記事がアップされましたらまた紹介するね。

DSC_4032_01.jpg

(トールは、積もった雪の層を見たら、角煮が食べたくなったそうな)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する