Article page

by
  • Comment:4

今日は取材で犬グッズ屋さんを数店巡りました。
久しぶりにグッズ屋巡り。楽しかった。ワクワクするねーやっぱり。
だけど、すっかり小型犬のためのグッズが中心で、ちょい寂しいわね。
1キロくらいのチワワさんから、あっても大きくて10キロくらいの柴やコーギーサイズまでってのがほとんど。お洋服も首輪やらも。なんか寂しいわー。それにお客様層の8割くらいがトイプーだって。
トイプーちゃんももちろん可愛いけど、
でも日本人のその流行犬種に対して一気に偏る感じは、いかがなものかとは思います。

ほんとによく考えて、

トイプーの賢く、気丈な性質も理解して、

もとはガンドッグだから非常にアクティブで運動神経のよい犬で、毎日の運動のための時間をしっかりとる必要も理解してて、それを楽しむ体力と時間が自分にあって、

毎日の毛を梳かす手間も理解してて、なおかつ月1度、自分の美容院代よりかかるトリミング代がかかるという経済面もわかってて、

犬種改良の歴史が長いから「病気のデパート」と言われちゃうくらい遺伝性疾患やかかりやすい疾患が多い犬種である宿命も理解してて(=将来的に病院代がかかる可能性が高いってこと)

……などのもろもろのことを理解したうえで、覚悟して、「やっぱりトイプーが最高に可愛いから、一緒に暮らしたい!」と迎える人が多い結果、いま日本の小型犬の大半の人口を占めているのだったらいいけれど、
単に軽く「ぬいぐるみみたいで可愛いから」とか「近所を散歩している子が可愛いくて、ふわふわで、いい子だから」とか「ペットショップで人気があると勧められたから」とか「いま安くなってたから」(!!)などのようなきっかけで衝動買いするのはやめていただきたいものだ、とも思います。

あまりにも日本は流行犬種に偏りすぎるっていう現実があると思う。それはよくない。
テレビや雑誌の写真や、近所を歩いている子が、きれいでふわふわで可愛いなら、それはその子の飼い主さんがちゃんと「毎日」ケアをきちんとしているから。そして「毎月」ちゃんとトリマー代をかけてきれいにカットしてもらっているからにほかならない。
近所や公園で見かけた子がおとなしかったり、愛想がよくて、賢くしつけができているなら、それは飼い主さんがしっかりしてて、犬の行動を理解してて、トレーニングを日々努力しているから。

だと、思うわけです。

私は決して、トイプーの飼い主さんを否定したいわけでもないし、トイプーがキライなわけではない。
正しく飼養されているトイプーはほんと賢く、可愛く、楽しく、一緒に暮らしてて手応えのある犬だと思う。
だけど、流行廃りで飼ってはほしくないと思っています。(どの犬種も同じだけど)
そして、流行犬を捨てないでね、と強く思っています。(どの犬も同じだけど!)

それと今日もうひとつ感じたこと。
複数のお店の看板犬でチワワちゃんに3頭会いましたが、
みんな10才を超えていた。
それって、つまりチワワが流行してから、10年くらいの月日が経ったということなのね。
チワワもかつては一世を風靡をしていたもんです。
小さくてしっかり者のチワワたちは、小さいからいつまでも愛らしく、シニアになっている風には一見見えないんだけど、ああ、日本のチワワにも高齢化社会がきているのかぁ、となんだか切ない気持ちになりました。
なんだか月日の流れを感じました。

いま10才を超えつつあるチワワちゃんたち。みんな、長生きするんだよ。楽しい後半の人生を楽しんでね。と、心から思いました。

それでは、おとといの夜の、うちのアホどもの写真を。

写真-1_01

こんな強烈なヤツのお洋服や首輪は、なかなかショップには置いてなかったのー。これが現実ねー。涙。
ニッポンも、もう少し、多様な犬種の飼養の文化が広まるといいなぁ。
飼い主が10人いれば、飼い主の体力や忍耐力や経済力やライフスタイルなども千差万別。
だったら、一緒に暮らしてて適役の犬種たち(大きさ、性格、運動量、毛のタイプなどなど)も、みんな違うはずなんだけどなーと思うわけです。

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 4

さぁ~ちん母  
No title

お久しぶりです!
中型、大型わんこ用品のお店って確かに少ない!
雨合羽(昭和用語)も選べませんし。
たまに犬用品のウィンドーショッピングしてみたい♪と思います。
(我が家はクーパーさんとメルさんの間ってサイズの体重21キロ。
ちょっと胴長)

そして、家族に迎えた4脚たちをほ~~~んとに最後まで
飼って下さい、と切にお願いします!
センターは純血種だらけです。
と、ここで言ってもしょうがないですね。

最後のお二方のお写真はなんともかわいらしく和ませてくれますね。
リラックス感がたまりません!

