バドバドサーカス

クーパー(ジャーマン・ショートヘアード・ポインター)、メルちゃん(ボクサー)、まめちゃん(バドが拾った黒猫)と暮らす、犬ライターが綴る犬馬鹿生活。

Entries

小淵沢、最高!

あらあら、大変、1週間以上ブログ更新してないじゃん! 私ったら何していたんだろう。たいしたことはしてなかった気がするのに。えーとえーと、失われた3犬種(G・シェパード、ドーベルマン、ローデシアン・リッジバッグ)の原稿をもう一度書いて、スウェーデン&フィンランドに遊びにいった犬友達のお土産お宝映像(ヨーロッパ大陸のワイマやジャーポのかっこいいことったら!! ヨダレもの!)を見ながら昼からワイン3本飲んで、その晩別の友人と久しぶりに新宿で飲んで、二日酔いになって(ダメじゃん)……みたいなことをして過ごしておりました。

やること山積の月曜日。だけど、10月10日、マチュの秋休みに家族そろって日帰り爆走した小淵沢の楽しかった記録をば。

5月にダルメシアンのニーナんちとキャンプした帰り道に見つけた素敵な夢の原っぱにどうしても行きたくて恋い焦がれていた私。冬になる前に行きたい!という野望をずっと持っておりました。
そんで受験生だろーが、なんだろーが、マチュも強制参加! 
ほんとはせめて1泊でもしたかったけど、マチュが「お勉強がある。日帰りで」と頑として譲ってくれなかったので、しかたなく日帰りで。
でも日帰りでも、じゅーーーーぶん楽しかったよ! マチュもアホみたいに満喫してました。受験生、たまにはひろーーーい空間で発散しないとだめですよ。こんな広いとこなら目もよくなるぞーー!

小淵沢01_1

そして今回もトレイルの入り口に初っぱなからこんな貼り紙。またもやクマの国(笑)。
だけど今日はクマ鈴も誤射防止用チョッキもばっちり準備!

小淵沢_1_01

さー、走れーーーっ!

小淵沢_1_02

おっ、トレイルに馬の糞が落ちてる! 場外馬術のコースらしい。お馬さんがいないか要注意。だけど幸い、誰にも会いませんでした。だから平日が好き♪

小淵沢_1_03
可愛いリンドウも咲いてます。花屋で売ってるリンドウより小ぶり

小淵沢_1_04

ススキがいっぱいです。

小淵沢_1_05

あらら、5月のときは草の短い見晴らしのいい原っぱだったのに、すっかりススキの原になってました。
でもこれはこれで趣あります。秋ですな。

小淵沢_1_06

ここに来る前に、小淵沢駅に寄り、駅弁を買ってきました。
ちょうどよい岩をみつくろってお弁当タイム!

小淵沢_1_07

マチュは憧れの、秋限定マツタケごはん弁当。かなり喜んでいる。

スクリーンショット 2013-10-21 12.54.50

ひじょ〜〜〜〜に広々とした空間で、すごい解放感! こんなとこでお弁当食べたら、心もすごく解放された!

だけど、おもしろいの、犬は私たちが食べている最中、ずっと岩の上やそばにいる。見晴らしがいいし、誰もいないから、勝手に自由に遊んでくれればいいのに、私たちから離れない。こういうのが群れの一体感というのだろうか。鉄砲玉にならない。こういう練習、とても大事だ。

小淵沢_1_08

クパメルにもお弁当をおうちから持参しました。
原っぱで食べるごはんはどうですか(笑)。
環境が変わっても、ガツガツ食べます。社会化OK!

小淵沢_1_09

食べ終わったら、トールたちはまだ岩の上で食休みしてるけど、私は嬉しくてしょーがないので、すぐ犬を引き連れて散策。

小淵沢_1_10

とにかく広い! とにかく犬たちが楽しそう!

