avatar image

11月11日はバドの誕生日

バド。私の最愛のワイマラナー。
バドは、11という数字と関係が深い。

お誕生日は、11月11日。1994年(戌年!)生まれ。生きていたら今日で19歳か。
死んじゃった年は、2011年。2011年7月没。享年16歳8か月。

覚えやすいね、バド。

死んじゃった命日より、やっぱりバドといえば11月11日。
昨夜もマチュが「今日がバドの誕生日だね」と言った(深夜0時過ぎまで起きているのは問題だが。笑)。
家族みんながこの日をしっかり刻んでる。

20060824230018.jpg
2006年8月。バドとタビィとパチ。バドの人生の友達は、コーギーだった

20061108103708.jpg
2006年11月のバド。マチュのお下がりのGAPを着てみた

20061115200616.jpg
2006年11月の誕生日のバド。12歳だ

20061117095528.jpg
2006年11月のバド。バドが見つけたダンボールの中で死にかかってたまめちゃん。バドは命の恩人だよ

11鮭とば
2009年11月のバド。15歳だよ。マチュの大切なおにーちゃん。マチュはバドに守られて育ったよ

26みかん6

↑ 2009年11月のバド(15歳)。9月にはクーパーがやってきた。バドはちゃんとクパの存在を許してくれた。

29仲良し3

↑ 2010年11月のバド(16歳)。10年8月にはメルもやってきた。夢のドイツ3点セット時代。
バドはめんどくさそーなりにも、なんだかんだとチビどもと寝ていた。
クパは1歳超えて大きくなったけど(しかもタマ付き)、バドに対して反抗的な態度を見せたことは1度もない。
犬は、ちゃんとわかっている。正しい犬はちゃんと先輩は敬い、大事にするんだね。

バドは若造どもが来て、きっとうるさかったろうけど、でもバドは子犬のときからタビィとパチと育ったこともあり、多頭飼育が安心するタイプだったんだと思う。バドが、最後にもうひとふんばり長生きできたのは、クパメルのおかげと思っている。

30松葉杖散歩

バドが16歳の誕生日の日、私は骨折してて府中の病院に入院してて、朝、病室から西新宿の高層ビル群を眺めながら、「バド、お誕生日おめでとう。この日に退院できなくてごめんね」と心の中で泣いた。

ま、お医者さんや家族の反対を押し切り、通常ではとうてい退院不可の足のまま、バドの誕生日の翌日の12日に退院してきたけどね。

そんで11月29日からは、バドの散歩にも強引に行き始めた。バド爺ちゃんは、たびたび排泄散歩に行かないと、すぐ膀胱炎になりやすかったからね。バドのためならどんな無茶でもできた。

25じーちゃんおかえり

2011年4月には太ももにできた爆発した腫瘤をレーザーメスで切除した。ノー麻酔で手術。バドは16歳半でも手術に耐えた。お医者さんと飼い主を信頼して、麻酔なしでも全然動かず、良い子だった。えらかったね。そしてもちろん入院せず、すぐ帰宅し、自宅療養。高齢な分離不安犬を入院させたくないという気持ちを汲んでくれたN先生に感謝だ。


バドとの思い出は、全然色あせない。
思い出せば、こんなにスラスラといくらでもでてくる。


バド。
バドが忘れられず泣き暮らしているということはない。
なんて言えばいいんだろう。
でも、とにかく、バドは、いまも最高の相棒として、私の心の中で、いつもそばにいる。
そんでもって、ここ一番っていう大事なときに、私も(マチュも)いつもバドの遺影に向かって、「バド、頑張ってくるからね! 守ってね!」と、言って出かける。
バドは、シライシ家の小さな神社になってる(笑)。

そういう存在に思える犬と暮らせたことは、本当に誇り。宝物だと思う。

バド、これからも頑張るからね。見ててね。

13愛しいバド
2011年4月。バド、17回目の桜を見る。犬友達に囲まれながら

Comment

  • NINA
  • URL

バドとシライシ家の歴史は、今もこれからも刻まれていくのね!!
以前、『バド!!見守っててね!!』と、クーパーの撮影に出掛けたばど吉さんを思いだしました。
『おぅおぅ~賑やかにやってるね♪』とか、『かーさん、そこは落ち着いて!!』なあんて、お空からニコニコしながら、またヒヤヒヤしながら見てるのかしらね~~

バドと写ってるマチュちゃんが小っちゃい!!(あたりまえだけど 笑)

  • ばど吉
  • URL
♪ニーナママ

ありがとう。バドはいつでも一緒の、御守りみたいなもんです。きっと守ってくれてます。
クーパーとの撮影のときも、そう言ってたっけ(笑)。言いそうだな。
わりと、バドやタビィやパチの名前も、わが家の会話の中で、ふつーにでてくるんです。もう体はないのにね。いまも、ふつーにわが家のメンバーです。


想う気持ちがあれば、私たちの絆は色あせることはありません。
愛犬との絆って、そういう素晴らしいもんではないかと思います。

マチュ、ちいちゃいでしょー。ああ、あのときは可愛かった(爆)。

  • mari
  • URL
心のなかに!

