Article page

by
  • Comment:0

火曜日が宿題発表の日! とか言いつつ、またまた遅くなってしまいました。すいませ〜ん。

今週のお題は

マテ→コイ→(飼い主の前か横に)スワレ→めちゃ誉め

と、ちょっくら遠隔操作(あ、いま話題の。汗っ)にしてみませんか。

ロバ_20140413_153545
「ヨシっ、オイデ!」 
山奥の、民家もないし、登山客ルートもない吊り橋にて(ノーリードだと怒らないでほすぃ〜ゆるい部長より)
吊り橋練習だと呼んで近寄ったときに、もしスワレマテができずに、鉄砲玉になろうとしても捕獲しやすいです


都市部、民家や道路のあるところでは必ずロングリードをつけてやってくださいね。

犬パル部は、なにも高等なことをやらなくていいのです。
リードは1〜2メートルでも十分です。慣れてきたらロングリードでもいいし。

とにかく、まずは、座ってマテ、でもいいし、フセさせてマテをさせてみましょう。
スワレだけではすぐ立ち上がって、「だるまさんがころんだ」のようにそろ〜りそろ〜りと犬がママのうしろについてきちゃうかもしれません。そういうときは、フセさせてマテ、の方がより成功率が高いです(メルがそうです)。

「ママ(パパ)がいなくなると不安っ」と、犬はすぐに後ろについてこようとするでしょう。そりゃ正しい犬の反応です。でも、そこをちょっと我慢させる。その間、犬は脳味噌グルグル、緊張ドキドキです。それが意外と大事な刺激、重要な服従訓練。オビディエンスの基本ですね(って、私はまったくえらそーなことはいえないけど。ガハハ)。

飼い主が背中を向けて立ち去ると、すぐ犬は立ち上がると思います。だから、最初は、背中を見せずに、飼い主は犬の方を向いたまま「マテ!」と目力で制してください。

少し離れたら、数秒、あるいはできる犬は1分、とか、マテの時間を延ばしてみる。
犬はとにかく飼い主のそばに行きたい!でもマテって言われているから言うことも聞かなくちゃ!と葛藤した顔をするはずです。(この顔、意外とチョー可愛いもんよ)

その葛藤、我慢、忍耐、が大事な刺激、大事な勉強になるかと思います。

そして犬が立ち上がる前(失敗する前)(勝手に自己判断で行動する前)に、
「コイ!」とか「Come!」とか「オイデ!」と、コマンドを与えると、
犬は、ヤッホー!と飛んできます。(この顔も、最高に最高に愛しく可愛いもんです)

でもそこでもう一発、試練を与えます。飼い主のそばにきたら、「スワレ」とコマンドを与え、もう一度、犬に自制させる。ヤッホー!となっているときは、嬉しくて興奮マックス状態なので、そこをいま一度冷静にさせてみるのです。

そして犬が飼い主の前でも横でも、きちんとスワレができたら、そこでめちゃめちゃ誉めてあげる。

こういう流れです。

これは距離が長いことがいいってもんではありません。

大事なのは、飼い主と離れてもグッと我慢のコになれること。
そして、ヤッホーと走って飼い主の元へやっとそばに来ることを許されたところで、もう一度グッと我慢のコになって、飼い主のコマンドに耳を傾けることができること。で、あります。

あ。それ以前にですね、飼い主が離れたとたん、「I’m free!!!」になってしまい、鉄砲玉になるのはいただけません。飼い主に呼ばれても、来ない犬。飼い主に呼ばれても無視する犬。それは由々しき事態です。おそらく欧米ではありえないのではないでしょうか。

私ね、呼び戻しができないコが多いってのは、ほんと残念だなと思っているの。
ドッグランでも、ぜーんぜん、飼い主の声を無視しちゃう犬いるでしょ。飼い主のこと大事に思ってないというか、信頼関係がないというか。

呼び戻しができることって、飼い主と飼い犬の基本中の基本だと思うんだ。
それに、なにしろね、そういう堅いこと言わなくてもね、
とにかく、飼い主が呼んで、嬉しそうにすっ飛んで帰ってくる犬って、最高に可愛いよ。絆を感じるよ。

それに、呼び戻しが確実にできていれば、
迷子や失踪などの事故も減ると思います。
とくにいまから日本は雷や花火大会が多くなる季節でしょ。
雷や花火のときに、パニックになって迷子や脱走しちゃう犬はとても多い。
パニックになったときに100%呼び戻しができるかと言われると、私だって自信ないけど、
でも、そういう不測の事態のときに少しでも役に立つように、
完成度を高めていく練習を、いつも繰り返ししておくことが大事だと思う。

そのための練習は、距離よりも「(犬が興奮を)自制できる」気持ちを育てること。
そして「飼い主が絶対に大好きな存在である」絆を作ること。

呼ばれたら、来る。
コマンド(マテ)を言われたら、我慢する。
呼ばれたらすっ飛んでくる。
コマンド(スワレ)を言われたら、自制して、飼い主の足元に座る。

まず1メートルから始めてください。
いきなり難しいことをしても逆効果だから、確実に、できるレベルからやらせてみてね。
そんでレベルアップしたらロングリードでやってみる。
さらにできるコで、マイお山やマイドッグランなどのよい環境があるユニット(飼い主&犬)は、
たとえば、小川の向こうで、犬を待たせる → 飼い主、小川を渡ったところで、犬を呼ぶ → 犬、小川ジャーンプ → 飼い主のそばに来たらスワレ → めちゃ誉めちぎる。 など、途中で障害物競走を交えたりできちゃったりすると、高等だね(妄想広がる)。

まぁ、そんな高等技術はうちのクパメルにはまだ100年早いかな。笑。そういう素敵な環境もないしなぁ。

とにかく、大事なことは、失敗はさせないこと。
ロングリードつけていたら、鉄砲玉になっても、勝手な行動をしようとしたときに、コントロール下におけるからね。交通事故や迷子は絶対禁止ね。安全な場所、安全なリード付きで、パルくってください。
そして、公園など街中ではほかの方に迷惑をかけないように、オンリードでお願いします! よろしくね。


おおっ、いま気がついた! 本日、部員が200人突破してるっ! ひょえーっ(部長、焦るっ)。

でもこれからも、ゆる〜く、たのしく、マナーよく。犬パル部、ゆるゆると楽しんでいきましょう♪

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 0

Leave a reply