小淵沢_1_11

私がずんずん進んで、米粒みたいに遠くに離れていると、うしろで、こだま遊びをチョー楽しんでいるマチュ。岩の上で、何度も叫んでる。
「広いなっしーーーーーーーーっ!」  (←マチュはゆるキャラ・ふなっしーが大好き)
「やっほーーーーなっしーーーーーっ!」

あげくのはてに校歌や、もうじき開催される合唱祭の課題曲を、全力で熱唱。
いやー、犬も子供も、広い場所だとタガがはずれて実に楽しそうだ。よかったねーーー。
タガがはずれて、頭のネジが1本抜けたかと思うくらい、マチュはゲラゲラ笑いっぱなしで、楽しそうでした。
いきなり原っぱをメル連れて爆走したりね。
子供は、脳味噌と目玉を酷使してちゃだめだ。心を広げないとね。

小淵沢_1_12
アザミの花もきれい。けっこうトゲが痛かった

タカ類と思われる鳥類が、野鳥を襲ったりしているシーンも目撃。クパもガン見してました。

遠く離れた牧場から、牛の声がときおり「モーーーウモーーーウ」聞こえましたが、姿は見えず。牛の声もこだま化してた(笑)。

小淵沢_1_13

このお花はなんだろう? 可愛い。趣ある〜〜。見たことない。
↓ 拡大図

小淵沢_1_14

小淵沢_1_15

野菊も可愛い。写真で撮るとわかりにくいけど、淡いブルーなの。
↓ 拡大図

小淵沢_1_16

やはり八ヶ岳山麓、標高1000メートル地点になると、植生も変わり、八王子の山などとは違う花が咲いていて、おもしろいです。

小淵沢_1_17

そういえばパパがさっきのお弁当岩の上で、急に首と肩がギクッとなり(クパのせいではない。クパは自由行動中)、本当に首が回らなくなり(なんで彼は、休暇中にいつも故障するのだろうか?)、一時はどうなることかと思いましたが(保険証も持ってきてないし)、まあ、運転はいつも私だし、今日はマチュもいるので犬係は手が足りているので問題なし。

トールの首イタタも少し治まったようなので移動しました。

小淵沢_1_18
リンドウの仲間かな? 白くて小さい。渋くて可愛い

小淵沢_1_19

こういう環境だと、脚側歩行が教えなくてもできちゃう!(笑)

小淵沢_1_20

メルはあまりマチュから基本離れない。やはり山の犬より、コンパニオンの気持ちが強い感じ。
クパはレンジ(狩猟中にプラプラ探索する範囲)が広いと感じます。
だけど、もちろん呼びは聞く。これが山歩きの醍醐味です。飼い主の悦びです。

小淵沢_1_21

メルとマチュは追いかけっこして遊んでる。
メルは、やっぱりちいちゃい母ちゃんがいると、とても嬉しそうだ。
なんなんだろうねー、なんで私よりトールより、マチュが好きなんだろう?
毎朝、散歩に行ってくれる人は、ごはんをくれる人より好きなんだろうか。
それとも、そういう利害でなく、心からの信頼関係があるんだろうか。

小淵沢_1_22

私は首の痛いオットを置いたまま、またクパとともにザクザクと坂道を上がる。私は都会ではまったく動かないが、こういうときだけははるかにオットより活動量が多い。我ながらおもしろい。そんでクパを呼び寄せるのを繰り返し、山散策。しあわせ〜〜〜〜♪

小淵沢_1_23

クマさんやダニさんがいそうだ。
だけど幸い、遭遇もなく、ダニもつかなかった。
あ、でもクパがさっそくクマ鈴はなくしてきやがった。マジックテープで止める式は、バフバフ藪こぎするクパには無理だったらしい。落とさない方法を考えねば。とりあえずニンゲン用のクマ鈴を首輪に通して使ってみた。うん、首輪に通す方が落とさない予感。ではまたもうひとつなくした分を買わないとな。

小淵沢_1_24

マチュは原っぱで昼寝してた。
そんでメルは言われなくても、マチュのとなりに座ってた。
うん。すごくいい関係だ。



とまぁ、こんな感じで原っぱを満喫。4時間以上いたかな。

このあと、道の駅で野菜を買い、アウトレットでマチュのコートなどを買い、そのあとまた道の駅に戻り、隣接した「延命の湯」温泉を堪能。温泉の前に、ほうとうやお蕎麦も食べました。
延命の湯は、とてもいいお湯だったよ。地元のおばあちゃまたちがたくさん来てた。「今年はシカが多い」とか「いま稲刈りが忙しい」などとお喋りしてて、おばあちゃまの社交場って感じだった。地元の人が利用するお風呂ははずれがないと思う。ここはぜひまた利用したい。

そして夕飯もお風呂も終わって、この時間なら高速道路も楽々で帰れる。
温泉後にちょっぴり睡魔がきそうになったけど、母は気合いで運転して帰りました。マチュと犬は全力爆睡でした。たしかトールは頑張って助手席で珍しく起きてくれてました(笑)。

楽しかったね。また行こうね。
マチュ、合唱祭も頑張れよ。あんだけ原っぱで大声だして練習したんだからね(笑)。


コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

トリカブトだなっし~~~~!!!
  • マツタケ母 
  • URL 
  • 2013年10月22日 13時18分 
  • [編集]
  • [返信]

クパの… 

ご飯食べる表情が面白い!今は亡き私の祖父がだ〜〜〜い好きなお酒を飲むときの顔みたい(※顔のつくりじゃなくて、満足げな表情がですよ!)

