Article page

by
  • Comment:0

9月、後半は、動物愛護週間があるからイベントやセミナーが多く、
そのうえドイツの獣医の友人が来日しているからもれなく飲み会も多く(笑)、
ついでに私まで広島県神石高原町のピースワンコに出張に行ったりしてて

スクリーンショット 2014-09-30 19.37.15
朝、ホテルのテラスで優雅なビッュフェの朝食を。束の間のゆとりタイム

(これまた、すごーくいいとこなのだ。星がきれいで。朝は雲海で。
そこで動物福祉のために頑張っているみなさんに会えて。犬155頭に囲まれて。

私は犬雑学なんでも屋として手伝いに行きましたが、
若い世代と接触でき、
また、イヌはイヌでも、人の手が触れたことのない=飼育放棄とは違うおいたちのイヌたち=つまり代々あるいはそれに近い野犬のイヌたちを
人間社会の中で生きていける、愛される犬に、
すなわちイヌからもニンゲンが信じてもらえるようになるためには、
リード=お散歩嬉しいな♪でも飼い主にネグレクトされて捨てられちゃったの(涙)というタイプの犬とは、これまたものすごい違った苦労があるんだと実感。
教えに行ったはずが、反対にすごく勉強になりました)

まだまだ、知らないこと、知った風な気持ちになってたけど机上の空論だったこと、
いっぱいあるんだ。と、身に染みました。

犬を愛すること、犬の市民権を日本で得ていくライフワークのためには、
まだまだスポンジになって吸収していかなくちゃいけないことが
世の中にはいっぱいあるんだ、と広島のチベットのような辺境の地で(笑)
身に染みて帰ってきた次第です。

そして昨日。
私は、娘の誕生日がどーも毎年忙しく(あいつが動物愛護週間に生まれているからだと思う)
今年も大事な一人娘を放置し(本人の許可は得ましたが)
広島に出張に行っていたわけですが、
そういうわけで昨夜、ちょっと遅れて、ケーキのお祝いをしました。

スクリーンショット 2014-09-30 18.49.22

「16」は、バドのお下がりのキャンドルだって。

感無量。あやうく涙がでそうだったよ。(正直言うと、ちょっとでた)

マチュはバドほど長くうちの子やってるのね。
時の流れは速い。
充実した16歳にするんだよ。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 0

Leave a reply