avatar image

陣馬形山キャンプ(2)

はい、続きです。

相模湖嵐山_1_24

クパは1時間くらい走り回ったあとかなー、ほどよく落ち着いたのか休憩してる。
テントを張ったから、今回は日帰りではなく長丁場ということを悟ったのか? メルはそんな計画性があるわけもなく、走り回っている。

相模湖嵐山_1_22

相模湖嵐山_1_25

明るいうちにごはん食べとこうね。おうちから持ってきた冷凍させてた肉お粥に、お湯と生肉をオン。

クパのお手々がお行儀悪いなぁ。でも可愛いから許す。
お外で食べるごはんは犬だってきっと美味しいでしょう。

そんで人間は、七厘で焼き肉をしました。横殴りの雨の中(笑)。メガネが雨粒だらけで、もうメガネもかけないでいいや!状態。でも楽しい、美味しい。

あ、雨がやんで雲の切れ間から下界が見えてきた!

相模湖嵐山_1_26
下の段に見えるのが女子キャンパーのテントです。霧がかかるとまったく見えなくなるけど、霧がはれると見える

一瞬、海とか湖かと思っちゃった。瀬戸内海に浮かぶ小島のよう。いやいや、ここは南アルプスと中央アルプスに挟まれた天竜川の流れる伊那谷(伊那盆地)が一望できるはずなのです。うえーーーーん、この展望をすごく楽しみにきたのに、頼む、霧よ、はれてくれ!

相模湖嵐山_1_27
犬には眺望は関係なし

相模湖嵐山_1_29

雲が、竜の子太郎のお母さん龍みたいだよ。

相模湖嵐山_1_31

相模湖嵐山_1_33

暗くなってきて、夜景になってきたよーーー。きれい、きれい。
日本アルプスの山々が見えないのは残念だけど−、でも雲もきれい。海みたい。

相模湖嵐山_1_34

頂上には電波塔があります。地デジの基地局かな。それだけ標高が高くて、周囲を一望できるってことだね。
それに避雷針もある。雷さんが落ちるなら電波塔に落ちるさ。

寝る準備や食器の後片付けをしているトールをおいて、夜8時くらいにもう一度私はクパと山頂に行ってみた。もしかしたらさっきより雲が晴れて夜景が見えてないかな〜と思って。でもそんなに大差なし。残念。でも、ま、いいか、次回にもう一度来る理由ができたぞ(ポジティブ)。

そしてやることないし、雨もまた強くなってきたから8時半くらいにテントに入る。(私にしてはなんて早寝なんでしょう! だからキャンプっていいのよね、人間らしい体内時計が蘇るから)

相模湖嵐山_1_35

メル、テントに入るなり、倒れるように爆睡。
あなたが枕にしている毛布、人間が使いたいんですけど〜。

相模湖嵐山_1_36

クパも眠そう。くたびれたかい?

相模湖嵐山_1_37

メルはもうまったく目を明けない。

相模湖嵐山_1_38

クパも、お地蔵さんのような顔になってる。

あれ? むむむ!!???!
クパの片方のマズル、腫れてない!??

え! あ? なに!??

相模湖嵐山_1_39

ヘビだ! ヘビに咬まれた! 牙の血の穴が2つ開いてるっ! 
牙の間隔は25〜30ミリ程度。ずいぶんでかいヘビだ!

相模湖嵐山_1_40

血の穴からツーツーと血がしたたり落ちる。
血を凝固させない毒って、読んだことがある。ああ、ヤマカガシか、マムシか!? なんでなんで!? こんな1445mもの標高の高い、夏でも寒いくらいに涼しい(フリースとゴアテックスのジャンパーよ)山の頂上に、ヘビなんかいるのか!? この牙の間隔の大きさはヤマカガシ? マムシにしてはでかすぎないか? でも水辺はないのに! なんでーーーーっ!!?

いつ咬まれた? ああ、さっき、8時過ぎに最後にもう一度頂上に行ったときの藪こぎのときかな。だってそれまでは顔、腫れてないもん。人間がごはん食べている頃は、犬も藪には入らず、そばにいたもん。ああ、もう、犬って、キャンともスンとも鳴かないもんだよね。いったいいつやられたんだろう。私が最後にもう一度夜景を見に行ったりしたせいだ。ごめん、クパ!

どうする!? 山を下りるか? 幸い、今日は珍しく私は飲んでないから運転はできる。
でもいま夜8時半。村に救急の動物病院があるとは思えない。
じゃ、東京に戻るか? 今からこの暗い大雨の中、テントをたたんで? 