2014/03/13 (Thu) 20:32 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
♪さぁ~ちん母様

さぁ~ちんとは、サラちゃんのことだよね?(違ってたらごめんなさい) シェパミックスの? 世田谷か杉並か、とにかくうちを甲州街道上がったあたりの。
(と、犬の名前と犬種と住んでいるところしか記憶できない私の脳味噌)

雨合羽。私もその言葉使います(笑)。
あれ、サラちゃんのママも同じような年代なのかしら、私より若そうと思ったけど(これでサラちゃんちじゃなかったら、ますます失礼!)

カッパとかサイズを確認して買いたいものですが、なかなかそういかないのが悲しい中型・大型犬ですよね。

また私は、家族に迎えたあとも獣の家族として大事にしてほしいのはもちろんですが、それ以前に、迎える前に、よく考えて、家族会議もして、家族の意見と協力状況と決意を確認して、家族の将来像もシミュレーションして、覚悟のうえで犬を迎えてほしいと思っています。

純血種を選ぶのであれば、なんでその犬種が欲しいのか、その犬種を飼うメリットとデメリット(いいところと大変なところ)、かかる手間・時間、お金、体力などをよく理解して、検討してからにしてほしいです。それを考える時間もほんとはすんごく楽しくてワクワクする時間で、そこから「犬と暮らす」生活は始まっていると思っています。子犬を待つ時間(ブリーダーに依頼するにせよ、レスキュー団体を巡るにしろ)も、心躍る楽しい時間であり、また決意と覚悟を何度も噛みしめる時間にもなると思います。

またお会いしましょうね!

2014/03/14 (Fri) 12:35 | EDIT | REPLY |   
さぁ~ちん母  
No title

はっきり名乗らず「お久しぶりです」と書いてしまい
すみません。
甲州街道山奥側(杉並)のサラの母でございます。
可愛らしい羊さんよりちょっと上のへびさんです!
若いなんて嬉しいお言葉、ありがとうございます。

おっしゃる通り、犬を迎えるにあたっては勢いではなく、
プレゼントでもなく、じっくり考え、家族と相談してそして
その日をみんなで楽しみに待つ。
新しい家族が増えるのですから。
ただ、残念ながらどんな犬種か本やPCで調べられても
そこから先の手段はペットショップ、スーパーの量販店
っていう方が大多数ではないでしょうか。

是非、入手手段はもっとある事(ブリーダーやレスキュー団体)を
知ってほしいなぁと思っています。
そして、世界に一頭の我が子に出会って頂きたいです。

そのうちミックス犬が流行るっていうのもないでしょうかねぇ~。
ないかぁ・・・。



2014/03/17 (Mon) 17:39 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
♪さぁ〜ちん母様

やっぱりサラちゃんちで正解でしたね(よかった。ハラハラしてたのよ)

犬を迎える方法に、ペットショップ以外もあるということ、そして、犬は見た目の部分以上に異なるのは性格や機能だということをもっと知った上で、自分にあうパートナーを探してほしい、と思っています。

あ、私はでも、デザイナー犬とかいって、パピーミルが適当に生ませているミックスには反対。そういう流行もだめ。
ただ「レスキュー犬をおうちに迎える」ということが「カッコイイ」になるのは、けっこういいなと思っています。ただしこれまた「自分は可哀想な子をもらってあげた、いい人」になっちゃう人もいるので気をつけないといけません。ニンゲンがどこから手に入れようが、犬からみればひとつの同じ人生(犬生)。ちゃんと理解し、大事にしてくれればよし!ではないかと思います。

2014/03/18 (Tue) 17:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply