クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。
2013→2014 年末年始ダイジェスト
2014年01月06日 (月) | 編集 |
あけまして! おめでとう! ございます!
犬ライターが犬馬鹿生活を綴る拙いブログではございますが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ああ、クリスマスケーキのまま、もう1月6日の仕事始め。
この年末年始は、マチュが受験追い込みのため、ずーっと代々木村にいたのに、いったい私ったら何をしていたのかしら。
と、年明け早々、記憶障害が心配な私ですが、
とにかく年末年始の総集編を一気にいってみましょー。

12月28日。金ちゃんが無事に車検から戻って参りました。嬉しいぃ。
それで12月30日、ダッシュでマツタケ山に犬爆走走り納めへ行った。
クパたち、金ちゃんなしの生活で、お山に行けなかったから、たいそう喜びました。

写真0

マツタケ山は、午後に行ったけど、霜柱がたくさんあって、寒かった。ああ、すっかり冬の山って感じでした。
でもクパメルはいっこうにおかまいなしで大爆走。

そして都内へ戻りまして、
犬とオットを留守番させて、親戚会に行くためにマチュとスカイツリー駅へ。

写真

12月30日。アメリカ人の従兄弟キャロと35年ぶりに再会。ご夫婦で来日。それに合わせて、日本の従兄弟たちが集まり、親戚会。私の母も遊びにきたので久々に会えた。行けてよかった。
そのあと、浅草にホテルを取っているキャロたちと歩きました。

アメリカ国籍のハーフの従兄弟キャロ(女性)は、脳のリサーチのサイエンティストとのことで、アメリカやノルウェーの大学から招聘され、グローバルに活躍している。なんだか私と同じ血統とは思えない。ご主人は国連で働いてて、いまはインドの人々の生活に寄与するようなお仕事らしい。が、英語がすべて理解できない私(涙)。でもどうやらすごい人たちであることはかろうじてわかった。
ともあれ、マチュにも「さいえんてぃすと」と同じ血が流れているので、理系に進めないこともないと判明したことは嬉しい(私もトールも100%文系だから、心配していたのだ)。

キャロは今年還暦とのことだが、とてもチャーミングな女性だった。35年前、私の弟の骨折した左腕のギブスにニコちゃんマークをマジックで書いたキャロのままの笑顔。私も、キャロのような素敵な還暦を迎えたいものだと思いました。

写真2

そして同じく12月30日に、某犬友達からすごい貢ぎ物が届く。紹介がないと買えない高級クッキーだって。東京って、おそるべし。
味がしっかりしてて、なんだか懐かしい味。すごく美味しい。噂はウソではなかった。
しかしこの大量のクッキーを狂喜しながら3日間で食べ終わったシライシ家。こういうことでよいのだろうか。とお正月早々、甘党すぎるわが家の連中も「おそるべし」と思ってしまいました。

そんで大晦日は、私は、偏頭痛で死んでいました。なんてこった、大掃除もしないままで。
ま、痛みや辛さは年内にやっておけるものなら完了しておこう。

そして明けまして。

今年は、新巻鮭まるごとゲットし、お雑煮を作った。

写真3

でも爪が切れそうだったので鮭の解体はトールにお任せしました。新春から私のお世話をしてくれるトールさん。今年もなにとぞよろしく頼む。

写真4

1月2日。氏神様の代々木八幡様に初詣。
八幡様は、犬と行っても迎えてくれる心の寛容なお社なので、今年も足繁くお詣りしたいと思います。

写真5
のびーーーのボンちゃん

1月3日。昨年マチュに呼び出されて行った明治神宮新春献血へ、今年は夫婦で行くことに。
そしたら行く途中でたまたま公園で、ボンビー家に会いまして、新年ご挨拶。
相変わらず可愛いボンちゃんは、のびーとなっている。

今日はうちの犬どもを連れていないので、ボンちゃんビーちゃんを触れる! 嬉しや。

ボンちゃんビーちゃん、 Mさん&パパさん、今年もどうぞよろしくね。ご近所ボクサー友の会がいてくれて、ほんと嬉しいです。

写真6
ビー姐さん。今年は一緒にキャンプか旅行行きましょう。爆走も行こうね

写真7

そして献血。私もトールもそれぞれ400ml抜かれた。ささやかな社会への恩返し。
そしたら今年はトールもいたから、お馬ちゃんをふたついただきました。

写真10

明治神宮さんにお詣りしてないで、献血だけってのもどうかと思うが、ともあれ新春献血任務完了。

写真8
表参道の歩道橋から眺めた夕陽と代々木体育館。渋滞すごい

写真9
歩道橋の反対側の表参道を望む。国旗が沿道沿いに飾ってあります

そして1月4日。マチュ冬期講習はじまる。というわけで、じゃー、新春初走り行くよー。
だけど中央道や東名は帰省ラッシュ中だからやめとこう。よし、第三京浜だ。そこでいまならダニもいないであろうネバダ原っぱへ久々にGO!

写真13

だけどやはりお正月休みのせいか大楠山ハイキングなどの方が多い。
これは困った。というわけで、我々はひとけのない山道に入るのであった。
あら、でもけっこう素敵な立派な獣道! いいじゃん!

写真11

と思ったら、すんばらしい古木もありました。すごいでっかい木。枝ぶりも見事。なんだか神様が宿っていそう。お正月早々、いいものを拝ませてもらいました。

写真12

そのあと例のネバダ原っぱへ。
クパメルは、リスを追いかけたり、ヤマドリをフラッシュさせたりして、充実の原っぱ遊びを楽しんでおりました。
ヤマドリね、たぶんヤマドリだと思うんだ。キジより少し大きめかな。金色のような黄土色。ほっぺが赤だった。飛んでいった真後ろから見たので、尾が確認できなかったけど。重たそうな(笑)、ブルブルするような音を立てて飛んでいった。飛ぶのはあまり得意じゃない、地面を歩いている鳥なのかな。原っぱ横の林の中にいました。クパがポイントしてて、メルがフラッシュさせてたよ。メル、いつからガンドッグに!?(笑)
それにしても美しい大きな野鳥に会えて、びっくり&嬉しい。いるんだね〜、こんな場所にも素敵な野鳥が。ちょい感激したよ。

写真14

最後に、富士山の左手に沈む夕陽を見た。
おっと、これは、クパちゃんのどたまに沈む夕陽。

犬友達に「ダイヤモンドクパだ!」と言われた。おめでたい。

今年もこんな感じのくだらないブログだと思いますが
どうぞよろしくお願いいたします。


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/07(火) 21:23:18 | | #[ 編集]
♪Sママ様
あけましておめでとうございます。どこにお返事してよいかわからないアナログ人間のためここにお返事させていただきます。
先日はお声をかけていただき、ありがとうございました!
バドブログ、そしてびびりんクパの経験が、お役に立てているようで、すごく嬉しく思います。

「犬は基本どの子も一緒」。それはある意味正解です。犬はいつまでたっても犬ですし、サイズや犬種や生い立ちや年齢にかかわらず、犬の行動様式や学習理論は同じだし、飼い主に対する愛着は根っこは同じだと思います。

だけど、一方、犬も「十人十色」、あ、「十犬十色」でもあります。
サイズの違いから来る恐怖心、犬種(血統)の違いから来る過敏性、生い立ちの違いから来る社会性、年齢の違いから来る経験値……など、これまたいろいろと複雑に絡み合い、その犬の個性や性質を変化させていくと私は理解しています。

だから里子のSちゃんが、いろいろ大変なことを抱えている背景も理解できます。でもSちゃんにいっぱい愛情を注ぎ、自然遊びをさせてあげているTさんは素晴らしいと思います。どうかめげないで、(同様にびびりんの試行錯誤中のアホクパもいますから! 笑)頑張ってください。

「犬は犬」だから、きっといつか、Tさんの真摯な愛情と包容力が伝わり、ものすごく素敵な信頼関係ができてくると思います。そのときはかけがえのない達成感と悦びが得られるでしょう。

たしかに、びびりんの犬は非常に面倒ではありますが
でもそれだけに可愛い、ほっとけない面もありますよね。
これも個性! いいんです、これが可愛いんです! (負け惜しみ!? いや、違う!)(おい、クパ、頼むぞ)

自然リフレッシュ。私も同じです、クパのためとか言いつつ、実は自分のためでもあります。私は、クパのために高速道路をガンガンドライブする瞬間もすごくストレス発散状態だし、クパのために山に行き、クパメルの大喜びする走りっぷりや笑顔を見るのが大好きです。オットに、「こういうときがいちばん幸せそう」と言われる始末です。笑。

びびりんクパとSちゃんが対面するのはいまは無理かもしれないけど、いつか遠巻きに(笑)お会いできる日が来ることを楽しみにしています。
(あるいは私が犬なしのときに!会わせてください)

マチュへのエールもありがとうございます!

こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

2014/01/08(水) 12:12:24 | URL | ばど吉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する