鬱蒼としてないし、気持ち良さそうな所ですね。野花も秋な感じでいいですね〜♪他の人間や犬と出会うことはないのですか?それならバッチリですね!

ヨーロッパのワイマやジャーポって、日本のとどんな風に違うんですか〜?
  • mari 
  • URL 
  • 2013年10月22日 17時40分 
  • [編集]
  • [返信]

ありがとうございます〜 

Cさま、Yさま、そんでマツタケ母さま
ご指摘ありがとうございます。
これが、噂の(!)毒の花なんですねーーーーーーっ。
知りませんでした。たしか大昔に殺人事件もありましたね。
こんなきれいな秋の花だったとは。
勉強になりました。
ウィキによると、通常は根っこに毒があるとのことですが、一説によると花粉等にも多少の毒があるかもしれぬとのこと。クパたちは普通にがしがし気にせずうろちょろしていたけど、用心するに超したことないですね。
いやーーー、びっくりしました。
無知な私をお許しください。
勉強になりました。ありがとうございます。
  • ばど吉 
  • URL 
  • 2013年10月22日 20時01分 
  • [編集]
  • [返信]

♪mari 様 

クパのおっさん可愛い顔、いいでしょ♪
ちゃんと美男子にうつっているのも別カットであったのですが、あえてこのオモロ顔にしました。
おじいさまと同じ顔ですか。嬉しいです。

この原っぱ、最高だよ! ケンカするヒマないよ、きっと。
今月はススキの原っぱになってました。
駐車場(正式な駐車場ではないが、なんとなく3台くらい停められるスペースがある)から歩くのですが、クルマは2台泊まってたけど、人には会わず。あ、クルマのそばでビニール袋をぶら下げている人には1人見かけました。5月のときは山菜採り、10月はキノコ狩りの民間人なのではないかと思います。今回はよくわからなかったけど、5月のときは山菜を切り取った感じの茎がいくつもあったから、そうだと思う。
でも馬の糞や蹄鉄のあとは複数あったので、お馬さんが遠征にくるのだと思います。そのときは、犬は遠慮しないとね。お馬さんを驚かせてしまい、落馬でもされたら大変です。でもここはグーグルおよび私のリサーチによると、県有地のようです。私有地に勝手に入るのではなく、ちゃんと登山の看板のあるトレイルロードです。
今度、行こうよ〜〜〜すごくいいとこだよ〜〜〜。
だけど、もうきっと寒くなる。冬タイヤがないと凍結もしそう(雪原も行ってみたいけど)。また来春だね。例のビーちゃんと行ったキャンプ場の近くです!
  • ばど吉 
  • URL 
  • 2013年10月22日 20時11分 
  • [編集]
  • [返信]

 

追記。
ヨーロッパ大陸でブリードしているワイマとジャーポの差はね、外貌も性質も違うということがだんだんわかってきました。英語圏の犬(英米豪)と、コンチネンタルは、違うんだ! 犬に求めるものも違うし、商業主義っぷりも違う。日本は英語圏の犬が入りやすい。
興味はつきませぬ! 
そして私は、耳の長さ、マズルのがっちりさ、体格のよさ、落ち着いて淡々としているとこなどはコンチネンタル派が好き!ということがわかってきました。ただし、コンチネンタルタイプは、猟欲がより強いです(そりゃそーだ、そういう仕事をさせるために繁殖している血統だから)。だから家庭犬として飼育するのは困難。困った!(涙) 英語圏の犬は家庭犬として飼育しやすい面が多いです。サイズもフレンドリーさも猟欲軽減も。でもそのせいで分離不安や常同障害などが起きやすい面が起きていることもある。あと、遺伝性疾患の増加ね。人為的な犬種改良と遺伝子プールの乏しさが原因と想像します。
ボクサーはどうなんだろ。たぶんボクサーも、ほかの犬種も、おうおうにして同じ現象は起きています。いま犬種図鑑書いてて、そう感じます。
この手も話しもまたゆっくりしようね。
  • ばど吉 
  • URL 
  • 2013年10月22日 20時20分 
  • [編集]
  • [返信]

