クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
犬パルクール部、5月1週目のお題
2014年05月07日 (水) | 編集 |
ゴールデンウィーク明けちゃいましたね〜。
休みボケと、肝臓の重たい部長ですが、あ、もう今日は水曜日だっ!!
ということで焦って、今週のお題を出したいと思います。

今週は、ちょっと復習にもなりますが、基本中の基本である

「タッチ」

であります。と、言いますのも、今週、スウェーデンのパルクールクラブのお題が「タッチ」なので、おそろいにしようと。

今回は、あえてシンプルに「タッチ」だけにしたいと思います。

メル立ち
メル、アイコンタクト、しよーぜ。ただ単に背伸びして、遠くの景色を見ているのではないかという疑惑


そして余裕のある方は、
前肢を乗っける場所のないとこにタッチ、をしてみてください。クパメルはできないからまだ写真がないんだけどー(汗)。

つまり、壁とか電柱とか木のような真っ直ぐな面にタッチ、ってできるかな? 「立てタッチ」といいますか。
どうやって教えるのかな? ポンポンと叩く作戦でいけるのかしら?(私はちょっと自信ない〜っ)

地味ちゃー地味な技だけど、教えて、犬に理解させるのって、派手な技と同じように、いやむしろ誘導がしにくいだけにけっこう脳トレだと思うだ。
丁寧に教えていこうね。

誘導の仕方のアイデアも教えあいこできたら嬉しいな。「うちはこうやって教えたら、できたよー」みたいなのね。

ちなみに、飼い主がお手々を持ち上げて写真パチリ、じゃなくて、ちゃんと犬の頭を使わせてね。

スクリーンショット 2014-05-07 14.35.00
新入部員のバンビは「タッチ」というとこういう技をするという(爆!)。
これもすごい1芸ではありますね。せっかくだからバンビさんは、コマンドの言い方を新しいのを考えてパルくってね


東京犬パルクール部、ただいま127人
一時の爆発的なメンバー数増加は落ち着きましたが、それでも1日にひとりふたり、参加してくれています。
写真投稿は、みなさん楽しんでたくさん毎日してくれます。

あ、それと毎度毎度こうるさくて申し訳ないけど、
今日、犬パル部の基本コンセプトの発表ブログのとこに、遊具を使ったパルクール禁止の文章を追記しました。
みなさん、マナーを守って、ゆる〜く、楽しくパルクール。よろしくね。今回のお題は、触れる系だから、ますます頼むぞ。

ついでに添付しておきます。

(※5月7日追記)
子供用遊具などに触れてパルクールで使用するのは禁止です。ジャンプゲームなら触れないのでともかく、乗ったり、歩いたりするゲームはレッドカードとします。ニンゲンが座るためのベンチも同様に禁止です。犬の足の裏は土足なので、公共のものに土足であがらせるのはやめましょう。子どもの衛生管理を心配する親御さんの気持ちを考慮し、また犬が好きじゃない人の反感を買わないように犬との共同作業を楽しむ……それが、私たちの部活の大事なポリシーです。街の中で、公園の中で、楽しいターゲット(障害物)を探してみてください。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する