モノじゃないんですよね…大事なものって見えないことが多いけど、心のなかにはちゃんとあるんですよね。。。

少しの間だったけど、バドと一緒に遊べたこと、私はラッキーだったと思います。全盛期の、花絵さんの手を焼かせる姿も見てみたかったけれど。

やっぱり、犬っていいな〜。

  • ばど吉
  • URL
♪mariさん

うん、犬っていいよ〜。大事なことはみな犬から教わった気がする。
子育てなんかまさにそう(笑)。忍耐力も養われたし、「死」に対する教えもそう。

そしてバドのおかげで、私はたくさんのお友達もできました。ビーちゃんちもそう!
恒例のお花見のことを思い出すと、泣きそうになります。

全盛期のバドがどれほど大変だったかは遠い記憶なんだけどー(笑)、とにかくクパとは違った苦労が山積でしたよ。それぞれ個性が違うってのも勉強しました。
そして、いいとこと悪いとこが共存しており、いいとこだけの犬はいないし、悪いとこだけの犬も絶対にいないってことも学びました。

年とった犬は、これまた可愛さひとしお。一緒に生きるって、素晴らしい財産です。

そして、そう感じてくれるニッポンにすむ犬好きが増えてほしいなと心から願います。

  • URL
あんじんママ

わかる!
本当にわかる!

それしか、言葉がないな。。。。。

色褪せることは、これからも無いよね。絶対に。
日が経てば経つほど、心に深く深く刻まれていくもんね。

うん、わかるよ。

私のあんじん姫に対する思いと同じだもん。

だから、時々、何かがせきを切った様にこみ上げてくる事も、、、、

どれも、いい写真だね!

  • ばど吉
  • URL
♪あんじんママ様

ありがとう!
そう言ってくれる友達に出会えたことも、バドのおかげ。
きっとこのバドブログもね、ワイマ・ファンシャーが多いと思うの。
あと、私がバドを思う気持ちに共感してくれる、犬馬鹿のみなさんが、このバドブログの読者ではないかと思っています。
バドは死んじゃったけど、バドのつなげてくれたものは、なくなるどころか、広がるばかり。
これはすごいことだと思います。
私もときどきダム決壊することはあるけどね。でもそれも人間性が豊かになる大事なトレーニングというか経験になっていると思う。

どれもいい写真でしょ。ありがとう。バドは、クパよりフォトジェニックなのよん。
ま、クパの里芋・弟キャラは、あれはあれで最高に可愛いんだけどね!

あんじん姫への思いと同じ。そういう友達に会わせてくれたバドに感謝。

  • ばど吉
  • URL
そうだ

いま、クパが何気なく寄ってきたから、
何気なくいつものように撫でてて思った。

クパがいまとなりにいるから、
私は、穏やかに、バドの思い出を語れるんだと思う。

クパにも感謝だ!

  • URL
あんじんママ

そうだね。
クパっちのお陰だね。

私もあんじん姫がまずお空に行っちゃって、そして、サラムも、、、、
どうにもならない気持ちの時、やっぱり、シオンが居てくれて、、、、

そして、とりつかれたとしか思えないミッション遂行。

犬って素晴らしい♫

  • ばど吉
  • URL
♪あんじんママ

犬のいなくなった悲しみは、(私の場合)犬にしか埋めてもらえない。
マチュもすぐ「欠員募集」しちゃうタイプ。笑。

>>そして、とりつかれたとしか思えないミッション遂行。

くふふっ。ニンゲン、その気になればなんだってできる。夢は叶う。を、よくぞ体現してくれました。2月が楽しみです。誤射防止の派手なチョッキを本場で買ってきてくれぃ。(しかもサイズが私並みにデカイ国だから、いろいろ種類もあるでしょう!)

犬って、最高に素晴らしい♪

  • URL
あんじんママ

人間用のやつ?
私、ミミさんにもらったよ、交通整理のガ-ドマンが着てるみたいなやつ
なんだけど、、
あんまし、カッチョよくないのよね。(まあ、そんな事は二の次だけどさ)

わかったよん、買ってくるね。

  • ばど吉
  • URL
♪あんじんママ

うん、その交通整理の人みたいなの。スウェーデンのでもかっちょわるかった?
(日本のもかっちょわるくて、買うのを二の足を踏んでいた) でも北欧の方がまだかっこよくない? どう?

ううう、しかし、今期には間に合わない……?? うううううう。
元気だして。

  • ABCママ
  • URL

ウルウルしながら読みましたよ。
ばど吉さんが飼っていたのがバドじゃなくて他の犬種だったら、私とばど吉さんとの接点はなかったよね。
巡り合わせてくれてありがとう、バド!
そして、こんな素敵なパートナーと過ごせた白石家はみんな幸せ者だね!
うちの子達も本当にかわいいけど、パートナーではありません。
残念ながら、そういう信頼感はあの子達にはないからね。
いつかそんな風に言えるワンコとも暮らしてみたいな〜って、読んでつくづく思いました。

ところで、そろそろ例のモノをお渡ししたいのですが。
都合のいい日をお知らせください。

そうそう、私の誕生日も11日でーす!

  • ばど吉
  • URL
♪ABCママ様

そうだねー、バドがワイマじゃなかったら、あのときSさんは私に勇気をだして(笑)、連絡くれなかったことでしょう!
いやー、運命を感じるね。バドのおかげだね。

あら、パートナーって感じはしない? あら、そう? 私はサイズや大きさに関係なく、犬とはパートナーになれる気がしているけど。淡々としているからかな? (うちの犬はどいつもこいつもうざったすぎ! でもこれは飼い主のキャラに同調しているのかもよ! Sさんがシライシ家みたいにうざったくないからかもしれない。笑)

そうです、昨日自転車乗りながら、すっかり寒くなった〜と思ってました。
電話するね。

お、11日誕生日ですか!? 11月じゃないよね??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • ばど吉
  • URL
グロリア様

返信遅くなりすみません。
16歳になられたのですね!
長生きのワイマラナー、けっこういますね。嬉しいです。
1日1日を大切に、
老犬はいろいろ大変なこともあるのは事実だけど、それに勝る愛しさがありますよね。
幸せな、QOL(クオリティ オブ ライフ)の高い老後を送れることをお祈りしています!
老犬ワイマ、可愛いだよなぁ〜。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する