クパのマズルがみるみるふくらんでくる。
毒ヘビに咬まれたときの応急処置ってなんだ!?
とっさに私は、自分の口を牙の血の穴に押しつけ、毒を吸い出そうかと思った。なんかでそんなことを読んだような。
いや、待て、その毒が私の体内に入ったら、どうする。少しは飲んじゃったり、歯茎の傷とかから入るかもしれない。私が倒れたら、誰が運転して山を下りるんだ。クパと私の両方が倒れた方がまずいんではないか。

いろんなことが頭をぐるぐるする。

幸い、クパの呼吸速拍はない。脈も大丈夫。不整脈があるかどうかは、私にはいまいちよくわかんないけど、脈が速すぎることはない。爆睡しているメルとも比較してみた。寝ているメルの方が心臓ばくばくしてる(なぜー?)。(でもあとで調べたところ、もしかしたらあのとき、クパの血圧が急降下していた可能性はある)

とにかく、クパ、安静に。寝なさい。
私はクパの心臓の上に手を置き、クパの顔のそばに自分の顔を近づけ、呼吸音と心拍をチェックする体勢にした。でもクパは、お顔が痛くて、毛布に顔をつけて眠ることはできないらしい。うとうとしながら顔がマットに近づき、一瞬でもマズルが床をかすめると、サッと顔を持ち上げる。舟をこいで寝ている様があんまりに不憫で不憫で。クパを腕枕で寝かせてみたら少し寝たけど、今度は寝返りが打ちたくなったらしい。反対向きになると、顔がマットについてしまう。そこからクパはしばらくオスワリしたまま、舟をこいでうとうとしていた。可哀想に。

私が子供の頃、私の犬(20kgある大型のビーグル)は、マムシに咬まれて顔が腫れたことがある。すぐ病院には行ったけど、意外と犬はヘビ毒には強い記憶がある。きっと大丈夫なはずだ、大丈夫に決まってる。だけど、クパの顔の腫れは、顎の下、首の下、胸の方までどんどん広がっていく。口角付近はミカンほど丸く腫れ、顎の下にぐにゅぐにゅリンゴサイズの浮腫。マムシよりヤマカガシの方が毒性は強い。まさか。まさかクパ、死ぬってことないよね?!

長い夜が始まった。
クパ、死ぬな。絶対に死ぬなよ。
クーパー、いい子だね、とにかく寝なさい。体力がないと免疫も下がるから。いい子、いい子、大丈夫、私がついてるから、と呪文のようにつぶやきながら頭を撫でるしかできない。何が大丈夫だ、私がついていても助かるかわからないのに根拠のないセリフ言うな。と自分に言い返したくなる。でもなにもしてあげられない私。
クパ、絶対に死ぬな。

早く朝になれ。

つづく。

Comment

  • マツタケ母
  • URL
NoTitle

クパ生きてるって知ってるけど、もう生きた心地がしない・・・・読むのが苦しかったよ~~~!!!!

最初の方の写真は、クパの手、可愛い~~!とか、メルちゃん、寝顔可愛い~~って見てたのに・・・・

まったくもって、他人事でなく、我が家も、いつ起こっても不思議ではない。

冷静に対処出来る様に、知識はしっかり持っておかなくてはいけないと痛感します!

  • mari
  • URL
クパ、どうですか?

良くなっていますか?
びっくり! そんな場所にもいるんですね。カイパパさんから教えていただいて、心配だったんですよ。。。大変な時にメールしたら悪いし…と思っておりました。 病院にも行けないなんて!もうそれはそれは不安だったでしょう。想像するだけでもドキドキします。メル(テント内の寝顔かわゆい♡)のほうが危険そうだと思いましたが、クパ、今度ニョロニョロ系の気配がしたら逃げるのよ!シーザーミランの番組で、毒蛇に近づかないように犬に教えていましたっけ。。。軽井沢でもヤマカガシ、いましたよ。Y公園でも蛇見ますし(多分アオダイショウ。)自然の中だからこその危険もあるのですね。我が家はそれほどワイルドな場所には行きませんが、気をつけようと思います。 クパ、早く良くなるといいです。

  • URL
ご心配おかけしております

♪マツママへ
私も、今度の週末、例の高尾近くのお山に行きたいなと思っても、またヘビに会ったらどうしようっ、ってどーもびびっているみたいです。この私ですら。汗。

今度もっと詳しい獣医さんなどのお話しを聞きたいと思ってます。それをまた記事にしたい。


♪ mariさんへ
カイパパから聞いてた? カイパパはいつも親身に心配してくれるからね〜。

シーザーミラン、どうやって毒ヘビに近づかない練習をさせるんだろう! 私もちょっと興味ある。また咬まれるリスクを減らしたい。
あ!シーザーミラン、返さねばと思いつつ! ごめん! 今度いつ会えるかな〜〜。
Y公園、アオダイショウ? アオダイショウなら全然平気。あの明治神宮との境の水のあるとこにはけっこういそうね。
三浦半島ネバダ原っぱは、マムシとダニ天国なので春すぎから自粛していましたが、まさか高地で咬まれるとは!

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する