クパ家庭教師のお勉強スタート&山&メル負傷

7月だーーー!

修羅場の6月月末を乗り越えて、やってきました7月1日。そんで2日も3日もバタバタとドイツの友人来訪でお出かけしておりました。

7月1日は、忙しかったぜ。月末が終わると、やり残したお仕事と、「月末までは忙しいから、(延ばせることや仕事以外は)月初に!」が合い言葉のわたくし、クパちゃんのお勉強は7月1日に!と約束していたのでした。

クパ、N 先生と初散歩。今日はカウンセリング。
私は、遠くから「家政婦はみた」のように遠くからクパを観察。意外と、ママ以外でも平気なやつ。そういうとこがバドと違うなぁ。

DSC_1124.jpg
見えるでしょうか? 自転車よりも前に、先生と四つ足が歩いている後ろ姿が

うん、クパ、いい子にちゃんと横について歩いてる。よしよし。そんなに悪い子じゃないんだよね。
そんでやはりクパがほかの犬にすれ違い興奮するのは、攻撃心ではなくて、感受性の強い、ちょっとしたパニックとのこと。私の読みは間違っていなかった。年々よくはなっているけどね、モチベーションの上げ方、自信の付け方は、素人にはよくわからないので、プロの人のご意見を聞いて実践していこう。

DSC_1129.jpg
先生、心のもろい茶マスクをどうぞよろしくお願いします

あら、クパったらもうこんなになついちゃって。
こういうとこはバドと違い、クパはおおらか、フレンドリーで、対人的には適応能力があるんだよね。それはクパのいいところ。人に攻撃心がないってのは、家庭犬の場合いちばん大事な宝ですよ。

繊細なクパが、もっと自信をもって人生を歩んでいけるように、頑張りたいと思います。


そんでそのあと夕方の4時50分くらいから、またもや高尾方面のお山にダッシュでお出かけ!(←我ながらど根性!)
週末にたっぷり遊んであげられなかったからね。今日は私ひとりでお山に行ってやるぜ!
ちょっと心細いけど(しかも携帯は圏外エリア。また転んで骨折したら誰も助けてくれない)、でも犬のためなら頑張れる!

DSC_1133.jpg

やっぱお山はサイコーに嬉しそう!

DSC_1134.jpg

可愛いなーもう。呼ばれたら飛んで帰ってくる。

DSC_1135.jpg

素晴らしい躍動感。やっぱり自由運動は最高だ!

DSC_1131.jpg

楽しかった? 満足した? 7時過ぎたら暗くなってきたよ。危ないから帰ろーね。

ひとり(と2頭の)山歩き、無事完了しました。

さて私は無事でしたが、メルが右前肢をパックリとケガしました。右後肢も同じ位置を少し切ってる。こんな高い位置をどうやって切ったんだろ? まあ、岩場とか水の中とかぴょんぴょん跳ねてましたからね。とくに今日は、メルはクパ家庭教師中は留守番だったから、うっぷんが溜まっていたみたいなのよ。いつも以上に炸裂してたので跳ねすぎたみたい。

帰宅後、メルの主たる飼い主に報告。
そしてマチュ、ちっちゃい獣医さんになる(笑)。

DSC_1139.jpg
「よしよし、痛かったね」

メルは山では少しびっこをひいてたけど、わりかし普通だったのに、家に帰るなり重傷患者のそぶり。大げさ子ちゃんなのである。

まずはしっかり消毒しましょう。

DSC_1144.jpg
パックリ

幅約17ミリ、深さ約4ミリ程度。けっこう深い。血がドードー。

マチュ、ひるまず、頑張って処置。
いいね、これだけ冷静に丁寧にできる子供、なかなかいないかもよ(笑)。

DSC_1145.jpg
たっぷりめに抗生物質の軟膏を塗って。メルが動いたら足で保定(笑)

