Article page

by
  • Comment:2

立春大吉、でございます。
だけど、昨日までの暖かさがウソのように、今日は東京も雪になるそうで。
昨日と気温差−12℃ってのは、困りますね−。メルがチッコでちゃうー。今日は床暖房しましょう。


さてさて。なかなかブログにアップしてないけど、意外と週末はこまめに爆走に行ってますのでたまにはちゃんとレポートしましょう。

ネバダ_20140201_1621311

これは2月1日(土)。ネバダ原っぱ→ついでに帰りに IKEAに寄り道(トール、初IKEA。うちは冬にしかIKEAやコストコに行けません。犬をパーキングで待たせられる季節は限定される。かといって、犬なしでドライブするのは週末が限られているのでもったいない)。

ネバダ_20140201_1632152

あらら、先月来たときは、こんな開けたとこなかったはずなのに。
木の切り株がいっぱい。

ネバダ_20140201_1635363

笹原の間に、獣道がある。クパメル、喜んで野獣化。
何度も獣道を行き来する。こういう野道は、ワクワクするんだろうね。それにこういう藪の方が野生動物がいるみたい。リス、野鳥の声がいろいろ聞こえる。そりゃー楽しかろう。

現在の日本のお山はスギが植林された単一林が大半だけど、
やっぱりこういう広葉樹林の天然林、そして自然に勝手に繁茂した藪や原っぱの方が、断然野生動物が多くすんでいる。実感するね、ここに来ると。クパの目の輝きが違うのがわかる。

ネバダ_20140201_1641304

でもメルは、クパほど機動性がないので、ついていけないで、ニンゲンの元へ戻ってきやすい。
しょせんボクサーは都会のコンパニオンである。

ネバダ_20140201_1648125

それに比べて、クパの機動力、レンジ(探索距離)の広さは、さすがガンドッグ。
山の斜面をものともせず、駆け下り、駆け上がり、下の段の原っぱまで行ってダーッと走っているのが上から見える。だけど、一定の距離まで走ったら、口笛を吹かずともくるっとUターンして戻ってくる。えらい、賢い、ちゃんと考えてる。アホクパがかっこよく見える。
そして飼い主の元へ走ってきて「ホウコク・レンラク」。猟犬のこういう行動、大好き。だから、ガンドッグはたまらなく可愛い。

ついでに言うと、クパは、2回目のウンチ(1回目はクルマから降りてすぐします)も、ワーッと走ってきて、私たちの2メートル前くらいの山道の脇でする。これだけ広大な野山があるのに。「ウンチは飼い主に拾わせるもの」と、ご存知のようである。

メルはそんなに遠くに行かないし、やはり近くの、私たちがとりやすい場所でウンチする。おもしろい。本来、排泄行為中ってのは危険がいっぱいと聞く。草食獣がそうだと聞いたことがあるが(そりゃそーだ、排泄中ってのは無防備で、しかも急に逃げ出せない)(だから排泄行為ってのは快感を伴うんだって。危険なうえに痛かったら、動物は一生便秘になるね。笑)、もしかするとクパメルも、飼い主のそばでウンチするのがいちばん安全地帯だという認識があるのかもしれない。これは、犬に聞いてみないと本当のところがわからないが。

ネバダ_20140201_1655226
“にーちゃんはどこへ。にーちゃんが見えなくなっちゃった”

メルは、急な斜面はどんくさい。
にーちゃんにおいつけず、半分くらいは途方にくれている。
だけど、それでもこれだけガンドッグ化しているボクサーはそうそういないだろう。
シライシ家の子になると、こういうことになる。笑。
そういえば、タビィもバドに付いていこうと頑張って藪に入ってたけど、ダニやヒルだらけになって戻ってきてたよなぁ。7ちゃんずは、ダニやヒルもあまり付かないんだよね。うまくできているよなぁ。
パチは、どんくさかったから(いま思えば足が悪かったのだろう)、いつもニンゲンのそばをぴょこぴょこ歩いてて、藪こぎなんてしなかったな。
斜面や平原をガンガン駆け回れるということは、それだけ足腰が強いって証拠なのだ。

ネバダ_20140201_1656418
メルがどんくさくて恐る恐る進むから、クパ渋滞中

クパ! 出稼ぎが減ったから、今月はもっと走りに行こうね!
(だけど働かないと、ハイオク163円/Lは出せないぜーっ!)

白石バドバドかえ
Posted by白石バドバドかえ

Comments 2

maliktesem  

はじめまして^^
いつもブログ楽しみにしております。
ファラオハウンドと暮らしているのですが、
山の重要性を書かれているブログがあり、嬉しくて拝見していました。
うちは山がすぐそこなのもあり、週1程度早朝に山に連れて行っていますが、
やはり犬の満足度が違いますね!
ファラオは岩場の猟犬なので、ちょっとした崖ならぐいぐい登っていきます。
走って、崖を上って、沢を踏み越えて楽しそうにしています。
最近新車になって運転が不安なので(オフロード山道なため・・・)
ドッグランに行っていますが、そこでは本気では走りません。
本物の自由と柵に囲まれた自由がわかるんですね^^;

うちのは戻りがあまりよろしくないと言われている
サイトハウンドのようなプリミティブドッグなのですが、
犬種の割りに依存心が強いため、山に入っても呼べば戻ってきます。
(あまり頻繁に連れて行くと、行動が大胆になりすぎる傾向があるので
週1程度で抑えています。)
今週こそ、山に行ってみようと思います。
早く猟期が終わればいいんですが・・・

2014/02/12 (Wed) 00:28 | EDIT | REPLY |   
ばど吉  
♪maliktesemさま

はじめまして! 初コメありがとうございます。
ちょっとブログ拝見しました!
12/28のブログ、いいですね〜。
まさにうちと同じようなところ、行ってますね〜。親近感。
あ、デニーズガーデンにも行ってる! 名古屋の人かな?

いま何年もかけて書いている犬種図鑑で、デニーズガーデンでファラオハウンド撮影取材させていただきました。私もそのとき、彼らの動きをみて感動し、そのあと原稿を書くために、さんざん資料を探したり、マルタ大使館にまで電話をかけて確認したり(反応は悪かったけど。苦笑)して、この素晴らしき犬種のことを調べました。まだまだもちろん全部理解できたわけではないですが(その犬種を何頭も飼い続けているファンシャーにかなうわけないと自分は思っています)
それでもわかったことは、マルタ島は岩場の多い島で、それほど直線距離もないような地形で、ウサギを追いかけ、駆け回ることのできる俊敏な運動能力のある犬なんだーと。感動しました。コーナリングの才能がすごいんだもん。

そして、ちょっとへたれなとこも、ややワイマっぽく、個人的に好きです♪

あまり頻繁に山に連れていくと慣れて大胆な行動にでる、っていうのもわかります。想像つきます。笑。

いまは猟期中ですが、猟期以外も有害鳥獣駆除はけっこう頻繁にやるそうですから気をつけてくださいね。蛍光色のチョッキ、ぜひ着せてね!!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2014/02/12 (Wed) 17:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply