avatar image

今日を、今週末を、今月を、今年を全力で可愛がろう

昨日、メル親戚の訃報が届いた。
若い死。飼い主さんや、メル実家(ブリーディングした実家)の気持ちを思うと、身が切れるように辛い。
マチュも泣いていた。そのあと、メルをぎゅーーっと抱きしめてた。

犬って、いつ死んじゃうかわからない。
生き物だから、どんなに血統ラインを考え、計画繁殖していても、病気になるときはなる。リスクはゼロにはならない。
ましてやボクサー。ゴールデン、ラブ、プードル、ジャーマン・シェパード、ダックスなどと同じく「病気のデパート」と言われてしまう犬種。コンパニオンとして人気が高くなるにつれ、人為的な改良が多くなると、遺伝性疾患も先天性疾患も増える。人気犬種の宿命ともいえる。ま、世界で飼育頭数が多く、コンパニオンとして大事に可愛がられ、ちゃんと病院にも連れて行く飼い主が多いために、臨床件数が多く、データがたくさん蓄積されているから、病気件数が多い、とされている側面もあるとは思うけど……でもとにかくボクサーは病気が多い犬種なのは事実。
それをわかって、私とマチュはボクサーを選んだんだから、覚悟はしている。

だけど、辛いね。

だけど、だから、いまを、今日を、今週末を、全力で可愛がらないとね。
「いまは忙しい」って、遊んであげるのを後回しにしちゃいけない。
この可愛い命が、いつ急に終わってしまう日がくるかわかんないから。
当然のように思っている日常が、いつ一転するか、わからないから。

とくにボクサー心筋症は、ぽっくり死んじゃうそうな。昨日気になって調べてしまった。ガンも怖いが、ボクサー特有のこの心筋症もすごく怖い。なにしろ急死する。散歩中にぱったり倒れる、ふざけている最中にぱったり倒れて、息を引き取ってしまう病気。マチュとトールに、犬の心肺マッサージの方法を教えておかねば。

こんな風に私は昨日仕事が手につかないくらい、切ない気持ちになっていたのに、
ふと見ると、

スクリーンショット 2013-09-19 16.29.14

ぎゃっ! なんでサツマイモがリビングに転がっているの!??

と、思ったら、キッチンにはもうひとつのサツマイモのクダクダに食い散らされた残骸が。
クパは、私と同じ部屋にいたから、どう考えてもメルの仕業!
おまえはーーーー! やっぱり代々木産のイノシシか! 

人が感傷的になっているときに、おまえってヤツは。久しぶりだな、こういうイタズラは。
まぁ、油断してサツマイモをメルの目の高さに置きっぱなしにしてたのがいけないんだけどね。

そんで、その30分くらい後にふと見ると、

スクリーンショット 2013-09-19 16.29.28

あちゃーー、また夏ばっば(半目あけてうたた寝)になって、なおかつ、ヨダレ垂らして寝てるーーーーっ!

ああ、メルってば。ああ、犬ってば。
犬と暮らすって、笑→涙→笑→涙、の連続です。

スクリーンショット 2013-09-19 16.43.13
ぺろぺろ。クパは、かいがいしいオトコ(メルがクパを舐めることはない)

クーパー、メル。なるべく長生きしてね。
死ぬまで全力で可愛がってあげる。ハッピーな犬生にしてあげる。約束。

Comment

  • mari
  • URL
ボクサー心筋症

が死因だった…という話は何度か聞いたことがあります、直接知っている犬ではありませんが。あとは胃捻転も聞きましたが、やっぱり心臓系の突然死が多いのでしょうかね。きちんと計画されて交配されたとしても、意図しない結果があることもあるわけで…。ブリーディングって、いろいろな意味ですごいことなんだなと思います。

犬種に関わらず、そのコが今までどんなに元気に過ごしていたとしても、「病気にならない、事故に遭わない」ということではないわけで…寿命は神様のみ知ることですものね。

毎日を、大切に、自然体に犬と過ごせていければいきたいな〜と思います。

メルさん、我が家の犬たちも毎日ヨダレたらして過ごしています。焼き芋やチキンorビーフスープの時なんて、ヨダレ溜まりができます。粘度と量がすごいので、そのたびに掃除するのも面倒ですが…どんだけ食べたかったんだろうと思うと、拭きながら笑えてきます。こんな、どうしようもないことも飼い主の幸せかと。。。

クパメルも長生きしますように!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • ばど吉
  • URL
♪mari 様

お返事遅くなってごめんなさい。
ボクサー心筋症は、本当に突然死らしく、死後急いで献体にだして、心臓をとりだして調べないと、正式な診断名はでないようなので、通常は「心不全」の一言で終わってしまう可能性が高いです。「死」んだら、多かれ少なかれ、心停止はするので、みな心不全のような気もするんだけどね。原因をはっきりさせるのは、献体しないとわからないと思われるので、きっちりと日本で「うちの犬はボクサー心筋症だった」と断言できる飼い主や獣医師は少ないのかもしれないです。ボクサーの症例をよく見ている先生なら、「ああ、たぶんボクサー心筋症だろうな」と推察はできる気がしますが、でもボクサーって、ボクサー心筋症以外の心臓病もいっぱいなりやすいの。師匠のあんちょこによると(国際標準のなりやすい病気)、心臓病だけでボクサーは、ボクサー心筋症(先天性大動脈弁狭窄)、細菌性心内膜炎、心嚢疾患、心臓腫瘍、があるそうです。

でももちろん犬種に関係なく、病気にはなるし、事故の危険性もある。日頃の運動管理、栄養管理、ストレス軽減管理(心の健康の管理。笑)により、天命の長さは変わるという気がします。だから神様もびっくりするくらい(笑)、長生きさせてみたいよね。

ビーちゃんもボンちゃんもメルも、「ええーっ、ボクサーなのに、そんなに長生きしたの!?」って言われることを願って、日々全力で可愛がろうね! ヨダレの掃除もね!

  • ばど吉
  • URL
♪バスおかん様

ご連絡ありがとうございます。ご無沙汰しております。
どこに返信したらよいのかわからないので、ここで少しだけ。
バスちゃん、よく頑張ったね。ママの自慢だね。
バドたちがいるからね、どうかよろしくね。
最近の下界の新しいニュースをお空のみんなに教えてあげてね。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する