avatar image

セントジョーンズワートのミラクル

チビのときから、くだらないことでオシッコジャー太郎になるクパっち。
たとえば

*興奮しすぎたとき
 (散歩前。リードをつないだ玄関で)
 (トライプなど強烈にいいニオイの夕食が待ちきれなくなったとき)
*オロオロして思考をこれ以上できなくなったとき
 (誉められたのに、なぜそんなに誉められたかよくわからないとき)
 (怒られてもないのに、目をみつめられてびびったとき)
 (どうしたらいいか困ったとき)など
*悦びと不安が入り交じった気持ちをどう表現したらいいかわからなくなって焦ったとき
 (お客様が来たとき。嬉しさ半分、怖さ半分)
 (新しいお洋服を着せようとしたとき。かまってもらえるのは嬉しいが、洋服に警戒)
*精神が不安定なとき
 (私が入院中やバドが死ぬ前後)
 (オシッコするとパパが不機嫌オーラをだすかなと想像し萎縮したとき。パパには怒らないよう指導済みだけど)

などに、オシッコちびりになっておったわけですが、

先月、友達のドイツの獣医師の K子さんが来日の際、「そんなクパにはセントジョーンズワート」と、お土産を持ってきてくれました。サプリなのかな? ドイツでは医薬品なのかな?

写真_01

ドイツではセントジョーンズワートの研究が盛んなようで、人間の鬱病患者にポピュラーに処方されるらしい。
「毎日1錠、決まった時間に3週間まず飲ませてみて」とのこと。

半信半疑で、言われたとおりに実行してみました。今日で14日目。
ま、ときどき夜ごはんのときにあげ忘れて、翌朝になった日もあるが(大雑把)。

そしたら、なんとミラクル!

K子さん、この2週間、一度も粗相してないよ!!!
ウソかマコトか、ほんとに効いてるみたいっ!!!

まぁ、今までも毎日オシッコをちびっていたわけではないのですが、
でも、こないだローハイドガムをあげたときのオロオロ顔とか、夜散歩がだいぶ遅くなってしまって、いつもだったら膀胱満タンなタイミングでお散歩興奮が重なったら、絶対ちびるなってときにも失敗なし。

これは効いているとしか思えない。

まー、個体差があるので、どの犬でも効くかどうかはわからないし、
ドイツ処方と日本で販売されているサプリメントでは原材料とか成分が異なるかもしれないから、みんなに効くかどうかはわからないけど。

挙動不審で心が弱い犬、繊細すぎて神経質なチキンな犬、先住犬に先立たれて心が折れている犬、引っ越しや人間赤ちゃんの出産などで環境変化があった犬……などが引き起こす、いわゆる飼い主にとって不都合な行動(オシッコちびりとか、分離不安とか、舐め壊しとかかな)を起こしているケースでは、ダメもとでいいから試してみる価値はあるかなと思います。

写真クパ_01

なんと、さっき、カメラを向けても逃げないで、撮らせてくれました♪
いつもなら、速効目を背けるし、ケージに逃げるし、これだけでデリケートな日はちびることもあったのに、今夜はちゃんとカメラを直視できたよ。(←こんな初歩的なことすらできない、ややこしいヤツでお恥ずかしいが)

セントジョーンズワート、すごいわ。クパには効いた。
オシッコ床掃除や絨毯洗濯が減ったのは嬉しいし、それにクパがおかげでびびる回数も減った(粗相をしても私は怒らないけど、やっぱりクパは自分の中で「しまった! でもボクどうしていいのかわからないの!」って顔をするからね)のもよけいにクパの精神安定に役立つだろうし、

それにいちばんは、粗相をしない習慣がついて、だんだんクパが自分に自信を持ってくれたらすごく嬉しい。

K子さん、ありがとねーーーーーー! 


*****************************
(3月5日 19:16追記)
知り合いの日本の獣医の先生よりアドバイスをいただきました!
「セントジョーンズワートはセロトニンを動かしますので、同じようなお薬とは併用しないようにだけしてください」とのことです。
愛犬に試すときは、じゅうぶん気をつけてくださいね。
できれば、行動療法に詳しい獣医師に相談するのがベストだと思います!

Comment

  • たれ耳隊
  • URL

効果ありのようですね。9歳になる小春が、前の家の人が邪魔な車を除けさすのに、クラクションをず〜っと鳴らしてから、遠くで聞こえるクラクションもダメになって、学校から聞こえるホイッスルもダメになって、近所のアパート工事の機械の音もダメになって…。体が分解する?と思えるほど震えて、ハッハッと荒い息を、しばらく続けるようになりました。モニターで監視したり、小春だけクレートに入れて、私の側に居させたりしてます。こんな症状にも効いてくれないかな〜。調べてみます。

  • マツタケ母
  • URL

すっごいね~~~!オトギリソウなんだ~~~!
マツもあのビビり警戒心の強いのがおさまるかな~~?
心弱いのは、誰に似たのかな~~(笑)
ミントちゃんやザイオンちゃんは、心は安定してるの?

  • ばど吉
  • URL
♪たれ耳隊さま

あああああー、小春ちゃん、可哀想に(涙)。
きょうだい犬じゃないけど、なんか想像つく。クパの踏切の場所での症状に似てる。脱かんさ方式でちょっとずつ練習しているけど、踏切渡り中にまたカンカンと鳴りだしたときには、もーう大変!(うちの近所は、鈍行・急行・ロマンスカーまで通るから、すぐカンカン鳴るのよ)

セントジョーンズワート飲んでも、まだ踏切嫌いはそのままですが、でも、やっといっぱしにマーキングができるようになりつつある。タマ付きなのに、クパってメスみたいに、決まったとこ1か所ですましたがるタイプなの。たぶん自信がないんだと思う。でもセントジョーンズワートで、ちょっぴり自信がでてきたのかも。それが嬉しい。だからいつか踏切も克服できるかも。自信がでると、ちょっと私に要求や甘えん坊にもなってきて、うざったくもなったけど、本人が楽なのがいちばん! それにけっこう可愛いし(親バカ)。
のんびり、犬に負担が少ない程度に、練習していこうね。
ほかの薬と併用はしないでね。

  • ばど吉
  • URL
♪マツタケ母さま

マツも、びびり警戒心?
ああ、やっぱし、きょうだいだねぇ(笑)。
でもマツやサスケの方が、クパより安定している気がするなぁ。
ミントちゃんはけっこうほのぼのさんだよ。ザイオンも、ほのぼのさん。ママが私と違って優しく穏やかで「失敗をさせない」が大前提なので、クパみたいに無茶させないのもある。でも少し過敏で繊細ちゃんだな。
ミントもザイオンも、けっこうチキンではないかと思う。ミントの場合は、人生の境遇がこれまた我々の犬とは違うから、よけいに心労があったかもしれない。そのわりには、ほのぼのさんなんだけどね。
タマ付きか否かの差も関係しているとは思うし。
だからクパとマツは、同じ系列の感じはする(ガハハ)。
ああ、あとドイツの友人曰く、「ジャーポはやっぱりフィールドで猟をすることがいちばんの心の安定をもたらす」。これをしてあげられないのも敗因のひとつだと私はちょっと感じてる。でも私はライフル趣味まで手を出すと離婚されるから(爆)、せめてフィールドにはいっぱいでてあげたいと思うんだ。

ああ、13日はもうすぐ。私までドキドキだ。

  • ニライママ
  • URL

セントジョーンズワートって、DHCの健康食品に応援ハーブとして売ってます。
「ブルーなときも前向きに 元気な気持ち」って書いてあるよ笑
昔、気分が落ち込んだ時用に友達に薦められて買いました!
犬にって聞いて逆にビックリ!なるほど!

  • ばど吉
  • URL
♪ニライママ様

私も飲んだことあるけど、DHCのは私はあんまり効かなかったから、クパにも果たして効くのかなぁと思っていたけど、よく効いた。個人差、個体差があるんだと思うんだけど、犬に処方されることもあるみたいよ。日本ではホリステックな獣医さんが少ないのであまり効かないけどね。日本では分離不安用のは、2つくらい有名な動物用サプリメントがあるけどセントジョーンズワートはあまり効かない。その2つも、犬によって反応がさまざまみたいです。

あったかくなったり、寒くなったりで、いやになるね−。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する