このあと湿潤療法用のシートで覆って、粘着包帯でとめた。
それと抗生物質の内服薬を念のため飲ませておいた。

DSC_1149.jpg

クパちゃんは目の縁に中くらいのダニがついてた。ママがプチッとダニを捕獲(子供の頃からこれは得意。ダニの歯も残しません)。にっくきダニは、お香で火あぶりの刑に処す。

メルはケガから2日目。もうほとんどびっこなし。
ただまだ痛いのか、それか自分だけ依怙贔屓されて天狗になっているのか、今朝、クパとごはん前にちょっと体が触れたくらいで久しぶりにヤクザみたいにケンカを少ししてました。
甘やかすとすぐ頭にのるんだからぁ。もうっ。

ケガしたり、ダニがついたりするけれど、でもこれからもお山遊びはもちろん行きます。
ケガやダニが怖くて、猟犬がやってられるか(笑)。その程度の理由で幽閉するわけにはいきません。
運動不足、ストレス発散不足は、ケガやダニよりタチが悪いですもん(笑!)。

コメント

クパー、先生とちゃんと歩いてる~~~~!!!偉い!!!
フレンドリーな所、羨ましいぞ!!!!
優しそうな先生だね♪クパ~~~頑張れ!!

お山の写真は最高だ~~!!!後ろ脚カッケー!!
満足しきったクパのお目目さ、たまらん可愛い~~~~~~~!!!!
ああ~!全部生で見たいよ♪

まちゅりちゃんのちっちゃい獣医さん姿と横たわるメルちゃんがすっごくいい!
さすが、ばど吉さんの娘さんだ!キャーキャー言わずに、冷静だ(拍手です)
でも、痛みなんて感じない位楽しかったもんね!
マツもお山も海も、自然界で遊んだら必ずどこか怪我をするけど、やめられない。
そうそう、同じく、帰って来てからとか翌日あたり、痛そうでおとなしくしてる。
メルちゃんは大げさ犬か~(笑)うちはマツよりタケ大げさ。
早く治るといいね。

怪我すると、ちやほやされるからね。ウメは仮病を使ったよ。
メルちゃんは、やくざになるのか~~(笑)!!

  • 2013/07/03 (Wed) 22:48
  • マツタケ母 #-
  • URL

teacher、と聞いて、勝手におっさんだと思ってた私。細身の若者男子だったーー!!(笑)
先生にすっかり身を委ね、クーパーの優しくて穏やかな表情!!初日から先生のことを大好きになって、これなら訓練も訓練と思わず楽しい遊びとしてやっていけるわーー!!
バド吉さんの子育て、素晴らしすぎて見習うことがたくさんで、いつも犬の気持ちや行動を読みとっててすごいな~と思ってたから、なぜ先生にお願いするのかわからなかったけど、繊細なクーパーならではの自信つけのため、故、あえてだったのね。そして他人に。

これね、家の人間男子の話しだけど、えーっらそうなこと口ではいうくせに繊細で硝子細工みたいな心なの。よくいえば素直、人を疑わない。
だけどね、幼稚園、小学校、中学校…と進むにつれ、ややこしくなってね、まっ思春期ってのもプラスされてね、なんせ小心者だから本人がめちゃめちゃ苦労したのよ。そんな中、親では対処しきれないものもあって、他人様の温かい力に母はどんなに助けられたか!!
今、本人もようやくわかったようです。(17才。 苦笑っ!!)
例えが違うかもしれないけど、〝オトコにする!!〟 〝心豊かに日々を送る〟面では人間も犬も似てるかな。
その愚息の多感で不安定な小6の時に来たニーナ、室内犬であるがゆえ、家族内の一部始終をみてきてるのよね。だからね、私をいつも見てて離れないニーナがあるの。守らなきゃ!!ってね!!
で、どんなにteacherにニーナも私も支えられたか!!
クーパーの家庭教師案、私なりに解釈しております。
『家政婦はみたさん!!』私もやったーーー!!(笑)

ーーーっと、
その日の夕方、暴走!!ですかーー!!(爆!!)
携帯も圏外の中、ひとりで!!
まっ事後報告ですね(笑)

で、メルちゃん大丈夫ー!?
マチュちゃんぷち獣医さんどころか、すごいよ!!あのね、少林寺拳法の寝技で相手への防御のために足で保定(足で顔を固定する)するのよー!!(笑)
マチュちゃん素晴らしいすぎる~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!