 

追記2.Cさま、Yさま。
いつもバドブログを読んでてくださり、ありがとうございます。
きっと今回は「トリカブトだなっしー!」と心配で、思わずコメントくださったのだと思います。感謝です。
これからもよろしくです。
Yさま。トイプーは見た目は愛らしいけど、アクティブな犬だから、しっかり走らせて、脳味噌も使わせてあげてくださいねー。小型犬オーナーさんもバドブログを読んでくださっていると思うと嬉しいです!
  • ばど吉 
  • URL 
  • 2013年10月22日 20時26分 
  • [編集]
  • [返信]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Yさま 

遠慮なさらず、オープンのコメントにしていただいていいのに(笑)。
(あ、昼休みだからまずいのかな!?)
トイプーはすごく可愛いけど、もとはスタンダード・プードルですし、スタンダード・プードル以上にある意味小回りが利くし、気丈(!)な面もあり、とても骨のある犬です。玄人が飼っても楽しい犬。裏を貸せば、意外と手強い。=素人には手に負えないこともあるアクティブさ、知能の高さのある犬です。ガンガン遊ばせてあげてください。そしたら満足してよく寝るし、イタズラや吠えなど減るし、なにしろ飼い主とよい絆が生まれます。電車でお出かけもできる(それは羨ましい)ので、ぜひ! でもその前にドッグランなので呼び戻しの練習はしっかりトレーニングしてからお出かけしてくださいね。迷子札もね!
  • ばど吉 
  • URL 
  • 2013年10月23日 18時22分 
  • [編集]
  • [返信]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Cさま 

これまたコメントありがとうございます。
ブリちゃんちだったんですね。
きっと私と同じく、野山の似合う犬がお好きな方なんですね!
トリカブト、了解です。私は野草やキノコはやっぱり素人は恐ろしくて手がだせません。
たしかにあの葉っぱ。天ぷらにしたら美味そうだもん(やばい、やばい)。
これからもどうぞよろしくお願いします。
私は、野山の花を見て、写真を撮るのが好きなわりに、詳しくないので、
これからもいろいろ教えてください!
  • ばど吉 
  • URL 
  • 2013年10月23日 21時34分 
  • [編集]
  • [返信]

 

ばど吉さま

お忙しいのにお返事ありがとうございます。
そうなのです、私たちはいつでも電車移動です(^^)
お近くなのでいつかお目にかかれるとうれしいです!
オープンで(^^)
  • YUMI 
  • URL 
  • 2013年10月24日 12時54分 
  • [編集]
  • [返信]

♪YUMIさま 

わぁ、やっとオープンに。ようこそいらっしゃいませ。笑。
近いのでお目にかかりたいのはやまやまですが、
クーパーがびびりん大騒ぎ野郎なので、いま都会で平常心の練習中です。トイプーさんに平常心でジェントルにお会いできる日が早く来るように、頑張ります。
  • ばど吉 
  • URL 
  • 2013年10月25日 17時24分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

白石バドバドかえ

Author:白石バドバドかえ
犬歴31年、猫歴29年(2017年元旦現在)の雑文家。犬2頭、猫1匹がごろごろ爆睡しているとなりで、日々、犬原稿を執筆中。
《(c)kae Shiraishi/当ブログの文章や画像の無断転載は禁止です》お問い合わせは下のメールフォームからご連絡ください。

2011独3点セット450

--------------------------

1号表紙

TERRA CANINA Magazine
(テラカニーナ編集室)
http://terracanina-magazine.net

--------------------------

fs3rhr.jpg

『うちの犬♥  あるいはあなたが犬との新生活で 幸せになるか不幸になるかが分かる本』
白石花絵著
(イーステージ出版発行)

--------------------------

表紙

『東京犬散歩ガイド 武蔵野編』
白石花絵著
(オーシャンライフ発行)

--------------------------

tokyo_inu.jpg

『東京犬散歩ガイド』
白石花絵著
(オーシャンライフ発行)

--------------------------

10004065_L.jpg

『最新犬種図鑑』 
監修:ジャパンケネルクラブ
構成・文:白石花絵
(インターズー発行)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

FC2カウンター

電力使用状況&電気予報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

右サイドメニュー