捕りたてホヤホヤのシカ角

今日はサイコーにいいお天気でしたね。
だけど、マチュは午前と午後、模試のはしごしてたし、トールは会社に行ったので、私もしょーがなく原稿を書いておりました。クパが、シカ角を持って、私の金魚のフンをしておりました。

お! そうだった! 書き忘れてた!
木曜日に、犬めし用シカ肉が北海道から届きました。ついでに「北海道の猟期はそろそろですよねー」などと雑談も少しさせてもらい、さらに聞いてみた、「犬が齧る用のシカの角、あります?」
「ありますよ〜、北海道は来週から猟期が始まるけど、有害駆除はもう始まってますから、捕りたてのもあります」とのこと。
おおぅ、ではぜひぜひお願いします。あ、1本だとケンカになるから2本お願いします!

そんで、来たんだよー。オマケかな、3本入ってるよ〜(笑)。

シカ角_1
ジャーン。下は赤身肉12キロでござんす

うお、うおっ!

シカ角_1_01

骨の髄、ちゅーか角?の髄がまだピンク色だーーーー。毛もついてるーーーーっ(ひえーーーっ)。
シカさん、大事に長くいただきますっ。

赤身肉だけなら、全然びびらないのに、
今回ばかりはクパが異常な警戒態勢になっておった。
髄のニオイか、毛皮のニオイか。ダンボールがガサッと動いたときに、ビャッって2メートルほどぴょーんと飛び上がって逃げてた。猟犬のくせに、何をびびっておる! と思ったが、いやいや、未確認大型獣臭に対して警戒するのはある意味正しい反応だな。殺る(やる)か殺られる(やられる)かの世界だもんな。

それに比べてメルちゃんは脳天気。好奇心しかない。

シカ角_1_02
目、よってますよ

メルは警戒心なく寄ってくる。強いちゅーたら強い。けど、殺られる、可能性も高いな。この警戒心のなさは。でも、クパにーちゃんの異様な厳戒態勢に気がついたらしく、いちおうすぐさま食らいつくのはやめたらしい。

シカ角_1_03


くんくん。

シカ角_1_04

くんくん。(上の写真と間違い探ししてみよー。笑)

しばらく(5分くらい)この念入りなチェックをしていたクパたち。

シカ角_1_05

ようやく齧り出す。でもまだ恐る恐るって感じ。
(メルは「なんじゃおまえ。うまいんか、どうなんだ」という感じの顔をしている)
まあ、相当の脳の刺激になりましたね。

シカ角_1_06

あっ。クパがいつのまにか3本とも占領してる。
クパ、こういうときだけ、強いオスになる。
ウーとかガーとかにはなっていないのに、有無を言わさぬ強いオーラがでているんだろうな、こういうときだけはメルは太刀打ちできない。
(私は、こういう強いオスになる瞬間もけっこう好きである。クパに野生を感じるからだ)

シカ角_1_07
ちら〜〜〜ん

クパはまだ少し警戒しているのか、ガミガミと齧りだしてはいない。でも、完全に占領している。絶対にメルに渡さない。
だけど、私がシカ角を取り上げても唸ったり阻止しようとする素振りなどの抵抗はしない。そうでなくちゃーいけない。

シカ角_1_08

ようやく齧り始めた。ダンボールが届いてから、30分以上……うーん1時間近くかな、様子を見ていたことになる。こんなのは初めてだ。興味深い。

ゴリゴリ、ガギガギ、という鈍い音がずっと聞こえていた。ホラーな音だ。

数時間後に見たら、毛はむしれ、ピンク色した部分や表面よりはまだかろうじて柔らかそうな髄はだいぶ齧られていた。でも角はとにかく硬いから、そう簡単にはなくならない。

夜になって、クパもようやく飽きたらしく、メルちゃんが齧っても怒らない時間がやってきた。

メルうっとり

メル、臭くて、うっとり。

ニオイを嗅いでみたら、たしかにくさ〜〜〜〜〜い獣のニオイがした。
メルは、髄のところに鼻をくっつけて寝ていた(うっとりしすぎ)。

クサイものは、魅惑的なんだよね。


ちなみに、髄やそのまわりの皮膚らしき部分や毛を齧っても、彼らはおなかを壊したりはしませんでした。強いわねー。
シカ角をご希望の野蛮な(ワイルドな。に言い換えてみよ♪)クパのお友達、必要だったらメールください。次回のシカ肉注文のときに、一緒に頼みます。安いです。こんなにコスパのよいオモチャはありません。でも、噂によるとなかには全然シカ角に関心を示さぬ犬もいるそうです。野生の本能が完全に消失した犬がいるのかな? あ、でもニンジンより硬いものは歯が折れると心配になるような犬と飼い主様にはあまりオススメはできません。犬も飼い主もワイルドな方限定。


コメント

ワイルドだあーーーーー!!
めっちゃカッケーよ~~~!!
2頭観察してると、実に興味深くて、それぞれいー味出してるね!!

ニーナも鹿骨大好きだよ!!長持ちするから飼い主も有難いし!
でも・・・お毛々付きはやだ~~~!!(笑)

  • 2013/10/29 (Tue) 21:51
  • NINA #-
  • URL

いつも読み逃げで失礼してますが、こんなに立派で素敵な鹿角を見たらコメントをせずにいられませんでした。北海道産なら蝦夷鹿でしょうか?我が家のワイマラナーは確実に秒殺でヨダレものでしょうね。最近犬種を聞かれて答えるとアフリカのマラソン選手とよく間違えられます。まぁ足と食い付きだけは天下一品で速いんですけどね。

  • 2013/10/31 (Thu) 22:48
  • あっちょん #-
  • URL
♪あっちょん様

コメントありがとうございます!
エゾシカです。
ワイマでも、シカ角と、牛の大腿骨は秒殺はできないですよ〜。長持ちします。牛の大腿骨は脂ぎっているのでリビングが大変なことになるけど、シカ角はそういうことはないので便利です。昔、知人から聞いた話では、ドイツでは実猟の数頭のワイマが、納屋のようなとこでシカの足を退屈しのぎに齧っていたと聞きました。ワイマならシカ好きなはずです。
アフリカのマラソン選手? 誰だろう? 笑。

  • 2013/11/01 (Fri) 16:11
  • ばど吉 #-
  • URL

ケニアのエリックワイナイナです。皆さん舌がまめらない様です。

  • 2013/11/08 (Fri) 18:01
  • あっちょん #-
  • URL
♪ニーナママ

あれ、これに返事をしたことがあるような気がするけど、、、デジャブか。
お毛毛付き、って表現笑った!

  • 2013/11/09 (Sat) 11:53
  • ばど吉 #-
  • URL
♪あっちょん様

エリックワイナイナ! 爆。
舌を噛みそう。
でもたしかに、そういえば私も「ちょい似てる!」とかつて思った気がします。

  • 2013/11/09 (Sat) 11:55
  • ばど吉 #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する