暴走3枚目の2頭シュー!!、4枚目のクーパーべろん&メルちゃんはぁはぁ…お写真うけた(笑)(笑)(笑)

  • 2013/07/04 (Thu) 01:09
  • NINA #-
  • URL
クパは名古屋の大学卒のマツタケニーナに追いつけるのか!?

♪マツんち
クパ、やっぱ、ちゃんといい子にやってたよ。
まぁ、ほかの犬と通り過ぎるときはやっぱダメで、先生も肩を痛めてなければよいが。あ、若いから大丈夫か。私と違い。てへへ。
だけど、外ではいっぱいいっぱいで、アイコンタクトができない。というご指摘も「鋭い」と思いました。そうなの、反抗心とかではなく「いっぱい、いっぱい」。情けなか〜。
ま、ものすごい問題行動で困って扱えないレベルではない(私にとっては)ので、ゆる〜く、やっていこうと思います。パニックを直してあげられたら、クパの心が軽くなり、もっと人生が楽になると思うんだ。

クパメルの後ろ足、かっけー!でしょ! 私もこの写真、お気に入りよ!

え、タケもゲサ男(げさお)!? (メルはゲサ子と呼ばれている) あんなに天真爛漫なのに!? 意外!
でもタケとメルは、犬種も容姿も正反対だけど、性質は共通点が多いからね。ゲサオとゲサ子なのも共通点なのかもしれぬ。
あれ、ほんとはたいして痛くないのかもよ。ぷぷ。
むしろマツやクパがじっと耐えているときのは、きっともっと深刻な事態で、すぐ病院に行った方がいいパターンだと思う。おもしろいね〜。
ウメは仮病か。頭いい証拠なんだよね。トイプーは仮病をつかったり、足をケンケンする子もいるよ。賢い。こずるい(笑)。でも足ケンケンはレッグペルテスのことも多いから、仮病扱いしないでとりあえず病院に診せてほしいけどね。

メルは、チョーヤクザだよ。マツパパのいう「チンピラ」ね。爆。

ああ、生でお見せする日がすんごく楽しみよ!!!


♪ニーナんち
>>teacher、と聞いて、勝手におっさんだと思ってた私。細身の若者男子だったーー!!(笑)

ここ、いきなり爆笑。
あらー、都会は若いおにいさんやおねえさん、多いよ。矯正訓練やっている「ザ・訓練士」はおじさまが多いかもしれないけど、家庭犬は若い人、多いね。でもその中から私の情報網と、私の価値観に合致した方を選びましたわ。せっかくお金を払う以上、私も学ばせてくれるレベルの人がいいもん(笑)。半分、私の勉強と取材!

>>なぜ先生にお願いするのかわからなかったけど、繊細なクーパーならではの自信つけのため、故、あえてだったのね。そして他人に。

だめなことをさせないように教えるのは今までの取材経験等でまぁまぁできる自信はあるんだけど、クパみたいな特殊なケースは私もよくわかんなくて。というか、まぁわかるような気もするけど、もし間違っていたら、取り返しつかなくなったらやばいので、我流は中断して、ほかの人の意見も聞いてみたくなったのです。そう、そして「あえて他人」というのも大事なポイントです。ご名答。

うちでは「今日は、クパは塾だから。今日から家庭教師の先生が来るんだ」と言ってます。ま、マチュの塾と同じだよね。違う人とかかわることにより、また犬(やマチュ)も新しい価値観ややる気が生まれたりすると思うの。これも社会化のひとつだとも思うのです。

なんか息子さんの例も、なんとなくわかった。最初は、犬と人を一緒にして擬人化してはいけないかもと思ったけど、なんとなく似てる。「ガラス細工」「素直で人を疑わない(それがよけいに自分を苦しめる)」「基本小心者が、成長過程のときにややこしくなり、本人も自分でどうしたらよいかわからなくなる」……うーーーん、意外と似てるぞ。

きっとクパも犬年齢の17歳の頃(っていつだ? いまでしょ!!)までにわかるようになるだろう!

