avatar image

いい犬を後世に伝えていくということは

今日のニュース。びっくりした。こんなのは前代未聞。
---------------------

<犬の血統証明>人気テリア233匹取り消し 虚偽発覚で
毎日新聞 5月19日(日)2時33分配信

ノーリッチ・テリアとしての血統登録が取り消された犬=熊本市西区で、松田栄二郎撮影

 米国から日本に「ノーリッチ・テリア」として輸入された犬3匹の血統登録手続きに問題があったとして、日本で血統証明書を発行する社団法人「ジャパンケネルクラブ」(JKC、東京都)が4月、子孫犬を含む合計233匹の血統登録を取り消したことが分かった。JKCによると、これほど大量に登録抹消され、犬種不明となるのは異例。過去のドッグショー(品評会)の成績も無効になるといい、購入者はショックを受けている。

 JKCによると、ノーリッチ・テリアはイギリス原産の小型犬。足が短く、頑丈な体格が特徴。業界関係者によると、15万~20万円前後で取引され、優秀な血統の犬は30万円を超すという。

 JKCによると、3匹は雄1匹と雌2匹で、米国の愛犬家団体「アメリカンケネルクラブ」(AKC)が血統登録したが、元々はハンガリーから米国に輸入されており、その際の血統証明書が虚偽だったという。

 日本には2006年に輸入され、AKC発行の証明書に基づき10年4月~11年5月、JKCが血統登録をした。

 JKCは「証明書は本来、交配の基礎資料になるもので犬の評価を表すものではない」と理解を求めている。【松田栄二郎】
-----------------------

だけど、これも氷山の一角かもしれない。
そもそもJKCの公式サイトの「最新情報」でも、ノーリッチ・テリアのこの問題について現時点(5月20日13:05段階)触れていない。ちょっと調べてみたけど、どうやら今年の2月くらいからいろいろ問題が発覚し、調査していたみたいなのに。そして4月には抹消登録しているのに。なぜ公になってない? 「ばれなきゃいいんだ」という体質になってしまうのかもしれないのに。社会的制裁を加える必要もあるのでは。

この虚偽の工作にかかわった、繁殖業者、輸入・仲介者、233頭も繁殖して販売した業者(オス1頭、メス2頭のたった3頭から、この2年かそこらで233頭も生ませたということも驚く。万が一遺伝性の病気などがあれば、一気に日本でその子孫が増えてしまう心配がある)などは、その後、どういう処分を受けたのか。JKC的な処分はあったのか、社会的な(刑法的な)処分があったのか(だって純血種だと思って高いお金を対価に支払っている人たちが大勢いるわけで。詐欺じゃん。また私文書偽造とかに問われないのかな)、など、もう少し詳細を知りたいものだ。

どうやら、ノーリッチ・テリアとケアーン・テリアのミックスだったらしい、のだけど、公の正式な発表がないので、よくわからない。JKC広報誌には事件の詳細や処分などについて掲載されているのだろうか。

やっぱり消費者側(犬を手に入れるために対価を支払う人。つまり飼い主さん)が、いろいろよく勉強して、予習して、犬をどこから手に入れるのか熟考して、本当の意味で、犬種の発展につながるように頑張る必要があると思う。みんながそうなれば、いいかげんな繁殖や、血統書の改ざんが許されない世の中になっていくと思う。犬を見る目が上がり、かつ、犬の幸せ(動物福祉を含む)を考える人が増えていけば、パピーミルのような業者は淘汰されていくはずだ。そうあって欲しい。

それではせっかくだから繁殖関係に関する記事を紹介。

ひとつめ。ドイツの友人の記事 ↓ ごもっとも!!
「繁殖という概念」

ふたつめ。これは日本にいる友人の記事 ↓ 科学的にだんだん立証されてきましたね。
「ペットショップ出身の犬に見られる行動特性」

みっつめ。これは私が書いた記事 ↓ いいブリーダーさんを探すってのがこれまた日本では大変なんですが、すべての犬種で、こうなっていくといいなぁと心から思います。
「本物のブリーダーとは」

4パリメル
メル(左)とメルのおかあちゃんのパリス(右)
お母さん犬やきょうだい犬や親戚犬たちと会えるって、飼い主側としてすごくハッピーで有意義なことだし、子犬は複数の犬たちと赤ちゃん社会化期を過ごして心を発達させることが、ものすごく重要。一生を左右するような大事な時期なんだもんね


Comment

  • こぼ
  • URL

あらら。
ここの犬舎から購入した方が一番の被害者ですね。
ケアンも、ノーリッチも顔が似てますから、よく知らなかったらわからないですよね、
しかし、たった3匹から233匹・・。
私も、こっちのほうが恐ろしい((((;゚Д゚))))。

  • ばど吉
  • URL
♪こぼずはうす様

複数の犬種出身みたいです。オスは種オスとしてもレンタル(むー)しまくっていたのではないでしょうか。すごいよね、3頭から233頭……。遺伝子プール、脆弱すぎ……。
日本の繁殖管理の無法地帯な実態が露呈した事件だと思います。
だけどミックスでも、ショーにだすわけでないなら、家庭犬としては問題なし。健康に幸せになってほしいなと思います。

  • ばど吉
  • URL

でも繁殖にたずさわる者なら、自分の好きな犬種の姿を、純血種かミックスかわかんないようじゃー、マズすぎる。素人すぎる。いくらケアンとノーリッチが似ている感じのテリア同士でも。一般人じゃないんだから、ブリーダーたる者、本来はその犬種のプロなんだからーーー。犬種スタンダード、読んだことなかったりして。それもコワイ。

  • あんじんママ@シオンママ
  • URL

3匹って言っても雌は2匹、そして233匹、、、、、

こういう記事ってもっと大きく取り上げるべきだと思う!

でも犬には罪はない
みんな幸せになりますように。。。。

  • ばど吉
  • URL
♪あんじんママ様

通常、日本の血統書がでてから繁殖に使うと思ったけど、ほんとうにそうだとしたら、どうやって、10年4月~11年5月に登録したばかりの3頭が233頭も親になれるんだ??
もっと邪推するとですね、違う親の子で改ざんする例も実際に聞いたことあるけど……なんだかいろいろと問題が見え隠れするよね。
母体も心配だし、遺伝性疾患も心配。

血統管理・繁殖管理に厳しいスウェーデンとかドイツ並みに、日本がたどり着けるのはいつの日かしら。遠い目。それにしてもハンガリーもどうなのよ……。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する