そんでニーナもいろいろご苦労があったようですね。でもきっとニーナの存在は、息子さんにもいい影響があったに違いありません。この話しでまた飲めるね(笑)。

少林寺の寝技で保定があるのか! ひゃーー! まんざら間違いではないのね。笑。

  • 2013/07/04 (Thu) 15:00
  • ばど吉 #-
  • URL
クパ???…小さっ!

ゴッドマザーが「家政婦は〜」状態になっているのですね〜。お花見の時とか、年々落ち着いてきてますよね♪対人に問題ないのだからいいじゃないですか〜。それじゃダメですかね?でも、図体に似合わず(失礼)かなり繊細なんですね。メルの図太さをわけてあげたいですね。

チンピラメルちゃんですか…そうですか〜?いい子だと思いますけど。任侠映画で、親分の制止をきかず威勢良く敵陣に飛び出していって、撃たれて早々に画面から消える下っ端タイプ…ビーがコレでしたが、メルも一緒ですかね? 5〜6才になればかなり落ち着いてしまい元ヤン状態になります。これを「ピーク」というのかもしれませんけど。やりやすい反面、ある意味、つまんない。人間と比べて、あっという間に成長して、落ち着いて、老いてしまう…だから、「今」を大事にしなきゃならないのですね。

いきなり猛暑、犬も人間も体調壊しませんように!

  • 2013/07/07 (Sun) 12:58
  • mari #-
  • URL
♪mariさん

クパ、小さすぎでしょ(笑)。
家政婦は近くには行けないのです。クパが気がつくと、先生のカウンセリングに支障がでるといかんので。
うん、対人は問題ないし、別に対犬は近寄らせなければいいんだけど(散歩時間をずらすとかね)、とにかく「いっぱいいっぱいになりすぎる」という過敏性を直してあげたいなと。過敏だといつもハアハアしちゃう。将来的に心臓の負担を強めてもいけないし。いまも、熱中症になりやすいんじゃないかと心配になる。緊張でハアハア→パンティングのしすぎで脱水になりやすい→脱水症状→熱中症になりやすい。からね。

クパがもっと「人生気楽に行こう!」になってもらうためのトレーニングです。

ほんとよ、メルの図太さを足して割ってほしい。
メルは人生気楽にいきすぎてて、すぐに冷房がガンガンのコンビニとかに入ろうとして困る。

メルはチンピラよぉ。しかも、これが「ファイッ!」と戦闘状態になると、引かないね。血の気が多すぎ。誰かにこてんぱんに一度やられた方がいいくらい。引かない。あの気の強さは、お母さん似なんだろうか。ショーでものすごいテンションを保つことのできる犬はそういう点は面倒ね。

ああ、でも…ビーちゃん元ヤンになってきた? それ、寂しいよね。扱いやすくなるけどね。けっこう私たち、面倒な犬が好きよね(笑)。

そうだから「今」を大事にしてあげたいよね!!
落ち着いたシニア時代もまた楽しいけどね。トールはよく「晩年のバドがすごく可愛かった。昔の悪いバドのことを思い出せない」と言います。たぶんクパに負けないくらい力が強かったし、いろいろ苦労したような気がするんだけど(苦笑)。

まりさんにDVD返さなくちゃ!!! いつ持っていこう!?
あ、今度、勇気をもって、高尾のお山散歩、行かない?
あそこなら喧嘩しても誰にも迷惑かけないし、私たちがさっさと放置して山に歩き出したら、喧嘩してる場合じゃなくなって、ついてくると思うよ。そして群れの一体感ができてくると思う。
いこーよ! 木陰だし、水も冷たいから、夏場の散歩に最適だし。

  • 2013/07/09 (Tue) 15:22
  • ばど吉 #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する